あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 05日

「アキタコマチ」の病気

次男「アキタコマチ」は、ここ2ヶ月ばかりずーっと具合が悪い。
明け方、口の中に“すっぱにがいもの”が一杯たまっていて飛び起きてしまう……耳の下がぎゅーっと痛くてたまらない……むかむか気持ち悪い……など、いろんなことを言うのをまとめてみると、どうも『逆流性食道炎(解説ページこちら)』に似た症状のようだ。

近所の内科で吐き気止めと整腸剤を出してもらい、様子を見ていたが全快にいたらず、薬が終わるとまた苦しみ始めた。
夜中、明け方、だんだんと日中も、「ああっ!あぁぁ〜〜〜っ!」と悲痛な声を上げる。

ついでに、胃の調子とは関係ないと思うが、寝ているときの鼻血もひどい。
たびたびベッドと部屋を血の海にしてしまう。
一番つらいのは本人と思いつつ、こんなんでは私もいい加減、キビシイ。

義母が「一度、大学病院の小児科で診てもらいなさいよ」というので、今日早起きして行ってきた。
本当なら、くたびれもうけになる大学病院より、信頼できるかかりつけの小児科にまず相談したいところだが、今の家に越してきてからかかりつけのお医者さんがいない。
しかも、親戚が近くの大学病院の医者なので、紹介状を書いてくれたでのある。
紹介状があるとないとでは、待ち時間やお会計に差があるとか。
厚意に甘えて、行ってみた。

二回問診して触診して、採血して半日かかった。
胃酸を抑える薬を10日間飲んだのち、また行くということになった。

子供のくせに変だと思われそうだけれど、原因はストレスだと私は思っている。
彼は神経が細い。
受験勉強の成績が悪いことを、とても気にしているのだと思う。
ぼけっとしてハッピーな性格の長男より、周囲に気を配り、周囲から認められたい性格の次男には、いくらやっても(実際はあんまりやってないけど)成績が伸びないことが、悲しくてたまらないのだろう。
追い込むような言葉は言っていないつもりだが、勉強のストレスが原因で胃をやられているのなら、親としてはさらに態度に気を遣っていかなければならない。

もし本人が勉強嫌いで、いやいや受験勉強をさせられているなら、受験をやめてしまえばすむけれど、とにかく学校の勉強では物足りなくてつまらないから塾をやめさせないでくれと言う。
塾のほうが学校よりずっと授業がおもしろいから、やめたくないのだと。
それならストレスをうまくコントロールして、勉強しつづけるしかない。

自分でも経験があるけどストレスを“克服”するって難しい、ていうか無理。
ストレスをコントロールするには、どうやったらいいのか。
このところ、それを考えてばかりいる。

そのせいなのかどうか、ゆうべは私のほうが突然、具合が悪くなった。
午前3時ごろ、いきなりこみ上げる吐き気で飛び起きる!
妊娠!?←それは、ない(速効否定)。
飲み過ぎ!?←ビール350缶ひとつしか飲んでいない。
とにかく胃がむかむかして、明け方までのたうち回ってしまった。
胃の病気は、風邪みたいにうつるわけがないけど……子供の悩みは、親にうつってしまうのかも……

by apakaba | 2005-04-05 23:52 | 子供 | Comments(10)
Commented by 紫陽花。 at 2005-04-06 08:51 x
あ、アキタコマチくん、お見舞い申し上げます。ついでにお母様もお大事に。 私も3人兄弟の真ん中、上からは抑えられ、下からは突き上げられの、いえ、それほどではありませんでしたが、なかなか苦労はした・・かな? ストレスと言えば、義母と同居が決まった時、進言したのは私ながら、生まれて初めての胃腸炎になりました。体は正直です。 コマチくん、ストレスと上手く付き合えるようになるといいのですが。生まれながらに繊細な性格を持ってきているようすは私とはまた違い。。難しい。。
Commented by のこのこ at 2005-04-06 12:46 x
>とにかく胃がむかむかして、明け方までのたうち回ってしまった。

