あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 24日

ボルバロッサ(カマドーマ)

「おかーさん、今日わたし、学校のそばでものすごく気持ち悪い生き物を見たの!」
“この子には敵わない”に書いたとおり、娘の「コシヒカリ」は無類の生き物好きで、なんでもかんでも「かわいいー」と言う子だ。

私: へえ?「コシヒカリ」にしてはめずらしいね?
コ: うん、わたしにとって初めての嫌いな動物かもしれない!ほんとうに気持ち悪いの、あのね、虫だと思うんだけど、クモと、バッタと、カエルを混ぜたような……
私: 虫なのに、カエル……?
コ: とにかくもう見たことないほど!ああ気持ち悪い!思い出しただけでも!たぶん、それは新種の生物じゃないかと思うんだ。
私: そんなにぽんぽん新種の生物が見つかるとも思えないけどねえ。
コ: それで、携帯で写真を撮って、わたしが“K中(学)のボルバロッサ”って名付けたんだ。もし新種の生物だったら、その名前にするんだ。

翌日。

コ: あのねおかーさん、K中のボルバロッサは、あのときいっしょにいた友だちが画像を送れって言うから送ったら、その画像をもとにして友だちが調べたんだって。
あれはね、“かまどーま”っていう名前なんだって!国語辞典にも載ってるんだよ!
私: カマドーマ?聞いたことないなあ?
ササニシキ: それって南米原産とか?
夫: 竃馬(かまどうま)だろ?虫だよ。
私: えっ、あなたが虫の名前を知ってるなんて!そういうのぜんぜん知らない人じゃん。ウマオイとかの勘違いじゃなくて?
夫: べつにめずらしい虫じゃねえよカマドウマなんて。
サ: それって南米原産?
私: うるさいねあんたは。竃の馬って書くんでしょ?
サ: 南米っぽいじゃん。
私: マラドーナとか?
アキタコマチ: あはは!単純!
私: おかーさんもカマドウマじゃなくてカマドーマと聞こえたから、そうするとたしかに南米っぽいわ。カマドーマ。マラドーナ。
サ: うひひ!
ア: くだらねー!
コ: ……ボルバロッサは、新種の生物じゃ、なかったんだあ……

by apakaba | 2010-05-24 21:44 | 子供 | Comments(14)
Commented by ogawa at 2010-05-24 22:17 x
カマドーマ・・・もとい竈馬(かまどうま)
キリギリスの親戚のような感じだけど。
コシヒカリちゃんにとっては、気持ち悪かったんだ・・・うむ、珍しいですね。
Commented by apakaba at 2010-05-24 22:25
し、知ってたのね……どうして私は知らなかったのだろう。
動物の種類には人よりかなり詳しいと思っていたのに。
Commented by kaneniwa at 2010-05-24 22:49
カマドーマも南米ラテン系ですが、
ボルバロッサ というネーミングにラテンの血を
騒がせてくれる何かを感じます。

第二次世界大戦での
ナチスドイツによるソ連奇襲作戦に
バルバロッサ作戦というものがありますが、
それがボルバロッサの由来なんでしょうか?

BYマーヒー
Commented by apakaba at 2010-05-24 22:53
おばかさんのうちの娘が、バルバロッサ作戦を知っていたとはにわかには信じられませんから、きっと「ササニシキ」の世界史の勉強中にでも聞いたのでしょう。
私も「バルバロッサじゃないの?」と聞き返そうと思ったけど、身もふたもないと思って聞き流しました。
Commented by apakaba at 2010-05-24 22:56
待てよ、そんな高尚な話じゃないや。
娘のアタマはつねに漫画かアニメかテレビでいっぱい。

バルバロッサってアレだ。
パイレーツ・オブ・カリビアンの、海賊じゃん。
Commented by キョヤジ at 2010-05-24 23:00 x
たくさん居るよ、仕事場に。
Commented by apakaba at 2010-05-24 23:31
「コシヒカリ」失神!

いや、意外とすぐに慣れて「やっぱり、かわいいー」と手に載せ始める。というオカン
Commented by のこのこ at 2010-05-25 01:59 x
ほんと、意外!
カマドウマが気持ち悪いなんて! かわいい系じゃんね。

てかなんで私ですら子供の頃から知ってるような虫をアナタが知らないんだろ。 そっちのほうが意外。なぜか出会うことなくスポッと抜けてたんだね。
Commented by saltyspeedy at 2010-05-25 02:51
実を言うと、大の苦手です。
ゴキブリホイホイに瀕死の状態でかかっていて
あの逞しい太腿がぴくぴくと。
ああ思い出すだにゾッとします。
(ああこんな時間だねなくては)
Commented by apakaba at 2010-05-25 10:01
カマドーマレス。
のこのこさん、検索で画像をいろいろ見たけど、なぜあの虫だけが娘の神経に障ったのか、さっぱりわかりませんでした。
毛虫でも芋虫でも死んだヘビでも「かわいいー」「かわいそうー」と愛でてしまう子なのに……?
どうしたんだろう?

結局、ここにコメントくれた人は、私以外全員がカマドーマを知っていたってことね!恥!
みんなに馬鹿にされても平気だけど、生き物音痴の夫が知ってたことはショックだったわ。

それよりわが家の毎度馬鹿馬鹿しい会話(とくに「ササニシキ」)、文章化するとさらにあほらしさが強調される。

ayaさん、カニならいいけどカマドーマはダメ、と……(何度もカマドーマと書いていると竃馬であることを忘れそう)。
逞しい太腿という表現が、悶絶ぶりをよく伝えてくれますー!
私も犬の散歩のときに草むらをよく探してみますわ。
Commented by さると at 2010-05-25 11:26 x
そういえば、少し前に職場で話題になったことがあります。

同僚「かまどうま知ってる?(どういういきさつかは忘れた)」
私「カマドーマ?サッカー選手か?」

かまどうま・・うちのような田舎にいっぱいいるらしい!
でも見たことない。こうろぎとかと見間違えてるのか気づかないのか
都会の人でも知ってる人は知ってるんですよね~名前も姿も
Commented by minmei316 at 2010-05-25 11:46
ご家族の皆さんの会話をしている光景が目に浮かぶようです
皆さんそれぞれ個性的ですね
とくにササニシキくん いいな~
Commented by えみぞう at 2010-05-25 18:30 x
「カマドゥーマ」とラテン語っぽく声に出したら何だかジゴロが女性を口説いてる感じがして、よりジゴロっぽい発声練習してしまいました(アホでしょー)
そうそう、関西ではカマドゥーマを便所コオロギと言う地域もあります。
Commented by apakaba at 2010-05-25 19:43
カマドーマレスさらに。
さるとさん、なんか、なんかまったく同じ展開!
これってシンクロニシティ?
たぶん、興味のないものって目に入らないものだから、きっと探せば簡単に見つかるんだと思うわ。

minmeiさん、家族や夫婦のセリフで書く日記は、最小限の長さでその場を再現するように心がけています。
会話のやりとりって、あっという間に忘れてしまうから、こうして書いておくと数年後になつかしく自分で読み返したりしてます!

えみぞうさん、そうですね、もとの見た目と似ても似つかず、ラテン野郎になってしまいました。
便所こおろぎといったほうが通りがいいようにも思いますねえ。
きっと私の親世代だったら「便所こおろぎ」と呼ぶだろうな


<< シンガポール滞在2日半!(第14回)      「アキタコマチ」の初めての体育祭 >>