あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 30日

「ササニシキ」の感じた香港(と香港麺)

c0042704_0132763.jpg


「アキタコマチ」が作ったジャージャー麺。
麺は、3月に「ササニシキ」が香港土産として買ってきた香港麺を使った。
きゅうりのせん切りと、玉ねぎの新芽(しゃれている!)も載せてみる。
「コシヒカリ」は「麺が……水分少ない。もっさりもさもさしてる」と初めは言っていたが、そのうち「けっこう、クセになる。」とおかわりしていた。

私が3月に香港へ行ったあと、わずか4日で、入れ替わりに「ササニシキ」が香港へ行ったのだった。
高校時代の友人と4人でワイワイと行くのは、一人旅だった私とはまたちがった楽しさがあっただろう。

行くまではまるで消極的で、
「香港って、なにがあるの?」
「おもしろいのかな」
「史跡とか、あんまりないんでしょう。どこに行ったらいいんだろう。」
などと言っていた。
「ヒルサイドエスカレーターとか、いいんじゃない。」
と私が言うと、「ふーん」と言っていたのだが。

帰ってきたら
「おもしろかった。香港がこんなにおもしろいとは、思わなかった。」
「とくにヒルサイドエスカレーターはよかった。」
と興奮気味に語っていた。
マカオにも渡り、カジノ(グランドリスボア)へ行って、友だちは皆スッていたのに一人で大勝ちしたらしい。

それからことあるごとに、弟妹に
「香港はいいよ。香港はねえ、キテルよ。今、香港が熱い。」
友だちと行けばどこだって楽しいのだろうけど、どういうところがおもしろかった?
「なんていうかねえ。西洋と東洋、新しいものと古いもの、いろんな人種が、あんなせまいところに隣り合わせになっているところ。
俯瞰してみると、本当にエネルギーがあると思える。そういうところが最高におもしろい。」

旅の初心者なりに、感じ取るものはあるのね。
彼はバカだバカだといつもいわれているが、こういう目はわりと利くんだな。
弟妹は、「いいなあー行ってみたい!」とうらやましがっている。
うちの子供は、美しい風景よりも、ごちゃごちゃしているところのほうが旅の嗜好に合うみたい。
いつか、一人で、または友だちと、または家族と、行ったらいいわね。

そして興奮しすぎてお土産を買う時間がなくなり、とりあえずスーパーで香港麺だけを買って帰ってきたという。
「麺がうまかったから……」
まあ、ジャージャー麺にはやっぱりあまり合わないなと私は思ったけどね。
気は心ですね。

by apakaba | 2011-08-30 00:44 | 子供 | Comments(6)
Commented by saheizi-inokori at 2011-08-30 09:21
旅を楽しむよりもお土産のことばかり考えていた自分がバカみたいです^^。
Commented by apakaba at 2011-08-30 11:38
saheiziさん、私もついつい歩き回ることばかりしてお土産をなにも買えなかったということをしてしまうタイプですが、たまにがんばるときもあります。
アラブ世界やインドなどだと、同じ土産物屋に数日続けてかよって、お茶を出されて家族のこととかしゃべって……それからちょっとずつ買い物交渉に入る、とか。
精力的に動くのも好きだけど、そういうだらだらした旅も好きですねえー。
最近は物欲自体が減少してしまいましたが。
Commented by タカモト at 2011-08-30 15:36 x
うん、香港はいいね。
俺的には香港か上海だな。
ここにホーチミンが入ったら「ごちゃごちゃ街」3トップだろ。
飯なんかは実際そんなに安くはないけど(日本よりは確実に安いけど)
まー美味いことで帳消しか。
確かになぁ、香港は歴史的建造物ねーし。
Bリーの銅像ぐらいか。
Commented by apakaba at 2011-08-30 22:44
Bリーを「誰?ああ、ビビアン・リーね」と納得してしまう失態。
それならVリーじゃないかー。

上海にもホーチミンにも行ったコトないので、いずれ歩いてみたいと思います。
Commented by カルロス at 2011-08-30 23:09 x
最近の20代の人たちはあまり海外に興味がないようですが、ミタニさんとこは3人とも興味深々なんですね。
いいことだと思います。外の世界に興味があるというのは
Commented by apakaba at 2011-08-30 23:20
やっぱり親の影響が強いみたいです。
いろんなところにいろんな人間が住んでいる(国内でも海外でも)ということを想像しない人間は、まともな大人になれないよね。


<< 夫を香港に連れて行くぞ・1      「アキタコマチ」のグループ展 >>