2010年 10月 25日

原美術館

c0042704_225253.jpg


品川の原美術館(このサイトは大変見にくいので注意)に、初めて行った。
開催中の展覧会「崔在 銀(チェ ジェウン)展 アショカの森」の案内を、ラジオでたまたま聴いたことがきっかけだった。




c0042704_22133482.jpg


敷石はKENという人がつくったらしい。
門を入る前からアートっぽいと思う。

「アショカの森」は、展示数は少ないながら、野心的な美術展だった。
原美術館という場所を最大限に活かした体感アートであり、作者の韓国人女性アーティスト崔在 銀氏は、きっとここを何度も訪れてはイメージをまとめていったのだろうと思われた。

常設展示にもおどろいた。
というのも、夏に直島(旅行記)に行って大変印象に残った作家たちの作品が、ここにも展示されていたからである!
直島の余韻が残る身には、感激もひとしおだ。
木で花をつくる須田悦弘氏の作品や、家プロジェクトのひとつ、「角屋」で水に沈めたデジタル表示の数字をカウントさせていた宮島達男氏の作品が、さりげなく一室ずつを占めて展示されているではないか。

c0042704_2231689.jpg


屋外に出てみて、またびっくり。

c0042704_22383591.jpg


直島旅行記第2回で「李禹煥(リ・ウーファン)美術館」と題してとりあげた(“鑑賞”しているはずが“観照”となるのだ、とか思い入れたっぷりに語った)、李禹煥氏の作品が……!
ああ、石と錆びた鉄の四角、同じだわ……!
直島よりぐっと小さくなっていて、かわいらしい。

c0042704_2241178.jpg


カフェのメニューは、おつまみバスケットにワイン1本付きなどといった酒飲みターゲットの仕立てであり、ほかの美術館併設カフェではなかなか見かけない大胆さに笑う。

c0042704_22434168.jpg


都内の美術館はいろいろと個性的なところがあるが、この美術館も非常によかった。
今回の企画展もよかったし、コレクションも大変いいものを所有している。
今までどうして、来たことがなかったのだろう?
オススメ!

by apakaba | 2010-10-25 22:50 | 歌舞伎・音楽・美術など | Comments(0)


<< ビッグなメニュー      羽田発着便の行き先 >>