あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2009年 01月 15日

毛玉取り器購入、そしてPL法

ニット製品の毛玉って、その服の値段にはとくに比例しないみたい。
高かったあの服も、安物をさらに半額にしたこの服も、毛玉の出やすい服は出てしまう。

毛玉取り器を、10年以上前に使っていたが、引っ越しのときに誤って捨ててしまったらしい。
今日、新しく購入するために量販店へ行ってみた。

値段にずいぶん差があることに驚く。
6000円くらいの、4000円くらいの、2000円くらいの、1000円くらいのと。
6000円くらいのはコードがついている。
4000円くらいのは、充電・交流両用式。
2000円くらいのは、乾電池。
1000円くらいのも乾電池。

1000円のはちょっとパワー不足のような気がしたので、下から2番目の2000円くらいのを買ってみた。

家に帰ると、「コシヒカリ」が「わー。なにこれー」と言って説明書を読んでいた。
「ひげそりには絶対に使用しないでくださいだってー。こんなのひげそりにする人いるわけないんだから、わざわざ書かなくていいのに。」
PL法の説明をするのも面倒だからいっしょに笑っていると、長男「ササニシキ」も帰ってきた。
部屋に入るなり「わ!なにこれ。」と言い、いきなりスイッチを入れて頬に当て始める!
「あーっ!やっちゃダメ!おかーさん!」
あわてる「コシヒカリ」。
いたのねここに。
こういうことをするバカが。

「ひげそりに使っちゃダメなんだよ!説明書に書いてあるでしょ!」
と「コシヒカリ」は怒るが、「ササニシキ」は聞きもせず、今度は犬に向かって
「ようしこれさえあれば。コーシロー、オマエも終わりだ!」
と言って、体の毛に当て始める!
「あっ!ダメダメ!そういうことするものじゃないの!」
「そんなことしたって、生えている毛の長さが揃うだけで意味ないのよ。」
「そうなの?じゃあこれってなんのための道具なの?犬の抜け毛を刈り取るんだと思ってた。」
「ちがうよ……セーターとかの毛玉を取るものだよ。それも引っこ抜くようなことはしないんだから、犬の体に当てたって、抜け毛の解決にはならないよ。」
「なーんだ、そうなの。」
危ない男だ。
こういうヤツは目新しいものが来ると、前後の見境がないのでなにをし始めるか予想がつかないから、目を離せない。

ともかく、毛玉取り器で私のニットものは生き返った。
ニット製品って、毛玉があるとたちまちビンボッたらしくなるでしょ。
今年の目標は「おしゃれな人になる」ですからね。

by apakaba | 2009-01-15 22:24 | 生活の話題 | Comments(0)


<< 大阪滞在24時間 第6話 司馬...      猿面冠者アゲイン。ステロイド投... >>