あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2010年 01月 19日

その癖が嫌い

当てはまる人がいたらごめんなさい。と、始めに謝っておく。

今日もまた、買い物に行ったときに、駐車券を口にくわえて駐車措置をしている男を見かけた。
あれをする人をしばしば見るけど、あの癖がすごくいやなの私。
カッコいいと思ってるのかな。
私からすると、まったくかっこよくないばかりか「なにカッコつけてるの?」と思ってしまう(第一、そのままでバックさせている顔は間抜けだぞ。鼻の下が伸びている)。
精算機に入れるだけならまだしも、人力の精算などで人に手渡したりするかもしれない券を、どうして口にくわえるんだろう。
毎日クルマに乗ってほかのドライバーを見ていると、当たり前のように“駐車券は、口にくわえるもの”として運転している人が多いなーと感じる。
運転じゃなくても、たとえば、飲食店を出るとき、伝票を口にくわえてコートを着るというような動きをする人も多いね。
なにがそんなに忙しいんだろ?
“忙しいオレ”を演出したいのかしら。
それとも彼らにとって、口は第三の手であり、全部を同時進行で使うのが当たり前なのかしら。
もしも私が、その口にくわえた伝票を突き出されるレジのバイトだったら、とてもいやだ。

あと、眼鏡のつるの先端部分を口にくわえるクセの人も気持ち悪い。
イコール“自分はイケてると信じているおじさんのポーズ”というイメージだわ。
だってあれこそ駐車券以上に、なんの必要性もない行動だもん。
あれも、本人はかっこいいと思ってやっているのかな?
ソボクに、キタナイよキミ。

爪を噛む癖は当然、論外として……どうも私は、“(必要もないのに)口になにかをもっていく”癖に嫌悪感を覚えるみたい。
単に「唾が付いてキタナイじゃないか!」という理由かもしれない、「口唇期をいつまでも卒業していない、幼児性の強い性格みたいで、気持ち悪い」と心の底では思っているのかもしれない。
小さい子って本当にお口と仲よしだからね。
学齢期の子でも、赤ちゃんに勝るとも劣らずなんでも口にもっていく。
鼻くそをほじった指をなめる、長い髪の毛をなめる、机の角をなめる(理解不能)。
長男は、3歳くらいまで、泣いたときに使い古しのガーゼをしゃぶっていた。
昔、うちに勉強しに来ていた園児さんで、考え込むとえんぴつの頭をガジガジと噛んでしまう子がいた。
塗料や芯に化学物質がたくさん使われているからよくないと思い、いろんな言い方をして(お腹が痛くなっちゃうよとか、えんぴつおいしいかな?食べるモノじゃないよね?おうちに帰ったらもっとおいしいものを食べよう!などと)、やめさせていった。

癖って、不思議だな。
初めて眼鏡のつるを噛んだとき、初めてえんぴつの頭に噛みついたとき、その動機はなんなのだろう?
そこに快感があったから、「癖」が付いたのだろうけれど……でも、えらそうに人の癖を非難している私にも、どうしようもない癖がある。

ひとくちに言える癖ではないので説明するが、私は、人に顔をお化粧してもらうのがすごく苦手だ。
顔を触られるのが嫌いなのではなく、マッサージなどをしてもらうのは大好きだが、メイクをされるのが苦手、いや待てよそうではない。
メイクしてもらうこと自体が嫌なのではなくて、正しくは途中でかならず「おでこがかゆくなってくる」のだよ!
私は、うんと幼いころから、血がドバッと出るとか、グロテスクな生き物といった、いわゆる“寒気を催す”ものごとを見聞きしたとき、おでこがかゆくなるという癖があった。
癖というより反応だ。
拒絶反応が強いほど、おでこがかゆくてバリバリと引っ掻き傷が残るくらいに掻きむしってしまう。
母は私のその行動を見て、「神経質な子だよ」と言っていた。

成長するにつれ、グロテスクなものへの拒絶だけでなく、なにかのプレッシャーが強く襲うと、おでこがかゆくなっちゃうようになった。

“メイクしてもらっている間は決して自分は顔を触ってはいけない”というプレッシャーに耐えかねているのだと思う。
禁じられるほどかゆくなる!
で、たいていファンデーションが済んだ辺りで我慢できなくなり、「ごめんなさい、ちょっと」とストップしてもらい、バリバリ掻くとファンデーションが爪で取れてしまうので少し爪を立てる。
しかし、メイクをしていた人に
「あらっ!おでこが爪の跡だらけになっちゃった!もしかしたらファンデーションが合いませんでしたか?かぶれかしら!」
と驚かれてしまうこともある。
ほんと、自分で情けない癖だと思うよ。
癖というより反応か。

