2009年 01月 30日

ジブン応援、ジブン大好き

ハラが減って行き倒れになりそう!
なので最初に目についた店に、ランチタイム終了間際に飛び込む。
メニューも内装も、ターゲットは若い人らしい。
山崎まさよしが大音量でかかっていた。

隣の席にはとても若い女の子がふたり、向かい合っていた。
とっくにランチの食器は片づけられ、お水しかテーブルに載っていないがかまわずシャベリ続けている。
でもしゃべっているのは、私の斜め向かいになっているほうの子だけ。
私と並びになっているほうの子の声は、まるで聞こえない。
山崎まさよしよりも斜め向かいの女の子の声が大きい。
夢中で自分のことを話している。

「あたしはすごく自分に自信あるし、自分がセンスいいってわかってるし。もっとやれるってわかってる。」
「ああ、やめたくないよー。でもやめても、あたしのことだから、またすぐ好きなこと見つけられるって思ってる。」
「お母さんに話したら、大人になったねって言われた。自分でもそう思う。あたし大人になった。」
「とにかくあたしの性格だと中途半端イヤだから。なににでも全力でやりたいから。だからこそ、やめるの。」

なにをやめるのかわからないが、“あたし”“自分”と、一人称でしか会話がなされていないので、彼女はよほどジブン大好きか、彼女なりに人生の岐路にたたずんでいる状態なのだろう。
“大学”“部活”“ダンス”という単語がくり返されることから、どうやら彼女は大学生で、ダンス部に所属していて、ということはダンスを本格的にやるために大学をやめるのかなと察しをつけた。
しかしもう少ししゃべっているところによると、やめるのは大学のほうではなくダンス部らしい。
ちらっと目を上げてみると、ぺちゃんこでどちらかというと気の毒なお顔立ちだが、やけに自信に満ちあふれている。

「高校までは世界がせまくて、小さい世界で閉じてたけど、大学って世界が無限じゃん。無限に広がってる。やりたいと思ったことなんでもできるし、どこだって行けるし。だからそこでの可能性を試したいって思ってる。だってそれがあたしのやり方だから。あたしずっとこんなふうに生きてきて、他の生き方できないから。他のやり方したら、それはあたしじゃなくなっちゃうから。」
幸せというかなんというか、幸せだなあ。
こんなこと、自分が大学生だったころ、言ってたかな?
大学生に戻って、こんな言葉を言ってみたいような、もし戻っても私はきっと言わないような気がしていた。

それにしても、相手の子にひとことも「だよね?」も「どう思う?」も「○子もそうだよね。」もなく、つまり会話というより、完全にひとり語りの演説になっていて、それで相手の子はどう思っているだろう。
いくら相手の子は私と並んだ席で声がこちらに届きにくいとはいえなにも聞こえず、ほぼ相づちしか打っていないのだろう。
ふたりの声の大きさの差がふたりの力関係の差なのか。

私はランチについていたミニパフェも食べ終わってしまった。
山崎まさよしのあとに何曲か洋楽がかかり、ジブン応援ヒップホップの歌が流れてきて、その歌詞と彼女のジブン語りはぴたりとマッチしていた。
今流行りの邦楽の歌詞って、
「誰のためでもない いま 自分のため さあ 力の限り 自分で決めたこの道 歩いていこう 一億の夜を越えて どこまでも そしていつか 君に巡り会えたら そのときは笑顔で 抱きしめてほしい 自分を信じて 生きていくなら きっときっと 後悔はない それが自分の 生きる印 それがあなたと 生きる絆」
トカナントカいうような、内容がほぼ皆無なジブン連発な歌詞が多いでしょ。
(これは私がサンプルとしていま適当に並べてみただけですが。)
ジブン大好きな彼女は若さのひとつのシンボルみたいな人だが、もし彼女が友だちだったらつきあいたくない。
ジブン語りの今流行りの歌もとても苦手なの。

まさにこの店にマッチしている歌とお客だ!と感心した。
でも私はもう入らない。
行き倒れ寸前にハラが減っても、別の店に入ろう。

by apakaba | 2009-01-30 18:36 | 生活の話題 | Comments(13)
Commented by キョヤジ at 2009-01-30 21:13 x
今の世のキーワードの一つだよな「ヒトリヨガリ」
ワシのような絶滅危惧種には生き辛い世の中になってきました。
Commented by apakaba at 2009-01-30 21:18
ラジオ族ならわかるでしょ。
ジブン応援ソングが日に何度かは流れてくるでしょう。
歌詞作るの、私なら30秒くらい。
Commented by キョヤジ at 2009-01-30 21:45 x
>私なら30秒くらい

うん。
あと、韻を踏んでいれば立派なラップだ。(笑)
Commented by ぴよ at 2009-01-30 22:08 x
眞紀さん、作詞家デビュー出来るわ(笑)
上の歌詞さー、本当にイマドキっぽいよ。って言うか、読みながら完全に既存の楽曲の歌詞だと思い込んで「何て曲だろ?」と検索掛けるところだったじゃないか!(苦笑)

