あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 16日

子供たちの6月

あいかわらず風邪で苦しみちゅう。
シンガポールのつづきを書きたいと思いつつ、頓挫ちゅう。

最近の子供たちの様子です。
「ササニシキ」は、あいかわらずワールドカップと勉強の日々の浪人生。
特筆することもナシ。

「コシヒカリ」は、帰宅部生活を満喫していたが、「生徒会の役員をやってみたいから立候補する」と言い出した。
めずらしい人だね……と思い返したら、私も中学時代にやってたわ。
あと、「中学生の主張」とかいう弁論大会に出たい、という。
題は自分で考えるらしく、「コシヒカリ」は、1年たたずにころころ政権が代わることを問いたいのだとか言っている。
いつの間にこんな政治意識の高い子になっちゃったのこの子?

中学生になってから、体つきもがっちりしてきて、手や腕は私よりもずっと骨が太くてたくましい。
「おかーさんの手、すごい細い。握るとぼっきり折れそう。」
とか言うが、ほんとに折られそうだ。
私は自分が体格が悪いので、体のたくましい女性に劣等感を持っていて、娘ががっしりしてきたのはいいなあと思っている。
料理も上手になって、私が風邪でダウンしているといろいろやってくれるし、今これを書いている間も、おやつにクレープを焼いてくれている。

「アキタコマチ」はあいかわらずちゃらちゃらしている。
志望校に合格して浮かれているのはしばらく大目に見ていたが、高校生になっても運動部にも入らず、写真部に入部届けを出したはいいが部室が改装工事か何かで使えないとのことで、実質活動停止状態。
小学生並みに早く帰宅してきては、部屋にこもってパソコンをいじっている。
私は、高校生になったら、もっと写真展や美術展に出かけたり、写真を撮り歩いたり、読書くらいはするかと思っていた。
「ササニシキ」と較べても意味がないけれど、長男は中高6年間びっちり運動していたし、本もひっきりなしに読んでいたのに。
思いどおりにはいかないもので、次男は勉強などしないのは当然としても、本はからっきし読まないし、運動もせずぶらぶらしているだけ。
部屋で漫画を読んだりスカイプで友だちと何時間もしゃべったり。

いいかげん腹に据えかね、
「おかーさんはオマエをこんなだらけた高校生にするために働いているんじゃない!」
などと言って暴れると、ある日、
「おかーさん、オレ、このだらだらした暮らしをやめることにする。打ち込めるものを見つける。オレは……ベースを始める!」
と宣言。
中学時代の友だちとバンドを組んだという。
あっけにとられるおかーさん。

次男は家族の中で一人だけ楽器を習った経験もなく、一人だけやたら音痴。
バンドのメンバーは皆ギターやキーボードなどたいへんうまいのだという。
(しかも、コピーではなくオリジナル曲をやるのだという!イマドキまだそんな子いたのか!)
「あんたはバンド付きカメラマン兼マネージャーのほうが、いいんじゃないの?」
いざとなると弱気になる親心。
「いや、オレは始める。もう誰それからベースを借りてきた。」
以来、小学生並みに早く帰ってきて部屋にこもっても、ベースをぼんぼんと弾いて夜遅くまで練習している。
男の子はしっかり運動をしろ……とも思うけれど、今までのようにぼんやり暮らしていることに較べたらずっといい。
私も音楽は好きだし、メンバーの足を引っ張ることがわかっていても、一生懸命なのでまあいいか。
音楽に触れることでまた開ける世界も、あるもんね。
しかしバンドやって写真撮って、なんか昔懐かしい高校生だよねえ。

三者三様の青春だわ。

by apakaba | 2010-06-16 16:29 | 子供 | Comments(14)
Commented by ogawa at 2010-06-16 21:23 x
アキタコマチ、いやぁ青春の「麻疹」かかりましたね。
バンドやバイクや女の子・・・誰もが一回は罹る病気です。
いいじゃないですか青春していて。

