2017年 01月 22日

集音器を買ってみた

耳硬化症(進行性の難聴)と上半器官裂隙症候群という病気で、なんとなーく聞こえづらい生活。
補聴器じゃ高いし、まだ本格的な難聴でもないので、機能が大変劣る「集音器」というものを買ってみることにした。
もうすぐ影絵人形劇団の次の公演があり、大きな声を出すと自声強聴(自分の声が頭に響く)にまた苦しむことになる予定。
もしも、集音器がその症状を和らげてくれるとしたら助かるなあと期待した。

c0042704_17185115.jpg
本文とまるで関係ありませんが。
ある日の飲み。
右にあるケジャンが大変おいしくて、幸せだった日



家電店でやたらと安い(1800円くらい)の集音器を買った。
結論をいうと「よく聞こえる」。
私の難聴はまだごく軽度で、調節の段階が5まであるダイヤルの0.5くらいで十分。
ただ、期待していた「自声強聴を抑えてくれる」効果については、まったくダメだった。
自分の声も大きく聞こえるじゃないか〜〜〜。
やはり安物だからね。

とはいえ、たとえば歌舞伎に行って声の小さい役者の出る幕などで、パッとつければ楽だね。
自宅でレンタルした映画を見ている時とか。
1800円分の使い出はあるかな。

もともと私は聴力がかなりすぐれていた。
今日、学生時代からの友達と話していて、私がいきなり
「あなたは昔から、ナの音が独特だった。おそらく上顎への舌の当たりが強めだからだと思う。ナ行の音の出し方がラリルレロの音に近い。パキッと響く」と指摘すると、ビックリしていた。
そんなふうに、人の声の特徴を細かく聞き分けられる。
だから、難聴だと騒いでいても実は人よりよく聞こえているのかもしれない。
これから長〜く長〜く続く、難聴への道のり。
その第一歩だ。


c0042704_17023412.jpg

よろしくお願いしまーす。


# by apakaba | 2017-01-22 17:21 | 健康・病気 | Comments(0)
2017年 01月 16日

たいへん遅くなりましたが、今年の抱負

c0042704_22380890.jpg

はい。毎年お見苦しい文字でどうもすみません。
今年も、毎年恒例「ササニシキ」による絵馬でございます。
3月に大学院を卒業する「ササニシキ」は、晴れてプー太郎に。
あまり長くそのままでは困るので、いい仕事が見つかるようにというわけで。

私も、つい先日、去年の支払調書を見てガックリ。
おととしの金額の半分くらいじゃないの。
自分ではたくさん書いたつもりだったのに、去年はまるっきり書いていなかった時期もあったのでね。
今年は私の収入増も祈念してみることにします。

今はインドの記事がず〜〜っと載っています。

私のページ。
3月半ばくらいまで、インド続きです。
どっちにしろライターだけでは飛躍的に収入が増えることはないので、新しい仕事を始められるといいな〜。


c0042704_22472170.jpg
12月の散歩道


「ササニシキ」に「仕事の仕という字のつくりは、下が短いんだからね。武士の士と同じなんだから!」と言うと「うっひゃっひゃっひゃ!」と笑い転げる。
そんな「ササニシキ」も、私も、仕事にありつけますようにー。


# by apakaba | 2017-01-16 22:50 | 生活の話題 | Comments(0)
2017年 01月 12日

カフカの影が街を覆う__「METAPHOR カフカとの対話」とギャラリー・トーク


c0042704_13143314.jpg
ギャラリー・バウハウスのホームページより


御茶の水のギャラリー・バウハウスで、小瀧達郎写真展「METAPHOR カフカとの対話」が開催されている。
10日、ギャラリーのトークイベント「ギャラリー・トーク お正月カフカ プラハ×アフリカ×病室」へ行ってきた。
カフカ研究者の頭木弘樹さん、作家の田中真知さん、館長の小瀧さんによる鼎談である。

トークが始まる前に、小瀧さんの展示を見た。
ここ数年内に開催されてきた小瀧さんの写真展にはすべて行っているが、プラハの写真は、2012年の「VENEZIA」以来のすばらしさだ。
古いライカのレンズで撮られたカフカの街・プラハの、影と陰(sillouette と shadow)。
プラハを撮ることへの写真家の喜びと静かな興奮が、プリントされている。

