あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 26日

犬がもたらす幸せ

今日はときどき雨が激しくて、都内のいろんなところで水が出てしまったようですね。
うちのすぐそばにも川があるから、友だちに心配されました。
おかげさまでたいした増水でもありませんでしたよ。

夕方、6時くらいまで小止みになるのを待っていたけどどうも止みそうにないため、しかたなく犬の散歩に出ました。
犬のコーシローは決して家の中で排泄をしないので、毎日2回は散歩に行きます。
川沿いの遊歩道を歩いていると、いろんな生き物を見ます。
今日はとても大きなアオサギが、川の浅瀬に立っていました。
アオサギ・アマサギ・ゴイサギ・シラサギ(サイズは不明)などのサギの仲間はいつもいます。
鴨もかならずいます。
小鳥も、ハクセキレイやセグロセキレイ・ヤマガラ・コガラなどいろんな種類が来ますが、やはり水辺の大型の鳥は見ごたえがあって好きです。
彼らのゆっくりした動きも好き。
長い首も優美でいいですね。
たまにカワウがいて、水中をけっこうなスピードで泳いでいきます。
その、サカナの捕獲方法はサギたちには真似できるものではなく、彼らは自分の足もとを泳いで行き過ぎるカワウを「すっげーーー」と羨望のまなざし(を向けているように私には見えます)。

そのほか、たぬき(もしくはアライグマ。一瞬しか見えず確認できない)・ひきがえる・ヘビ(その写真)にも会いますが、なんといっても猛烈な数なのはコウモリです。
おととい、散歩中に私の頭にぶつかってきてショックでした。
糞が臭いことをバリのコウモリで有名な洞窟に行ったときに知ったので、あのにおいがうつりそうで、頭激突はいやだなあと思いました。
まあ、コーシローのうんちのほうがずっと臭いのだけど、これはちゃんと袋に入れて帰ります。

と、こんなふうに、都内(23区内)でも有数の、自然の影が濃い地域ですが、それもやっぱり、川のそばだからですね。
同じ町内でも、川から離れていると、ここまでさまざまな動物に親しむ(親しむ?)ことはありません。

コーシローはヘビは大嫌いですが、ひきがえるは興味津々、水鳥たちのことは不思議なモノとして、私といっしょにずっと川辺を見つめています。
鴨が一斉にがーがーと騒いだり、羽で水をばしゃばしゃっと大きく打ち鳴らしたりすると、いちいちびっくりしています。

毎日の散歩は面倒なときもあります。
私は通勤がない仕事なのと、買い物はクルマを使うため、運動不足になりやすく、外を歩きたい気持ちは旺盛ですが、それでも今日のような大雨の日などは気が進みません。
犬は面倒だなー、家で排泄をしない犬はほんとに面倒だ(トイレトレーニングは、かなりがんばったけれど結局だめでした。柴犬は野性の習性が強くて、自分の巣の近くでは決して排泄をしない犬が多いそうです)。
そう思うことも多々ありますが、考え方を変えて、「この犬が、私を外に連れ出してくれているんだ。そして季節ごとの風景や、いろんな野生動物を見せてくれているんだね」とも思っています。
今はランニングやウォーキングも流行っているけれど、ものぐさな私の性格では、用事もないのに毎日毎日川岸を歩くなんて、まずやりませんね。
犬でもいなくちゃ。

私はいろんな生き物(虫とかも)を見るのが好きなので、大雨で「クソー、きのうコーシローをお風呂に入れたばかりなのに!また汚れる!」と悪態をつきながらも、雨の中じっとたたずんでいるアオサギの姿を見かければ「うわあ」と感激して、やっぱりしばらく立ち止まって見てしまいます。
家にいたらコーシローは濡れずにきれいだけれど、雨の中のアオサギは見ることがありません。
そしてコーシローが死んだら、アオサギのためだけに川べりを毎日歩くこともしないでしょうから、今の暮らしは、犬がもたらしてくれた幸せな日々なんですね。
面倒なことと、楽しいことって、背中合わせだねえ、と今日は考えていました(コウモリは飛んでいませんでした)。

by apakaba | 2011-08-26 22:43 | 生活の話題 | Comments(5)
Commented by saheizi-inokori at 2011-08-27 11:04
大きな川があるのですね。
犬が幸せをもたらす、というより今や犬がいない毎日は考えられないです^^。
Commented by minmei316 at 2011-08-27 14:02
確かにわたしも散歩をしながら同じような事を思ったりします
しかし鳥にお詳しいですね・・・てか、あぱかばさん、動物全般詳しそう・・・てか、なんでも詳しい・・・
今回ひとりで実家へ行っていましたけど、金沢に戻って一番喜んで出迎えてくれたのは銀次郎君でした(泣)
Commented by apakaba at 2011-08-27 16:24
散歩レス。
saheiziさん、下流に行けば大きな川ですがここらあたりではまだ小さい流れです。神田川です。
水源からさほど離れていないので、水はさしてきれいでなくても、クレソンなんかも自生していますよ。
(きのうは集中豪雨で神田川下流はえらい騒ぎだったのです!)
今日は、初めて巨大なプードルを撫でました。
思ったより頭蓋骨が骨張っていたなー。

minmeiさん、散歩は体調が悪いときもイヤですよねー。
でも出かけると、散歩している人同士で挨拶もするし。
小さいころ、動物の図鑑や鳥の図鑑を、ず〜っと眺めていました。
だから今でもけっこう覚えています。
自分の子供もそうなると思っていたのに、さっぱり覚えなくてガックリ。
犬ってしばらく留守にすると、ちょっと出かけて帰ってきたときより、遥かにカンゲキしてくれますよね。
Commented by メリー at 2011-08-28 00:42 x
犬の散歩っていうけど、やっぱ人間が連れてってもらってるんだよ~。
うちも、台風であろうが、大雪であろうが、ひとりなら
ぜーーったい出ない日にも、連れてってくれた・・・
本気でめんどくさいと思ったけど、今はイイ思い出ですわ^^

あ、でっかい犬(特にゴールデンレトリーバー)を連れてたら
ついつい「さわらせてもらってイイですかー?」と言って
知らない犬を、グリグリギューギューとしてきます。
あのさわり心地は、でっかい犬でないとねー^^

でも、ほんとに自然があるんやね。
まぁ、ここみたいに、熊や鹿、イノシシはいないだろけど。
Commented by apakaba at 2011-08-28 23:25
メリーさん、柴はちょっと警戒する人もいるけど、ゴールデンだとまずみんな警戒心ゼロで触りに来るよね!
私もそうだもん。

この前の竹生島行きの港(おたくの近所)、あそこをメリーさんたちが歩いていたのか〜と思うと、しみじみしちゃう。
しかし、くま・しか・いのしし!
大型野鳥どころか大型哺乳類だね!
大型哺乳類が棲息できるって、本当に自然がいっぱいじゃないと無理だもんねえー!


<< 「アキタコマチ」のグループ展      四門出遊 >>