あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 13日

編み物始めますか

娘の「コシヒカリ」が、「編み物やりたーい」と言い出す。
娘はテレビっ子でふだんはとにかくテレビばかり見ているから、言いたくないけどしかたなく「勉強しなさい勉強」と叱っている。
でも編み物とか言われちゃうと母親は弱いね。
「編み物なんかより塾の勉強しなさい!」
とは、言えないんだな。

初心者が誰でもやる、ガーター編みのマフラー。
一番初めは私ではなくておばあちゃん(私の母)に教えてもらったらしいが、たまに「へんなんなっちゃった。」と私のところに持ってくる。
目が飛んでいて気がつかずに進んでしまったりしているから、無情なそぶりでそこまでほどくとたちまち「あっ!」と泣きそうになる。
「せっかく編んだのにそんなにほどいちゃった!」
「でもまちがえたままで進んじゃうわけにいかないでしょう。編み物って一目でもまちがえてると自然に直ったりはしないんだから。気がついたらすぐにそこでストップするんだよ。」
「うーん。そうかー。ほどいた分が戻るところまでおかーさんが編んでー。」

編み直しがゆるせないのも、初心者ならではだ。
そのうち、すごい量の編み直しも含めてすべて“編み物”なんだとわかるでしょう。
でも初めは、なにがなんだかわからなくて、自力ではどうしてもパニックを脱出できなくて、泣きたくなるんだよね。
危機の脱出方法までは、教則本には書いてない。
誰かに頼らないと。

私の既製品のセーターを出してきて、ひととおり見せる。
「これが表編み、裏側は裏編み。袖口は一目ゴム編み。襟のところは二目ゴム編み。今『コシヒカリ』がやってるのは全部表編みでいく一番簡単な編み方で、ガーター編みというの。」
「ふーん。へー。」
だんだん生返事になってきた。
録画しておいたアニメのことを思い出したらしい。
今の小学生の女の子は編み物なんて、あまりやらないのかな?
でも今、導入だけでも経験すれば、もう少ししてからまた戻るかもね。
こういうのは、女の子を持つ母親ならではの醍醐味だよねえー。

by apakaba | 2009-01-13 12:40 | 子供 | Comments(6)
Commented by ぴよ at 2009-01-12 22:30 x
ぴよが初めて編み物をしたのは小学校2年生の時だな。
かぎ針編みだった。ママに手取り足取り教えてもらった。
その後小学校5年生になって棒針編みブームが起こった。
友達と一緒に近所の毛糸屋さんに通って、お店のおばさんに教えてもらって初めて「ガーター編みマフラー」を編んだ。
毛糸屋のおばさんは一人娘を中学生の頃に交通事故で亡くしていて、店に私達が集まるのを大層喜んでいた。
ママは棒針編みも出来たけど、私達が行くと毛糸屋のおばさんが喜ぶからと言って、棒針編みの事は何も教えてくれなかった。
だからぴよの「編み物の先生」はママじゃなくて毛糸屋のおばさんなんだよね。おばさんは脳梗塞であっさりこの世を去ってしまったけど、今頃天国で娘さんとセーターを編んでいるのかなぁ・・・
Commented by apakaba at 2009-01-12 22:44
おおお、いい話。
最初はやたらとかぎ針で「あやとりのひも」ばっかり何本も増えるんだよねえ。
女の子だけの会話だわー!
Commented by kaneniwa at 2009-01-14 13:11
草野球のメンバーが増えて、草野球登録名のネタに
苦しむようになってきました。

ボー・コーエン(膀胱炎)選手というは昨年入って
今年20歳になったばかりです。

ケイト・アンデルセン という名前で
ベンチで試合経過を横目で見ながら
毛糸を編んでいる女性スコアラーという
役割と登録名だけは構想しているのですが、
こちらはまだ実体の方がいません。

チームの創世記には 阿部マリア という
女性スコアラーがいたのですが。

BYマーヒー
Commented by apakaba at 2009-01-14 13:59
だじゃれな人も快調ですね@マーヒーさん
ボー・コーエンなんていきなりユダヤ国籍の映画監督かなんかみたいでかっこいいですねぇ。
Commented by 子ヤギ at 2009-01-16 12:03 x
編み物を教えてくれる母親って、とても、羨ましいです。微笑ましいな・・

お知らせ・・
只今東京国際キルトフェステバル開幕。
2008年はイトヒロさんの著書「旅の虫眼鏡」より図案をいただき、キルター水野めぐみさんが、大作「動物絵本」を展示されました。
今年の大作は「君と動物達がくれたもの2009」をお披露目しております。
「人は人とつながるために生まれ、想いを誰かに伝えるために、生きている・・」
水野さんのキルト魂は、イトヒロさんの闘病生活の励みにもなりました。一枚の布が心を動かすんですね。
Commented by apakaba at 2009-01-17 07:48
子ヤギさん、いまどきの母子はどうなんでしょう。
私くらいの世代だと女の子は編み物ができるのが普通という感じでした。

キルトフェスティバルのお知らせありがとうございます!
検索して見てみましたが、すばらしい大作がたくさん出ているんですね。
でも「旅の虫眼鏡」の絵からキルトを制作するなんて、たいへんな発想。
きっとイトヒロさんの緻密なイラストを再現するような、細かい手仕事なんだろうな。
是非見に行きたいと思います。
ありがとうございました。


<< 猿面冠者アゲイン。ステロイド投...      早大ラグビー部の「ヤバイ」口の利き方 >>