ぐるりと一巡してみて、縦構図の写真が多いことにすぐに気づく。
元来が横構図であるはずの人間の視野からして、縦構図の写真というのは、それだけで意図的に切り取られた非日常への意志を予感させる。
小瀧さんの縦構図の写真は、視野をせばめられた不自由さが、風光明媚な風景写真となることをやんわりと、しかしはっきりと拒む。
展示作品すべてで、プラハという街を表す。
“この1枚”で完結する写真ではなく、ギャラリー全体をなんども歩き回り、断片を拾い集めるようにしてプラハを知っていく。
すべて見終わって初めて、プラハが立ち上がり、長く余韻が残る__そんな写真展だ。

川のほとりの街プラハをきっちりとらえた風景写真を見る。
中世から変わりのない美しい街のように感じる。
しかし、人影、彫像の輪郭、木の陰、ガラスのウインドー、いくら見ていても何を撮ったのか理解できない(だが惹かれる)光景、クローズアップで撮ったさまざまなもののさまざまなパーツといったものを見ていくうち、写真家にとってかならずしもプラハの“いい風景”が関心事なのではなく、ギャラリー全体でプラハという街を“表す”ことに関心があるのだと感じられる。
風景(=landscape)よりも、光景(=scene)や瞬間(=moment)を。
不思議な、ノスタルジックな、諧謔的な断片をバラバラっと撒く。
プラハにとって、欠けてはならないピース。


c0042704_12031499.jpg

陶然となるような小瀧さんの写真作品にかこまれて、トークイベントはスタートした。
いうまでもないことだが、真知さんも頭木さんも、徹頭徹尾人文系の語り口だ。
人文知が軽んじられがちな今の日本で、このように楽しく濃密なトークを聞けるのは快感でもあり、頼もしくもある。
プラハはカフカの生まれ育った街である。
頭木さんは二十歳の時に難病にかかり長期入院し、その後も入退院をくりかえしたという方で、ご自分が絶望の淵にある時にカフカの作品を読みふけったという。
カフカに関する予備知識がほぼない状態で聞いても、スルスルとカフカの人生や著作がわかってくるような気がする、大変お話の上手な方なのだった。

小瀧さんの写真、とりわけ、寄りで撮られた街角の断片(何なのか判別しがたい)を見ている時、しきりと諧謔的な精神を感じた。
「カフカに似ている。カフカみたいな街角だ」と思っていた。
カフカの文学作品に通じる、フッと笑うしかないような悪い冗談っぽさ、純粋がかえって仇になっていくような皮肉さ。
カフカとプラハが同義になる……だから展覧会名が「METAPHOR」なのか?
その印象は、お話上手な頭木さんによって明かされるカフカ本人の人となりを知っていくにつれ確信になっていく。
プラハが肉体を持ったものがカフカであり、カフカが遍在している街がプラハだった。

真知さんと頭木さんの対話を聞きつつ、しかしカフカという人は、一般的にイメージされている人物像よりも、はるかに“ふつうの”、さらには“健康的な”人だったのではないか、と思うようになっていった。
カフカは、精神的に異常性のあるタイプでもなんでもなく、たんに極度に感受性が強いだけで、言ってみれば「2クラスにひとりくらいはいそうな不思議ちゃん」タイプの人物だったように思える。
徹底的に弱くあることが強みとなるタイプの人というのは、洋の東西を問わずいつの時代にもいるものだ。
日本近代文学の作家たちだって、みんな極度に弱虫で偏食家で人並み以上に恋愛をしている。似たようなものだ。
そうなると、カフカと一般人を分かつものはたったひとつ、「書いた」ということになる。
プラハへの愛憎を終生持ち続けることでプラハの街と一体化し、もはや己の輪郭をぼんやりと失ってしまいそうなカフカは、書くことによって、書いたものによって初めて、くっきりと存在を刻印できたのだ。
それが、文学の力だ。

