あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 10日

とりあえず3題

多忙アンド体調不良でちゃんとした文章が書けず。
今日のことを3題、メモ程度に書いておく。
今日、「ショックだったこと」「うれしかったこと」「初めて知ったこと」

「ショックだったこと」
鎌倉の鶴岡八幡宮の大銀杏が倒れたこと。
ふだんは忘れている、さまざまなおもひでが去来した。

小学校3年生になったときに、鎌倉にごく近い横浜の外れの住宅地に引っ越した。
引っ越しして初めてのお正月、「これからはここを氏神様に決めよう」と言った父が、初詣から一ヶ月後に他界してしまったこと。
中1の夏休み、友だちとふたりで社会科の自由研究テーマに鶴岡八幡宮を選んだ。
ちょうどその取材のときに、初潮が来て、境内のトイレをさがしたこと。
高校生のときによくひとりで学校をさぼってはここを歩いたこと。
カレシが変わると、とりあえずのデートコースに入っていたこと。
「モデルになりませんか」とエッチな写真のカメラマンに誘われたこと。
まだ母と姉と、女3人で暮らしていたころ、初詣にかかさずここへ来て、母が、名物の炒りたてのぎんなんを「お母さんはぎんなんに目がないのよね」と言って、歩きながら度外れにバクバクと食べていたこと。それを呆れて見ていたこと。
その他モロモロのおもひでは、いつも大銀杏とともにありました。
こうしてざっと思い返してみると、私ってやっぱり東京都民じゃ、ないなあー。

「うれしかったこと」
卒業対策委員会主催行事である小学校の謝恩会が、つつがなく行われたこと。
子供たちの成長ぶりもうれしくて泣けたが、受付の横のカフェコーナーで働いていた私に、声をかけてくれるお母さんがたくさんたくさんいたんだなあと改めて感じて、それがとてもうれしかった。
ここ何年か、仕事優先で小学校にはほとんど顔を出さない年が続いていたが、今年度はとにかく最後の最後だと思って、無理を承知であれこれ参加した。
卒対でも、役立たずながら和気あいあいで楽しく活動させてもらった。
この小学校のお母さんたちは有能で尊敬できる人ばかりが揃っているので、つい甘えているうちに卒業目前となってしまった。
さびしい……この私が、「小学校ママ」じゃなくなる日が来るなんて、信じられない。

「初めて知ったこと」
風邪がひどく長引いて、そればかりかだんだんひどくなってくる。
今日ちょっとだけ時間があったので、やっと病院へ行ってきた。
早く喉風邪を治さなければ、来週には今度は図書ボランティアの最後の劇が待っている。
ものすごく咳が出るのだが、あまりにも激しい咳が続くと、頭がガンガン痛くなってくるということを初めて知った。
今まで、咳のしすぎで腹筋が痛くなることはあったが、頭が痛くなったことはない。
頭に血がのぼって痛くなる感覚がある。
顔もむくんじゃうし、ほんとにまったくよ〜〜〜〜〜〜。

by apakaba | 2010-03-10 23:49 | 生活の話題 | Comments(2)
Commented by ogawa at 2010-03-11 23:39 x
小学校ママを9年やったのかい?
それはお疲れ様でした。
中学もこのままいけば9年ですよね。

鶴岡八幡宮の大銀杏が倒木したニュースは関西でも流れていましたよ。
マキさんにこれほど関係しているとは思いませんでした。
ちょっと寂しいことだなぁ。

ともかく早く風邪治してください。
京都編の続き待っていますので。
Commented by apakaba at 2010-03-11 23:54
9年間やったっけ?
3人分を延べにすると、3×6で、計18年分ですな。
幼稚園ママも9年間、中学校でも9年間。
ほんと、長いです。母親生活。

鶴岡八幡宮は、ふだんは忘れているけど、いざとなると「あんなことも、こんなことも」と次々思い出が出てきて、やっぱり私って横浜、というか鎌倉の人だわと再認識しました。

京都のつづきは書きました。
風邪でなにか書いてもトーンダウン気味ですね。
次回はアゲアゲにします。


<< 「京都の空間意匠」を追う・その4      デブ仕様に壊れる >>