2009年 06月 08日

恋のはじまり方

私 :この前のお茶会のときさ、kくんは朝イチで東京に着いてたから、私と会ってお昼ごはん食べる前に、ひとりで大学周辺を散歩してたらしいよ。大隈講堂を見て、構内通って……

夫 :アハハ。いい話だなあ。やっぱ大隈講堂だよな。そして大隈講堂とともに我々の学部にとって大事なのは、「ロータリー(早大本部キャンパス西門付近にある、円い植え込み。学生が待ち合わせや時間つぶしに使う。)」だよ。

私 :そうね。べつに大隈講堂でなにしたってわけでもないけど象徴だからねえ。あと、我々の学部からだと大隈さんの銅像で待ち合わせというより、やっぱりロータリーで待ち合わせしたりぼけっと過ごすことのほうが圧倒的に多かったからね。


飲んでいるときに、よく、学生時代の話をする。


私 :あのさー私、あのロータリーでさ、ラブレターもらったことがあるんだ。知らない人に。
私が待ち合わせかなんかでロータリーにいたら、急に知らない男子学生がだーっと走ってきて、「これ!読んでください!読んでください!」って封筒を押しつけてきてさ。

夫 :あんたのことを好きになる男ってさ。ヘンな奴ばっかりじゃねえか。
君って妙な男を惹きつけるものを持ってるんじゃないの。なにそれ。大学生だろ?俺にはまったく理解できない心情だね。

私 :どうしてよ。

夫 :だってあなたのことをただ見てただけだろ?話もなんにもしてない相手を、どうやって好きになるんだよ。それじゃテレビに出てるアイドルにファンレター書いたり、電車で見かけたかわいいコ、とかと同じじゃん。

私 :え、だからそれは……私のことをロータリーでちょくちょく見かけて、いいなと思ってたってことでしょ……そんなにヘンかな。

夫 :ヘンだろ!口をきいたこともない相手にラブレターを押しつけるほど好きになるなんて、そういう一方的な行動は、せいぜい14,5歳くらいの人間のやることだよ。
俺だって、きれいだなあとか思う人はいっぱい見かけるけど、それだけのことだよ。
“好き”にはならないだろ。
“好き”にならなきゃいけない理由がないもん。

私 :見た目が好き……というのは立派なひとつの理由なんじゃ、ないの……?

夫 :まあ世の中けっこう見た目に重きを置く人は多いようだけどな。でも俺にはわかんないな。
一言もしゃべったことすらないのに、見た目だけでラブレター渡すほど好きになるなんて。

私 :でもどうせつきあうなら見た目の好きな子とつきあいたいと思うのはそんなにヘンな考えじゃないんじゃないの?
無理矢理でも自分からきっかけを作って、まず知り合わなくちゃ。
そんな、たまたま同じクラスになるとか、なにか同じグループに所属するとか、受身できっかけを待ってるだけじゃ、いつまでたっても知り合えないじゃん。

夫 :うーん、それはそれでしょうがないんじゃないの……テレビに出てる女や、電車で見かけたきれいな人とつきあおうとか思わないのと同じで……


なんか意見が平行線よ。

by apakaba | 2009-06-08 15:44 | 生活の話題 | Comments(10)
Commented by ogawa at 2009-06-08 20:55 x
独身の頃、毎日乗っていた通勤電車を待つ駅のホームで見知らぬ女性からラブレターもらったことがあります。
何日か出張した後の出勤の時でした、その日はいつも電車で同じ場所に並んでいたら。
「ご出張だったのですか?」と若い女性に声をかけられて「ハイ」と答えたらラブレターをもらいました。

あの時はビックリしました。
後にも先にも見知らぬ人からラブレターをもらったのはこの時だけでしたね。

えっ、その後ですか。
何日か同じ車両で通勤しましたが、丁重にお断りしたら、翌日からは別の車両に変わったのか二度と会うことは無かったです。
Commented by sora at 2009-06-08 21:16 x
タイミング的にビミョーな心情で拝読させて頂きましたが(笑)。

理論的には旦那様のおっしゃる通りだなぁと思いますが、心情的には眞紀さんの言うのもよーく分るなぁ。

どんなシチュエーションであれ、まずは動物的な「勘」=本能?が働くのかなぁ・・。
半径5m以内の異性としか係わり合いを持てなかった僕としては、いきなりラブレターは有り得ない行動かな。今でも。