頭木さんから小瀧さんへの質問で、古いレンズを使う意味を聞いていた。
小瀧さんがこの展覧会のために使ったレンズは、30〜50年代の古いライカだという。
最新型のレンズはスペック勝負になっており、写りの正確さは古いレンズが敵うべくもないが、実際、人間の目はそんなには見えないわけで、「そこまで正確に写らない」古いレンズの方が人間の目に近い世界を映し出せるから、というようなご回答であった。
また、古いレンズは個体差も大きく、写りのクセもひとつひとつ違うので、自分(被写体)との相性もよりシビアになってくるのだと。
その話を聞くうち、もしかして、小瀧さんはみんなの認識と逆のことを言いたいのでは?と思えてきた。
古いレンズの方が撮り手の意志(腕)が入る余地があり、新しいレンズは緻密にできているからキカイ任せになりがちだ、と多くの人は思うだろう。
しかし小瀧さんの言いたいことはまったく逆で、古いレンズは個体差が大きい、つまり各々が不完全で愛すべき人間のように「性格」を持っている生き物のようなもので、撮り手はレンズに「いい被写体を見つけたよ。いい味出して写してくれ。よろしく」とお願いするような気持ちで、シャッターを切るごとにレンズにお任せするのではないか?
機械を扱うということは、元来完全な主従関係(というのも変だが)だが、古いレンズは使うというよりもっと人間くさく、「付き合う」「相棒」のような感覚のものなのではないか?
そんなふうに感じていた。
そうやって作られた写真は、暗室作業も含め、やはり芸術である。

文学・芸術は人間が生きる上で真に必要なものだという真理に肉迫する、すばらしい鼎談であった。
やっぱり、ギャラリー・バウハウスはいつも最高である!

以前書いたギャラリー・バウハウスに関連する記事はこちら。



# by apakaba | 2017-01-12 17:48 | 歌舞伎・音楽・美術など | Comments(0)
2017年 01月 09日

香港フード合宿・前編

c0042704_15043657.jpg


夫が香港好きなので、私が毎年連れて行っている。
昨年の8月に行ったとき、次回は次男を連れてきてやろうということになった。
次男「アキタコマチ」はフランス料理のコックをしている。
毎日猛烈に働いている次男に、食べて食べて食べまくって味の勉強をしてもらう旅をプレゼントするわけだ。
その代わり、航空券は自分で買い、ホテルも3人部屋。
観光はナシ、ただ食べるだけ!
二泊三日の“フード合宿”だ。

では!
(なにしろ観光してないことだし!)食べ物記録いってみよー!


c0042704_17320916.jpg

早朝の羽田空港で、「アキタコマチ」のオーダーはこれ。大盛り。
若いってすごいね……。


c0042704_17400040.jpg

「アキタコマチ」の機内食は、リクエストしてあったベジタリアンヒンズーミール。
とにかくこの某航空会社の機内食は悲惨をきわめているため、特別機内食をオーダーすることにしている。
ちょっと味見したベジタリアンヒンズーミール、大変おいしうございました。


c0042704_17431900.jpg

これは私のベジタリアンミール。
こっちはたいしておいしくなかった。
しかし野菜だけなのは胃もたれせず、ありがたい。

空港に着くと、いきなり今夜飲むためのワインをDFSで選ぶ。
赤・白1本ずつ。これは「アキタコマチ」が買ってくれた。
その後、空港の「何洪記」で、麺と炒飯の昼食。
「アキタコマチ」は「乾物のだしがすごい。味付けした味じゃなくて、乾物のうまみから出てくる味が!」とさっそく感激していた。


c0042704_20543163.jpg

ホテルの部屋にあったノスタルジックなエスプレッソマシンを使う「アキタコマチ」。
「オレはそこらへんのカフェの店員よりは、よっぽど上手にエスプレッソを淹れられるよ。このマシンも勉強したから扱える」そうで、私が触ろうともしなかったマシンで私たちの分を作ってくれた。


c0042704_21090051.jpg

ディナーにはなじみのプライベートダイニング「法租界」へ。
詳しくは後編に書く。

ディナーのあと、まっすぐホテルへ帰るかと思いきや、さすが誘惑だらけのランカイフォン、男二人が「もう一軒行く!」と言って聞かない。
仕方なく(夫は財布も持ってきていない)適当なバーに飛び込んで大散財をしてしまった。


