あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 02日

箱根・ポーラ美術館の印象派

箱根の仙石原に、ポーラ化粧品が母体となっている美術館がある。
入館料やレストランの食事代が、いつも高いなあと思うけれども、ガラスを多用した建築が美しく、企画展が充実しているので箱根に行くと訪れている。
(サイトこちら

先日は、『ポーラ美術館の印象派  モネ、ルノワール、セザンヌと仲間たち』という展示をやっていた。

c0042704_23531840.jpg←ポーラ美術館のエスカレーターを降りていくワタシ。外は大雨でも、館内は自然光がほどよく入る。








多くの画家たちの作品が、約90点展示されていた。
一番目を惹かれたのは、モネかなあ。

とくべつモネが好き、ということはないんだけど、やっぱり王道中の王道。
屋内から飛び出して、自然の光のもとで絵を描くという、印象派が初めてやってのけたエポックメイキングを、モネの絵がもっとも体現している。
絵の具を塗り重ねていって、それでどうして、なんで、“光”を感じられるのか、不思議でたまらないのだけれど、たとえば干し草の束がいくつも山と積み上げられている絵を見るとき、「ああ、この角度から、陽の光があたっている」と知れるばかりでなく、季節や、何時ごろの陽の光かといった推測までも、簡単にできてしまうほどに、モネは完全に光を塗っていた。

印象派には好きな作家が多いので、モネだけに注目していなくとも、美術展に行けばたいてい展示してある。
それなのに、いままで一度も、モネの“光”を感じてこなかった。
ワタシの目は、節穴だったのかな?
まあ、そんなことを知れたぶん、行ってよかった。

箱根に行く方はどうぞ。1月から8月28日までの、長ーい会期です。

by apakaba | 2005-04-02 23:21 | 歌舞伎・音楽・美術など | Comments(10)
Commented by 紫陽花。 at 2005-04-03 09:38 x
ただいま、眞紀さん。ポーラ美術館、いいですね、行きたいです。箱根なら日帰り旅ができるし。8月までに友人を誘って行ってきます、ロマンスカーで。美術館、美術展の類が大好きなんです。天才のパワーに触れると身も心もリフレッシュされる気がして。以前、仕事を月曜日休みに設定したことがあるのですが、美術館の休館日が多くてもう2度と月曜日は休みにしない!と思いました。
芯から和食が好きなので(朝昼晩お刺身、焼き魚定食でもいいの)、オーベルジュに泊まる事はないかもしれませんが、箱根なら「強羅花壇」に泊まってみたいです。
Commented by 三谷眞紀 at 2005-04-03 10:53 x
ごーらかだーん!
高いですよ〜〜〜〜。
サイトでお値段見てひっくりかえりました。

お高い日本旅館は、あこがれといえばあこがれなんだけど、部屋でゴハン食べるのがどうもね……なんかうきうきしないんですよね。
たとえどんなにおいしくても、畳があって個室でとなると、「これじゃいつもとおんなじだぁ」とどうしても思ってしまいます。
思い切り着飾ってレストラン、のほうが、いまのところ性に合っていますねえ。
おしゃれ好きの紫陽花。さんはいかがでしょう。
Commented by 紫陽花。 at 2005-04-03 17:36 x
夢ですから、夢! 強羅花壇のhpには、ランチはオーベルジュでどうぞ、ってありましたから、帰りに寄りましょう。おしゃれ好きっていうかお洒落なhp、お洒落な人、物が好きなんですよねえ。でも友人達には「変わった物が好きな人」で通ってます。ファンで、ごめんなさい、眞紀さん。m(_)m
Commented by apakaba at 2005-04-04 00:40
いやいや、ワシは変わっとらんぞ。

夢のごーらかだんに、ゼヒ行ってきてください。
ランチは個室でお食事ではないのですね。
人に見られないと、おしゃれのしがいはないと思いませんか。
Commented by 紫陽花。 at 2005-04-04 09:06 x
失言、失礼をば。そーですね、眞紀さんは変わってませんね。私が変わってるの^^V 
人に見られないとおしょれのしがいはないですね。でも、おしゃれはお食事の時だけじゃないおー。そこに至る道のりのいずこでもおしゃれのチャンスはあるのじゃ。ま、確かにホテルのレストランはハレの場ですねー。
Commented by 紫陽花。 at 2005-04-04 11:26 x
あ、おしゃれがおしょれになってる。。まあ、このままにしておこう。
Commented by 三谷眞紀 at 2005-04-04 11:51 x
そうです、つっこもうかと思ったけどそのままにしておいたの。
ここは記事の削除はできるけど修正はできないようですね。
ワタシもタイプミスが多いほうなので、注意しなくちゃ。
Commented by のこのこ at 2005-04-04 18:04 x
光が一番キレイな時期になってきましたね~!
5月頃にふと「あ、夏の香り☆」なんて感じる瞬間が最高です。

写真も絵画も光使いなんですよね。特に絵で降り注いでピチピチ飛び跳ねるような光を表現するのって難しくって。どんな筆使いや色の使い方なんだろ?っておもわず絵に近づいてキャンバスを一生懸命見てしまいます。
モネの絵かぁ・・・
絵って美術館の雰囲気も左右しますよね。きっと良い所なんだろうな。
若い頃あれほど行った美術館もこのところトンと行かなくなってしまいました。 うん。行ってみよう!
Commented by 三谷眞紀 at 2005-04-04 19:19 x
ポーラ美術館に行くなら、常設展示の「化粧道具とヘアモード」というのも、ゼヒ見てきてください。
ベルサイユのばらを愛読してたなら、だれでも感涙!
バロック調・ロココ調のヅラコレクション、スゴイです。
Commented by 紫陽花。 at 2005-04-05 06:02 x
のこのこさん、上手いなあ。「あ、夏の香り☆」なんて詩人だなあ。


<< プラネタリウムを見に行く      箱根のオーベルジュ >>