昨晩、KABUNさんと飲んでいてアキタコマチの話をしていたのですが、よもやバンドに首を突っ込んでいたとは・・・いや、驚きだ。
Commented by kaneniwa at 2010-06-16 21:29
ベースギターをやったことのある人は、
ギター(特にアコーステック)を弾くと抜群にいい
というのが私の体感です。

名が知れたところではポールマッカートニーやスティング、
細野晴臣や後藤次利ということになりますが、
ベース出身者のギターはバラードをポロンと弾いていても
リズムがあり間があるという気がしています。

ベース経験のある私の友人なんかは、
アドリブでリードを弾いていてちょっと詰まると
上の4弦でベースのアドリブを入れてうまく誤魔化してから
アドリブのソロをやります。
それが、両方とも上手くて 「憎いヤツ」 といつも
思ってしまいます。

BYマーヒー
Commented by ぴよ at 2010-06-16 21:54 x
アキタコマチ少年のバンド入りには驚いたけど、それより何より・・・
私はコシヒカリちゃんの生徒会役員立候補に度肝抜きましたが!?
だってまだ中学に入学して2ヶ月でしょ?それで立候補って凄くない!?
自分が中学の頃って入学2ヶ月じゃー部活に入って先輩からいきなり
イジメの洗礼にあってアタフタして生徒会なんて考えも及ばなかったわよ。

なんか・・・私とは全く違う次元で生きていらっしゃるわね。スゴイわ・・・
Commented by apakaba at 2010-06-16 22:43
子供レス。
ogawaさん、まるで自分の青春時代を見てるようでしょう!
ほんと、親は親になることで二度人生を生きられるというのは至言だと思うわ。
私も、子供のやることはなにもかも皆なつかしいです。
たった今も、お父さんに「おい!ベースうるせえよ!」と怒られていました。
でも……ちゃんと写真を撮る手はずも、着々と整ってきているのです!それは(次回へつづく)

マーヒーさん、いやそんな、あはは。やだなあ。
そんなわけで次男は抜群に音楽にはトロいのですよ。
今日のさっきも、「オレはチューニングを1オクターブ高くしていた!やたら弦が張ってて痛かった!」などという段階です。
いつかは憎いヤツになれるかも、しれません。

ぴよさん、今どきって生徒会役員は「なってくれる人はありがたい人」ってノリみたいよ?
私らのころは「何あいつ、1年生のくせに目立とうとしちゃって」とかいってそれだけでいじめられてたよね。
「先輩」と呼ばなくてもいいみたいだし。
それもビックリです。
Commented by kaneniwa at 2010-06-17 04:18
ベースのチューニングを1オクターブ高くしていたというのは
かなりの逸材ではないでしょうか。

彼は、ベースの音をメロディアスに聴いていた可能性があります。
眞紀さんの家にウェーザー・リポートのCDなんかないでしょうか?
ジャコ・パストリアスなど、いきなり真似はできませんが、
「こういう役割での妙技もある」 ということを知って欲しいですね。

実際、ベースの低音というのはかなり完備したスタジオでも
アンプを通していれば重低音が壁を伝わって振動がやってくる
ほどで、アンプを通していれば近所迷惑度はピアノの数倍高い
でしょう。

かといって、アンプを通さなかったら、ただ 「ブンブン」 という
不気味な音が鳴っているだけで、耳にとってはあんまり練習に
なりません。

オクターブ高い、普通のアコーステック・ギターの上4弦を
いじくりまわして耳と指にベースラインを覚えさせるのが
正解だと思っています。

こうして、ベース弾きは味のあるギタリストにもなっていくのでは
ないでしょうか。

ちなみに、普通のアコーステックギターにはってある
ライトゲージというのをヘビィゲージというのに代えたら、
さらにいいですよ。

BYマーヒー
Commented by kaneniwa at 2010-06-17 04:26
ああそうだ。
ベース出身者で味のあるギターを弾く
人をあと二人、あげさせてもらいますね。