c0042704_21150559.jpg

勘弁してよ……しかし「フード合宿だ」とグッと我慢。
「アキタコマチ」は英語がしゃべれないくせに、なぜかお酒(スコッチウイスキー)の質問はひとりでガンガンしているようだった。
なんですかねあれは。


c0042704_21204254.jpg

翌朝は上環にあるコーヒー店「Brew Bros Coffee」へ。
日本人バリスタが店主で、私もなじみのお店なのだ。
ここのことを書いた記事はこちら。


c0042704_21293309.jpg

がっ、つい最近、2号店をオープンさせ、店主の小野さんはそちらへ行っていて留守であった。
「アキタコマチ」に、海外で飲食を勉強した人のお話を聞かせてもらえたらいいだろうと思って連れてきたのだが、残念。


c0042704_21360025.jpg

あいかわらず、キリリと酸っぱい、フレッシュなコーヒーであった。
私はフィルターで「ルワンダ」というコーヒーを選んだ。
1994年の大虐殺のことを思い出したからであるが、現在のルワンダは大躍進を遂げているという。
「アキタコマチ」は、初めての味にぶったまげていた。
「こんなコーヒーは初めてだ! コーヒーというより、お茶のようだ。でもワインのようでもある……」と感動している。
「ものすごく、飛び上がるほど酸っぱいけど、少しも嫌な酸っぱさじゃない。いやこれは初めての体験だ!」
どうしても店主の小野さんと会わせたくなり、午後からひとりで2号店へ行かせることにした。


c0042704_21433582.jpg

「アキタコマチ」がひとりで三つ星レストランのランチへ出かけている間、私たちは分相応に質素なランチ。
ねぎと生姜の麵と、臓物入りおかゆ。
「アキタコマチ」は、三つ星レストランよりも、そのあとに行った「Brew Bros Coffee」2号店の方がよほどおいしかったという。
ランチのあとなのに、勧められるままにカフェランチを食べてしまったと。
若いってすごいね……。

小野さんは、オーストラリアでコーヒーの勉強をして、そのまま日本へ帰らず香港で自分の店を開いたという人。
「日本がまったく視野に入っていないところがすごい!」と、ひたすら刺激を受けたようだった。
世界は広い。
そして飲食業で世界を渡っていくことは、いくらでもできるんだ。

ディナーは、これもなじみのフレンチレストラン「カプリス」で。
詳しくは後編に書く。

翌日の朝食は、フォーシーズンズホテルでいつも入る「Blue Bar」。
おいしくて何度もおかわりに立つ。
この朝食がとっても高いのだけど、これもフード合宿のためだとがんばる。


c0042704_21552972.jpg


c0042704_21563993.jpg

c0042704_21582803.jpg

c0042704_21594075.jpg



私だけでも、これくらいは食べる。
いわんやをや。男二人の元を取ることといったら。
ひっくり返るほど食べてから、部屋でゆうべのディナーのプティフルールを詰めてもらったのを、さらに食べる。


c0042704_22031075.jpg

機内食、私のベジタリアンミールは、やっぱりたいしておいしくなかった。
サラダにドレッシングはおろか塩すらも付いてこず、レモンを絞って食べるというストイックなものであった。


c0042704_22072699.jpg

一方、「アキタコマチ」のベジタリアンヒンズーミールは、やっぱりバカウマなのである(サラダは同じだったが)。
損した気分。
新宿でお好み焼きをササッと食べて、フード合宿終了。
大変な散財をした。
しかし、この先おそらく一生ないであろう、この3人での合宿は、我々両親が予想していたよりはるかに、「アキタコマチ」には得るものがどっさりあったようである。
後編に続く。