癖というより“反応”と置き換えると、いろんな癖への嫌悪感も薄まる。
なにかプレッシャーがかかったとき(えんぴつをかじる子は、難しい問題を解くときとか)、決まった反応としてその行動が出る、と。
いや、でも、単に“カッコいいオレ”を演出したいだけの行動もあるはずだ!
どっちにしろ、精神的な動機が強いのではないかなと思っている。

by apakaba | 2010-01-19 22:16 | 生活の話題 | Comments(16)
Commented by ogawa at 2010-01-19 22:33 x
スミマセン、今でも時折いらいらしていると爪を噛みます。
それに眼鏡のつるも噛んで作業する時があります、これは何もかっこつけているわけではなく、老眼で手前が見難いので、つい眼鏡を外して見ます。
その時にジャケットなどを着ていたら胸のポケットに眼鏡を入れますが、それが出来ない服装のときはつるを噛んで眼鏡を口で支えて作業します・・・ハイ。
みっともない姿ですけど現実対応ということで。
Commented by apakaba at 2010-01-19 23:12
だめです。爪を噛むなんて言語道断。

口を第三の手として使うこと自体が理解不能(それを次に触らなければならない方の身になったら)だし、眼鏡は現実対応だけでなく、手持ちぶさたのときもやっぱり口にくわえてますから。
……と、いろいろ責めるほどの仲でもアリマセンわね。
ごめんなさいね。
恋人か夫だったら叩いてでも直しますが!
Commented by apakaba at 2010-01-19 23:13
いや待てよ、夫には言わないな。
夫だったらあきらめの境地だわ。
Commented by ぴよ at 2010-01-20 08:32 x
あう~(涙)
私も子供の頃、爪を噛む癖がありましたよ。かなりヒドかった。
親から「汚いからやめなさい」と言われてもなかなか直らなかったなぁ。
中学・高校辺りまで続いたよ。
きっかけは思春期になって色気づいて(笑)爪磨きしたりマニュキアを塗るようになった事。
マニュキアした爪は流石に噛む気にならない。それでようやく癖が直ったわ。

駐車券を口に咥えるというのは、その昔何となくやっていた。
どこかにポンと置いて「あれ?私今駐車券どこにやったっけ?」という
ボケ老人のような事をよくやらかしていたから「絶対に失くさないように」咥えてたな。
その内、車内で「駐車券を必ず置く場所」というのを作ったのでやらなくなった。
Commented by apakaba at 2010-01-20 09:04
ぴよさん、恋人でも妻でもないから大丈夫よ。←無意味なコトバ掛け
まあ、癖って、本人は無意識・他人は不愉快ということが多いよね。
小さかった私がおでこをバリバリ掻くしぐさも、母から見ると「神経質そう。気難し屋」と映っていたと思う。

爪を噛むのはフランス人だけで十分だ!
爪を噛む人って、例外なくその爪を食べるしね。
プッと吐き捨てている人を見たことがないもん。
コーシローもやるけど、犬なのでオッケー。
「えらいねえ、爪切りの必要ないねえ。おやつにもなるねえよしよし」とか褒めてる。

なにかを口にもっていく癖に対する不快感って、おそらく、「口」って非常にパーソナルなパーツじゃない?
すでに体の内部という。
その辺りではないかと。
ウチとソトとの境界。
キスとか、同じ釜の飯を食うとかいうことは、その境界を超えるからこそ意味を持つと思うのよね。
Commented by 那由他 at 2010-01-20 09:18 x
駐車券は、サンバイザー(というのかな。)に挟むところがあるので、いつもそこに挟んでいます。たいていの大型店は、2時間は駐車代、無料ですよね。この前、「This Is It」をワーナーマイカルシネマに行った時、映画を見るのは久しぶりだったので、サティに買い物に行く時と同じ調子で、駐車券をいつもように挟んだまま、持って出るのを忘れて、映画の後、駐車券を持ってチケット売り場に行かなくてはなりませんでした。
駐車券は、なんとなく不衛生な気がして、口に挟む気にはならないですが、口に挟んでいたら、今日は映画だから持って出なくちゃ、と気が回ったかも。
Commented by apakaba at 2010-01-20 09:33
私もサンバイザーですね。
で、駐車し終わったらそこからポケットかバッグへ移動、というのがパターン。
この決まり切った行動をしないと、それこそ場所によって「駐車券を提示してください」ということもあるし。