ネットの世界になって「半径5m以内」という判断基準も曖昧に・・。

見知らぬ人からラブレターか。男としては憧れのシチュエーションには違いないな。

しかし鳥の足は・・・すぐ画面を閉じてしまったよ・・。
Commented by apakaba at 2009-06-08 21:16
なんかねえ、「見た目が好きというのが原動力なんてヘンだ。内面を知らなきゃ好きになりようがない」というのはまったくの正論だけど、なんてツマランご意見だろうとも私などは思うのね。
見た目だけで勝手に妄想を爆走させて撃沈なんて、若さゆえのいい話じゃないかー。
私もogawaさんの若いころの写真見たら、ひょろひょろしててかわいいので「オオオッ」と思いましたね。
ラブレターを書くまでの原動力になったかは実物見てないのでわかりませんが。
Commented by apakaba at 2009-06-08 21:35
soraさん、ごめんね!(トリ足)
あなたがゲテに恐怖心を持っていることはまぐろの目玉でよくわかったので、以来注意書きを入れるようにしてます。
人に愛されるブログでなくてはね。
便利なMore機能ですな。

見知らぬ人からラブレターをもらうって、かわいい女の子かイケテル男性だったら自慢のひとつにもなるけど、トリ足並みに不気味な相手だったらどうするよ。
恐怖心だけが残るでしょう。
同じ通勤電車や、いつもたむろしてるロータリーとかだったら……

ネットでは5メートルもクソもないですな。
何キロ離れていても友だち気分で話せるけど、いざ会ってみたらまあややこし、ということもあるし。
うん。
まあ、がんばろうよ。
Commented by キルト・えむ at 2009-06-09 00:03 x
こんなことを読んだことがあります。

異性について。

20代の女性はその「容姿」に。
30代の女性はその「性格」に。
そして40代の女性は男性の「声」に惹かれる。


いかがですか?
Commented by ぴよ at 2009-06-09 03:30 x
そもそも容姿に興味ないからなぁ。
もし見た目で「どきゅーん☆」と来たら・・・ラブレターは出さないな。
まず手紙じゃなくて声掛けちゃうかな。自分なら。
やっぱ相手がどんな人間なのか知らないと自分の中では始まらないから、見た目が好みだったら命懸けで「知り合い」になろうとするかな。
だから私はダーリン派だね。見た目だけでは好きになれない。

でも手紙ってインパクトあるよね。
「いきなり声掛けられた」より「いきなりラブレター貰った」の方が
人に与えるインパクトは100倍も違うと思う。
成功率には結び付かなくても、こーやっていつまでも人の記憶に
残ってくれるんだから、やるだけの価値はあると思うわね。
Commented by apakaba at 2009-06-09 10:25
キルト・えむさま、おほほほほほ。
解釈しましょうということでしょうか。

20代は文字どおりでしょうね。
若さの暴走ということで。

30代になると現実的な選択も必要になってきて、長くつきあえるか?(結婚も含め)と判断しなければいけないのでしょう。

40代は声そのものではなくて、「どれだけイイコトを言ってくれるか」でしょうね。
イイコトの内容は人によりばらばら。
「あれを買ってあげるよ」
「40代になっても君はきれいだ」
「××の君は○○だね」
「君の○○は××だ」←ナゼ、伏せ字
イイコトを囁いてくれるあなたの声が好き。とな。

まーオトナなコメント欄ですこと。
ちなみに50代女性だったら……男性の「健康」に惹かれる……とか?
体にガタがくるお年頃。
元気な男性は価値あるわ!とふたたび現実的になるの。
いかがですか?
Commented by apakaba at 2009-06-09 10:31
ぴよさん、見た目が好みのど真ん中でもさすがにラブレターは書かないよねえ。
でも、私は本文中にもあるとおり、たしかに妙な男に好かれるタイプみたい。
私自身はフツーの人が好きなのに、噛み合わなかったわ。
この手の突撃ラブレターもけっこうあったなあ。

でも長く記憶に残るったって……妙な残り方じゃあ、ねえ。
忘れてくれた方がましだと自分なら思う!
女友達に見せてバカにしてゲラゲラ笑ったりもしてたし。
悪魔だね。若い女の子って。
Commented by さると at 2009-06-10 16:19 x
見た目の直感をカタクナに拒まなくても・・って思ってしまった。(^_^;

中身を知るにもまず近づくことが必要ですし、
では、近付くときの基準がまったくないのかと言えば
見た目も多少影響してるのでは?なんて思ったりするんですが

綾瀬はるかちゃんとハリセンボンのハルカがいたらどっちいく?みたいな。爆

ん~、ラブレターを渡す勇気はいまんとこないけど
興味を持ったら何とかして話しかけたりはしてるー

最近ちょっとアイドルのファン心理がわかりかけてきて
ぷちおっかけしてたりします。笑
Commented by apakaba at 2009-06-10 16:25
その意気だ。
がんばる人を応援します。

あ。追っかけて不気味がられないことが肝要!


<< ずっと不思議に思っていること      トリ足(モミジ)の宴 >>