# by apakaba | 2017-01-09 22:19 | 食べたり飲んだり | Comments(0)
2017年 01月 01日

自分に宛てる手紙、10年経ちました

あけましておめでとうございます。

c0042704_13152378.jpg
「アキタコマチ」が作ったきのうのディナー。
豚ヒレのバスク風ナントカ。
クレソンのリゾット。
バスク風ナントカは「アキタコマチ」が考えた料理らしい。
リゾットは「アキタコマチ」の自信の品で、「東京で一番おいしいリゾットはオレが作ったリゾット」だそうだ。


c0042704_13263235.jpg
焼いた菜の花に、オレンジの角切りをのせる。
香ばしく、ほろ苦くておいしい。
おせちも大掃除も、子供たちがみんなやってくれるので、いつの間にか年末は楽な日々になっちゃった。
昔はあんなに大変だったのに。


c0042704_14101201.jpg

毎年恒例、自分に宛てる手紙読み中。
床下収納の縁の下に、1年後の自分に書いた手紙を入れておく。

10年続けているのか。
いつまでやるかなあ。

子供は頼もしくなり、私は年々虚弱さが増していきますが〜、子供が頼もしくなっているから大丈夫。
今年も1年、よろしくお願いします。


# by apakaba | 2017-01-01 14:24 | 生活の話題 | Comments(0)
2016年 12月 31日

年末所感

c0042704_13015432.jpg

海外旅行の記事を書く仕事を始めてから、ブログを書く気力体力がほんとになくなった。
来年はもう少し仕事を増やしたいので、さらにここを書く回数が減るかも。


c0042704_13054400.jpg
ゆうべ、次男「アキタコマチ」が焼いてくれた。
手前がハモ、奥があなご。
いずれも驚愕の大きさと味。



この1年をふりかえって実感したことは、難聴がすすんだこと。
とくにこの数ヶ月の間で、聞き取りそびれたり、人に聞き返す回数が増えた。
今までは自分の声が頭に反響する症状(自声強聴)がつらかったが、聴力の低下を実感し始めている。

でも、楽しいこと、うれしいことを増やそう。
聞こえの不調を忘れるくらいに。

来年もがんばりましょう!


# by apakaba | 2016-12-31 13:14 | 生活の話題 | Comments(2)
2016年 12月 25日

メリークリスマス

c0042704_22070615.jpg
メリークリスマス。


c0042704_22091007.jpg

同じツリーも別のものに見える。
今、目の前に見えているものは、それだけじゃなくて、別の面、別の顔もあるのかも。


# by apakaba | 2016-12-25 22:12 | 生活の話題 | Comments(0)
2016年 12月 01日

根津美術館「円山応挙」展と、ヱビスビール記念館

c0042704_14074094.jpg

根津美術館の「円山応挙」展に行ってきた。

これだけの展示数の円山応挙を一度に見たのは初めて。
「写生図巻」の誠実で正確な写生の力に目を見張る。
どうも兎や鼠の口元に尋常ならぬ興味があったのか、もしくは難しくて練習したのか、全体の写生の横に口元だけのデッサンがあるのがおもしろかった。

動物もいいが、紅葉したり枯れかけたりしている木の葉の描写など、ほんものそっくりである。
子供のころ、O.ヘンリーの『最後の一葉』を読んだ時、「さすがに壁に描かれた葉っぱを本物と思い込むなんて、無理がありすぎる……」と疑いのまなざしだったけれど、応挙ならいけるかもしれないと思った。

根津美術館所蔵の「藤花図屏風」は、かなり人類の宝。
金の屏風に、西洋の油絵のように立体的に描きこまれた藤の花は、実物の藤の花よりも輝かしい美しさを見せる。
ポスターではごく平凡な日本画に見えたのに、これほどきれいだとは知らず。うっとり。
しかし金屏風って美しいなあ。
状態の良い金屏風は、やはり人の目を捉える。

c0042704_14085566.jpg
写ってないけど、庭園に「井筒」がある。
同行の友人は井筒も「筒井筒」も知らなくて、ビックリした。


根津美術館の庭は、ちょうど紅葉が見頃だった。

恵比寿に移動して、ヱビスビール記念館の見学ツアーへ。
参加料500円で、試飲付き。
私はヱビスビールが大好きで、国産ビールはこれ以外ほとんど飲まない。
外国のビールにも、正直いってあまり興味がない。
それくらい好きで、毎日飲んでまったく飽きない。
この日はふつうの金ヱビスの生の他に、いつもの試飲にはない贈答用の限定品「和の芳醇」を試飲させてもらえた!!!
ありがとうございまーす!