ありゃ。どっかで聞いたような話だな。泥水飲んだとか脱水症状とか。

ストレスか~。 体を動かしてるかしら。 ムダに笑うのもいいよね。lストレス源が複数重なるとやばいんですよね。
しかし、子供がストレス・・・って・・・・。ホント怖い世の中ですね。
Commented by safety-life at 2005-04-06 13:37
私はリバースしても、翌朝ケロっとしてますが、
心配ですね。吐き気だけじゃなくて鼻血も出るなんて・・・。
ストレスも万病の元ですからね・・・。
三谷さんもお体大事になさってください。
Commented by apakaba at 2005-04-06 18:04
子供はその時代なりにストレスをかかえてるんだと思うけど(私もいじめられたりしたので……)、彼の場合は、成績不振なんでしょう。
10年とか20年とかの長い目で見ると、くよくよする必要はまったくないとわかるんだろうけど、子供にとって「長い目で見る」ことほどムズカシイことってないんですよね。なにしろまだ人生短いので。
Commented by K国 at 2005-04-18 16:00 x
私は子供の頃神経質で繊細だと自分で信じていた
友達の何気ない一言でも傷つきいつまでも脳裏にあった今でも忘れられないシーンは時々思い出す、神経質なA型タイプだと信じ込んでいた
行きたくも無い進学校を一年で中退していろんな職業を経験して
学歴が無いのであらゆる資格を取って、一年働いてお金が貯まると行く当ての無い気ままな旅をして行った先で仕事を見つけてなどとやっている内に自分に正直に生きていくのはストレスを感じないんだなと思った
嫌になれば辞めてよそに行き働く、ただ仕事は人一倍したよそ者が認められるにはそれしかなかった、楽しい事にはストレスは無いと思う
私の頭は次の楽しい事で満たしてあげて仕事に頑張ってます
私の長男も鼻血を出したり引き付けを起こしたりしました子供の病気は親としてたまりません、ただとしを取る毎に元気になると思います
梨の花です
Commented by 三谷眞紀 at 2005-04-18 21:22 x
K国さんいらっしゃいませ!
初めての書き込みでこれほど励みになることを書いてくださるとは、大変うれしく思います。
次回お見舞いに行ったとき、「アキタコマチ」にK国さんのお話をさせてください。
大人になると、いろんな大人のサンプリングができてきて、楽になってくるんでしょうね。
それまでは言葉を尽くして、いろいろな話をしていくこと、かなー。

K国さんはいろんな国へ行かれたんですか。
そのお話もまたお聞きしたいところです。
ワタシもメインサイトのほうで、ぼつぼつ旅行記を書いているので、長文がお嫌いでなければ読んでください。
(と、言いながらリニューアル中につき、連載できているのはイスラエルだけ……おそまつさまです)
Commented by K国 at 2005-04-19 13:39 x
午前中決まると思ってた仕事が決まらずに大幅な変更になったお客様は神様ですがもう10回は書いている火照った頭をクールダウンする為と
ノーミソの転換にコメント書き入れます
海外旅行はというより始めはオーストラリアに永住したかったのです
21歳の頃です当事はアジア人は資格がないと住めなかったので
整備士の資格を持ってましたからそれで計画してました
お金を貯めてる最中に今の奥さんと一緒になり子育てが始まると
オーストラリアは夢のまた夢で終ってしまいました、1990年に国際ラリーのオーストラリアンサファリにエントリィーして念願の大地に立ちました
私は広くて人口の少ない所が好きなんです、シドニーからダーウィンまで
6500キロを9日で走ります勿論アウトバックが主です
バイク80台くらい出走して34台完走中24位でゴールしました
今でも鮮明に覚えてます、普通の海外旅行の何倍もお金使いましたがそれでは買えない物を得たと思ってます
後はアメリカ、ニュウジーランド、フィリピン、香港、台湾、フランスです
フリータイムの多いプランで旅行してます
Commented by 三谷眞紀 at 2005-04-20 08:58 x
どうぞどんどんクールダウンしにいらしてください。
いっくらでも、記事はあるので。

ううむ、なかなかに起伏に富んだ半生なのですね。
だれにでも、「いまとはちがう人生」への選択肢は開かれているはずなのですが、子供だけは「いなきゃよかったなあ」とは考えないものですね。

でもオーストラリアに行かれてよかったですね。ほんとに。
私は酒好きなので、オーストラリアというと「ワイン!」と思ってしまいます。
オーストラリアワインが大好きです。
Commented by 満腹ボクサー at 2007-02-21 12:11 x
俺と同じで、やっぱり次男坊は繊細なのかな。殺しても死なないような頑丈な俺が言っても説得力ないけど。
でも母親いわく、子供のころは俺も原因不明の病気に取り付かれていたそうな。医者に通ったところ、医者がストレスが原因であることを見抜いて、「親や医者が寄ってたかってこの子を病気にしている」と言ったとか。名医ですね。
アキタコマチ君のその後については、ここから先を読ませていただきます。
Commented by apakaba at 2007-02-21 14:09
「アキタコマチ」は、徐々に長男を駆逐して、このブログの主役になっていきます。
彼の変化に注目してつづけて読むときっとおもしろいと思う。


<< 何色を塗ってもだめ      早熟な子 >>