矢沢永吉といかりや長介。

BYマーヒー
Commented by apakaba at 2010-06-17 08:04
マーヒーさん、すばらしー励ましのお言葉の数々。
次男にも読ませます!(すぐすっかりその気になるタイプ!マーヒーさんの褒めて伸ばす指導と相性ばっちり)
ウエザー・リポートはアルバム4枚あります。
今、ためしにHeavy WeatherのBirdland(ああ、メジャーだなあ)をベースラインに注目して(注目?)聴いていますが、すばらしいベースですねえ。

>矢沢永吉といかりや長介。

これは息子にとっては手っ取り早く何よりの励みかも……!
Commented by minmei316 at 2010-06-17 14:06
こんにちは

私も自分の体型が悪く、だけどapakabaさんとは逆で
かいわれのような細い腕の方に劣等感を持っております・・・
アキタコマチさんと、うちの娘次女が重なるな~
なんか思い通りにいかないような予感がします・・・
でも、子供なんて皆親の思い通りにはいかないものなのでしょうね
わたしも極力褒めて育てよう・・・
Commented by apakaba at 2010-06-17 18:22
minmeiさん、かいわれってアハハ。なんですかそのたとえはー。
まあ2番目、とくに同性の上の子がいる下の子は、一筋縄ではいきませんよ。
親もいけないと頭ではわかっていながら、無意識に較べちゃうし。

>わたしも極力褒めて育てよう・・・

マーヒーさんがいるから大丈夫だ!←そこ?
Commented by kaneniwa at 2010-06-17 20:57
Birdlandですが、イントロをはじめ、みんながベースラインだと
思っている部分がシンセサイザー
(ジョー・ザビヌルが弾いています)
で、みんながリードギターだと思っているメインのメロディ部分が、
ジャコ・パストリアスがピックを使ってベースの
高音部分を弾いている音なんです。

これ、ウェザー・リポートの生演奏を最前列で
観たことがありますので、間違いありません。

Birdlandは、確か作曲もジャコですが、
ものすごく特別なのでご注意を。

BY マーヒー
Commented by Matsui at 2010-06-17 21:14 x
うわぁ~おもしろすぎる~!!
楽しく読ませていただきました。
みんなそれぞれ将来が楽しみですね~(*^^)v
特にアキタコマチくんに期待!!
コシヒカリちゃんは美人過ぎる市議とかになってそうな予感。
Commented by apakaba at 2010-06-18 18:34
子供たちレス。
マーヒーさん、うちにあるウエザー・リポートのなかに、ライブアルバムの「8:30」もありました。
2枚目の最初にライブバージョンのBirdlandが入っていて最高です!
これを最前列で聴いたなんて、すごーいカンゲキだったでしょうねえ。

Matsuiさん、人のうちの子って成長が早いでしょう。
明日は次男の授業参観があるので、行って見ようかな。
今まで、小学校しか授業参観なんて行ったことなかったけど、専門学校みたいなおもしろい高校なので、どんな授業をするのか興味津々です。
「コシヒカリ」は美人過ぎる東京都知事になってくれるかなあ?
(それは住みにくそうだな)
Commented by kame at 2010-06-21 14:48 x
バードランド、学生時代にやりました。ライブバージョン版も。渋谷のエピキュラス(ってまだあるのかな)で。ジョー・ザビヌルも亡くなりましたね。
Commented by apakaba at 2010-06-21 18:33
kameさん、エピキュラスって中島みゆきのですね(その括りはいかがだろう)
このブログ記事を書いて以来、なんだか立て続けにウエザーリポートばかり聴いています。
運転中にかけると、気持ちが明るくなります。


<< ゴーゴー ジェルネイル!      ワールドカップ、誰と見る? >>