c0042704_14111822.jpg
1900年のパリ万国博覧会で、ヱビスビールが金賞を獲得したそうだ。
さすがだ!!!
これは受賞記念の贈答用木箱。
「この中に何本のヱビスビールが入っていたでしょう」というクイズを出される。


少し酸味の感じられる、さわやかなホップの香りが素敵。
とにかく家から出ない生活なので、たまに出かけるととても楽しい。
そして若いカップルはものすごくベタベタしていることにも驚いた。
「いまどきの人は、あまり恋愛をしない(そしていきなり結婚する)」ということが、クローズアップ現代+の放送から、数日前にネットで話題になっていた矢先だったので、「いや〜そうでもないぞ」とちょっと頼もしくなったのだった。
(リンクはトゥギャッターですスミマセン)


c0042704_14141741.jpg
おいしうございました……!


過去に根津美術館に行った時の記事はこちら。写真満載です。



# by apakaba | 2016-12-01 14:20 | 生活の話題 | Comments(0)
2016年 11月 28日

病気自慢経過報告

c0042704_08380235.jpg


ここ最近の私の健康について、まとめ書き。
年を取ってくると話題は病気自慢ばかりになるとはよくいわれることだが、御多分に洩れずということで。

・足の裏にいぼができて、ずーっと通院しているのだが、ちっとも取れない。
もう何年も液体窒素を吹き付けている。
1回行くと840円かかって、一週間から二週間にいっぺん通院する。
バカにならない。
とうとう、レーザーで皮膚をえぐりとることになった。あ〜。痛そう。
でもこれで治るんなら、やったほうがマシか〜。


・耳硬化症と上半規管裂隙症候群。
難聴は、とくに進行していない感じがする。
ただ、影絵の声を担当しているので、練習期間中はなかなか地獄。
再来週に本番のある劇は『西遊記』で、孫悟空の声をあてるが、セリフの数が膨大な上に、役柄上、大きな声を出し続けているので、とても堪える。
以前、「釣鐘に閉じ込められてガンガン叩かれているような感じ」と書いたことがあったが(閉じ込められたことはありませんが)、そんな状態でずーっと声を出していると、本当にふらふらになる。
先日、練習直後に、人形担当の人から話しかけられ、私に向かって30秒ほど話しているその声が、まるっきり聞き取れなかった。
これは心底焦った。
釣鐘に閉じ込められてガンガン叩き続けられたら、そりゃ出てきた時にはふっらふらで、何も聞き取れなくなるでしょう(きっと)。

c0042704_08402014.jpg


・難聴のくせに何をいうのかと思われそうだが、私は聴覚が非常に敏感で、夜は耳栓をしないと眠れない。
耳の穴がふつうの大人よりもかなり小さいので、ネットで小さいサイズの耳栓を探して買っていた。
これがすばらしい製品で大の気に入りだったのだが、生産終了して、新製品に代わった。
新製品は材質が変わって、サイズも前より大きくなってしまった。
ウレタン製で、復元力が高く、耳の穴を一晩かけてじっくりこじ開けていくような感じがする。
じわーっと押し広げられて、朝になると頭が痛い。
しかもアレルギー体質なので、ウレタンが耳の穴に密着するとかゆくてたまらず、夜中に飛び起きる。
耳栓をしないと眠れないけど新製品になったら結局かゆくて眠れない。

また探して、別のものを買ってみた。
今度はシリコン製で、耳の穴に詰めるのではなく、耳の穴をふさぐタイプ。
大きくてベタベタした丸いもので、粘着力を利用して耳の皮膚に貼り付ける。
とても遮蔽性が高い。
ウレタン特有のかゆさもなくなった。
が、耳の穴をふさぐときに、ちょっと押し込み気味にすると、外耳の中が真空に近くなり、鼓膜を吸い込むような感覚がある。
これは鼓膜にとって負担なのではないか。