いやぁ~。私達の世代の若い頃はここまで「私ちゃん」はいなかったと思うな。今のご時勢ならではの若者では?
逆のタイプならいたけどな。
「どうせ私なんてブスだからモテない」とか「どうせ私はセンスないから何着てもダサい」っていうネガティブっ子。
超ポジティブなのもウザいけど、超ネガティブなのも一緒にいて疲れるんだなぁ~(溜息)

あ、でもぴよも「自分大好きっ子」だよ。
ちゃんと自覚してるよ。嫌わないでネ!(切実)
Commented by apakaba at 2009-01-30 23:16
ジブンレス。
キョヤジさん、韻を踏むのは「YO YO」とか最後に言ってれば済むのでは……(自棄)

ぴよさん、これほど褒められてうれしく感じないデビューもなく……ほんとに、一日FM聴いていたら今や誰でも作詞家デビューよ。
ためしにうちの子たちにも読ませたら、ウケまくってました。
「おかーさん、ツボ〜!」って。

ネガティブな人はいつの世もいるよね。
今もいるでしょう。
でも本文中のブー子さん(すいません、勝手に命名)は、まるでいまどきの歌の歌詞を暗唱しているようで、びびりました。

いや、ジブンが好きなのはいいことだよ。
「だってそれがあたしのやり方だから。あたしずっとこんなふうに生きてきて、他の生き方できないから。他のやり方したら、それはあたしじゃなくなっちゃうから。」
とか演説し始めなければ、大丈夫だ。
Commented by のこのこ at 2009-01-30 23:33 x
これが30や40の大人なら困るけどハタチやそこらならこの時期にこのくらい勘違いして突っ走らなくてどうするの、とは思う。

ただ、目の前にこんな子がいたらヤダ!疲れるう~(爆)
Commented by apakaba at 2009-01-31 07:37
のこのこさん、二度も疲れてくれてありがとう(って、消してやらないのか)
ジブン大好きの暴走はいいと思うのよ。
若さの暴走で。うらやましーじゃん?
その演説ぶりが、あまりにも友だち無用というか、「あれは会話だろうか?」と思ってしまったの。
ジブン応援ソングも流行るわけだと思ったわ。
まあその相手の聞き役の子も、お腹の中でなにを考えているかわかったもんじゃないしねえ。おほほ。やーねおばさんって。
Commented by タカモト at 2009-01-31 09:19 x
>の毒なお顔立ちだが・・・
ウケ。

自分のことを「あたしってそんな人ぢゃん?」って言うのは勘弁だな。
つーか、なんで語尾が上がる?
俺、アンタのことそこまで知らないし。

まーでものこさんが言うように俺もそう思うが。
まっ、でも俺もこの店には入らないね。
つーか音楽ガンガンの時点で食難民になりますよ。

でも、前向きな子だなぁ。(関心するよ)
若人の可能性・・・・がんばれ!
ただし、明後日の方向には行くなよな!

相手の彼女は。
その前向きちゃんの顔を見てるんならまーそれなりに話を聞いてるんだろうな。

俺だったら最後まで見届けるな。(笑)
Commented by apakaba at 2009-01-31 09:36
「あたしはすごく自分に自信あるし、自分がセンスいいってわかってるから。」とまで言われたら、ご尊顔拝見したくなるのが人情でしょ。
あれでもしすっっっっごいきれいな子だったら靴でもなめようかと思ってチラ見したんだけど、ブー子さんだったから、かわいいというかバカというか。
あまりにも「あたしってこういう子」とくり返すから、それはジブン(あなたが大事にしているジブン)を狭くしているんだけどなあとは思った。
でも「あたしってこういう子」は逆に楽なのよね。

声を張り上げないと会話ができない店は、私もダメだわ。
コンサートじゃあるまいし。
Commented by 私も at 2009-02-02 12:41 x
がはは・・ジブン族。この新星人は湧いてるよ。
心の贅沢とは、ここまでジブンに惚れることなんでしょうね~。
中途半端じゃないので、今回は見逃す・・顔・・・えっ?何?聞こえない?えええええっ?
Commented by apakaba at 2009-02-02 15:08
私もさん(私もさん?って……??)、若いというのはお顔の美醜も吹っ飛ばすものですね。
なんとなく、男女で見ると女子に多いように思いますね。
なんでだろ。
Commented by さると at 2009-02-02 23:31 x
そうかぁ、滾々と未来を語る女子のお顔立ちに未来がないとは。ぉぃ

ま、学生さんのうちの自分の将来についてのジブン好きならいいよね
大人になってからのジブン大好きわがままやり放題の女性は私も苦手。
Commented by apakaba at 2009-02-02 23:43
さるとさん、そうそう、学生ということが早くからわかったので、「まあ、学生なんだったら、いいかな」と思ったのです。
これで何年か会社勤めしていてそのスバラシー台詞だったら、やっぱりまわりは厳しいでしょう。


<< 三世代の団欒・横谷宣写真展「黙...      単細胞生物の夢 >>