関係ないけど私は口にものをくわえている人を見ると、いつもイソップの「肉をくわえて橋を渡ろうとしていた犬」の話を思い出しちゃう。
水に映った自分を見て、その肉をとろうとしてほえると肉が落ちてしまうというあれです。
「そのまましゃべると、駐車券落ちるぞ」と心の中で警告しちゃう(大きなお世話だわ……)
Commented by 克林 at 2010-01-20 09:35 x
わたしも旦那も文中の癖には当てはまらなかったけど、何か他に
人に不快感を与えることをやっていないといいけど。^^

わたしは顔は平気ですが、他人に足を触られるのが苦手で
だからせっかく台湾にいたのに足裏マッサージができず、
みんな気持いいのにもったいないと言われてました。^^
Commented by apakaba at 2010-01-20 10:05
くーりんさん、こういう「その癖が生理的にイヤ!」と感じるのは女の方が多いように思いますねえ。
挙げるときりがないし、だからといってそれが許せなくて「別れる!」ということになるほどでもない、と……たいていがその程度なのでしょうね。

私は食事のマナーが汚い人がどうにもこうにもダメです。
くちゃくちゃ音を立てる人、イヌ食いする人、箸の使い方が正しくない人、などなど、食べるのが大好きなので、食べているときに不快になる人とは絶対一緒に暮らせません。
この先、子供たちの結婚相手候補でそういう人が来てしまったらどうしよう!と今から心配(すっかり姑モード)

足が苦手ですか!
私は足大好きよー!
たしかに、台湾なのにそれはもったいないー!
Commented by Amano at 2010-01-20 21:51 x
今はやらなくなったけど、以前はよく切符をくわえてました。
自販機からキップとつり銭をとって、切符を口にくわえ、てつり銭を
財布へ入れるのが普通でした。

今、やらなくなった理由は・・・パスモもおかげです・・・苦笑
Commented by apakaba at 2010-01-20 22:27
パスモバンザーイ!




・・・「なんで、Amanoさんはイコカじゃないの?」と一瞬思ってしまった私がバカです
Commented by ミケ at 2010-01-21 09:35 x
駐車券くわえるくらいならまだましですよー!
職場で毎日、口にまつわる癖に悩まされてます。涙
同じ課のオジサン二人が相当のクセモノで、
書類をめくるときは、いちいち指をペロっと舐めながら1枚ずつめくり、その書類を私に回してくるのです。泣きそう。
我慢の限界がきて、メクール(紙めくり用の糊みたいなの)を渡して、紙を舐めないでください、とお願いしたけど、私の気持ちを理解できないみたいで、未だに毎日舐めてます・・・・。
そんな人たち、箸も使えない。隣でお昼を食べられると食欲が失せます。
クチャラー(くちゃくちゃ食べるので命名)だし、イヌ食いだし、ずるずる音を立てる等々、嫌い箸をほぼパーフェクトにやってる!
自分にも癖はあるから棚上げして言うのもなにかなぁ、と思うものの耐え難いです!(でも他人に指摘するのって難しい)
Commented by apakaba at 2010-01-21 21:27
ミケさん、うえええええー。
彼らにも家族はあるんですよねえ。
妻帯者だったら、よく結婚できたなと思うし、独身だとしても、彼らを育てた家の人はみんなそうだったのか?って不思議になるわ。
ネットニュースのくだらないランキングとか見てると、こういう癖に嫌悪感を抱くのは圧倒的に女の側で、男は気にしていないか、もしくは内面をより気にするみたいね。
Commented by しん at 2010-05-02 01:12 x
爪噛む癖あるけど、すぐに手洗う様にしてる
Commented by apakaba at 2010-05-06 10:17
しんさん、なによりです。
爪を噛む人は、ふつうはその行為を汚いと自覚していないので、手を洗うことはまずしないですよね。
Commented at 2014-03-29 11:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< GOGO墨田区!      事故 >>