さらに、耳の外の音は遮断されて快適だが、体の中の音(自分の呼吸音など)はウレタン製よりも響く。
耳栓のこれが嫌だという人は多い。
私は病気のために、もはやこの体の中の音が頭に響き渡ることは24時間なので、今さらという感じだが。
耳鳴りも24時間していて、シリコン製に替えたら体の中の音が響くようになったので、寝る前は耳鳴りもよく聞こえる。
耳鳴りはふだんは小さく鳴り続けていて、数日にいっぺんくらい、飛行機が通ったみたいに大きくなることがある。
そうなったときは注意力が落ちるので、ちょっと危険。
シリコン製に替えてからは、毎晩、左耳と右耳の耳鳴りの音のちがいを聞き分けているうちに眠りに落ちる。

c0042704_08414497.jpg
渋谷の鳥竹、なんこつ揚げ



・顔の湿疹はあいかわらずで、一生ステロイドのお世話になる感じ。
しかし頭皮の湿疹は、ヘナを始めてから劇的に改善した。
ヘナはインドの天然染料で、ヘナを頭に塗るとデトックス効果が高く、かゆみが治まる。すごいねえ。
顔の湿疹も治まってくれるといいんだけど。


・テニス肘はあいかわらず、ちょっと痛い。すごく痛いということにはもうならない気がするけど、やっぱり少し痛みが残っている。
生理痛はほぼ毎月ひっくりかえるほどつらい。
だが長らく鉄剤を真面目に飲んできたおかげで、深刻な貧血は改善し、薬を飲む間隔を今までよりも空けていいと内科で言われた。
これはうれしい話。

そんなところかなー。
重大な病気に較べて、私の病気や故障のなんとしょぼいことよ。


# by apakaba | 2016-11-28 08:54 | 健康・病気 | Comments(0)
2016年 11月 22日

死因

きのう、「ママ友のお通夜に行く」と題して書いた。
今日、告別式に行ったという共通のママ友に会ったので、「それで、何が原因で亡くなったの?」と、あらためて尋ねてみた。
その答えはあまりにも意外だった。
原因は「アスベスト」だという。

亡くなった友達が30年前に住んでいた神戸で、アスベストを吸ったことが原因だそうだ。
どんな仕事もしくは住環境にいたのかまでは知らないが、1年前に健康診断でわかったという。
アスベストが原因の「中皮腫」というがんの一種にかかっていたというのだった。

「30年前? そんなことってあるの?!」
思わず叫んだが、帰宅して調べてみると、アスベストを吸ってから発病するまでの潜伏期間は平均40年ほどだそうで、現在50〜60代の人から発見されるのはこの長い潜伏期間によるのだ。


まさしく、亡くなった友達の年代なのだった。

きのうまでは、ただ死を悲しむだけだったが、今日はやり場のない怒りとむなしさに襲われた。
そんな昔のことが原因で、しかも毒性が確認されず、ふつうに働いたり暮らしてきたりしていただけなのに、こんなふうに命を絶たれるなんて。
健康被害問題って、頭では「大変なことだ」と知っていても、どこか自分とは関係ない遠いところにある問題のような気がしていた。
自分を恥じた。
並んで立っていたパパとお嬢さんたちの姿を思い出し、悔しくて仕方がなかった。

いろんな他の国のことも思った。
いちおう先進国のはしくれである日本でも、このありさまだ。
世界の発展途上国では、今日も、今も、劣悪な環境のもとで労働し続け、暮らし続けている人たちがいる。
有毒物質に曝露されて、健康をゆっくりむしばまれていく。
何十年後かに発見されたときには、もう手の施しようがないほど致命的に病気が進んでしまうことがあるとしても、彼らは今日の労働をやめることができないだろう。
どうせ、その前に死んでしまうかもしれないさ。
それよりも、今日の日銭が大事だ——。
そんな彼らは、明日の幸せをゆっくりと手放してしまう。
私のママ友が、美しく成長した二人のお嬢さんの未来を見ることができなくなったように。


c0042704_22435435.jpg
倒れたように見えるがこれから植えられる


文明生活を送る以上、すべての有害物質・有毒物質を排除することはできない。
しかし、こんなに長い期間を経てからツケを払わされるのは、やはりたまらない気持ちだ。
それはやはり、人間同士、誰かが誰かをゆっくりと殺していくことに思える。
たまらない。たまらなく悲しく、やるせない。


# by apakaba | 2016-11-22 22:50 | Comments(0)