あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 01日

子供の挨拶・私の欠点

自分の子の友だちとか、私の塾の生徒とか、道ばたや学校で、いろんな子供と会う。
昔は「こんにちは!」と挨拶してくれていた子が、私のことを認識していても、知らんぷりをすることがある。
そんなとき……アナタなら、どうする?

私は、“キミを知ってるぞ”という顔をしながら(にやっとしたり、真顔で見返したり)、自分からはほぼ声をかけないのですよね。

あるママ友に会って、
「この前、学校に行ったら誰々くん(そこの息子さん)がいたよ。目が合っても知らんぷりするから私もしなかった。」
と話すと、
「えっ、それはダメよ、ちゃんとうちの子に挨拶させて!私はよその子で知らんぷりしようとすると、首根っこつかんでも『こんにちは!』って言っちゃうよ。」
と言われた。
それはまったく、大人として正しいふるまいだよねえ。
教育的に正しい。
地域全体で子供を育てるという理念に適ってる。

ただ……私って、どうしても“子供側”になってしまうクセがあるのですよねえ。
友だちといっしょにいて、近所のおばさん(=私)や塾の先生(=私)に、小さいころのように朗らかに挨拶するなんて、メンドクセー。かっこわりー。というよりもまず、オトナうぜー。
そういう、子供が成長していく途中に多かれ少なかれ誰でも感じる、「オトナを忌避する態度」のほうに、同調してしまうのね。

大人は大人らしく、毅然として、模範を示さないといけない。
それがうまくできず、安直に子供の気持ちになってしまうのが私の悪いとこだなーと、わかってる。

by apakaba | 2011-11-01 20:56 | 生活の話題 | Comments(4)
Commented by minmei316 at 2011-11-02 18:39
お客様からよく聞く話ですが、道で偶然息子にあったので
声をかけたのだけど無視されて
それどころか、家に帰って「声かけんな!」って怒られた・・・
のだそうです・・・
恥ずかしいお年頃なんでしょうね~
いいんじゃないですかぁ 目で合図する程度で・・・ わかりあえれば・・・
Commented by apakaba at 2011-11-02 18:52
私は自分の子供に道で会うと、顔を見ながら通り過ぎますね。
でもバカ長男は50メートルくらい先からすでにすごい笑顔満面で向かってきます。
彼は恥ずかしいとか感じないみたい。(もうすぐハタチです)
Commented by ぴよ at 2011-11-02 23:05 x
共同住宅(マンション)住まいなので、朝夕によく子供達に出会います。
うちのマンションに住んでる子供達は小学生から高校生まで皆さんとても躾のいいご家庭ばかりで、目が合おうが合わなかろうが、すれ違う時には必ず挨拶してくれます。

私は誰彼なくすれ違い様は挨拶の言葉を言って会釈するタイプなんですが、私が挨拶しても無視するのは子供達よりもむしろ団塊世代のおっさん達ですね。
正直言って、団塊の世代の方々って親が戦後復興で子供のしつけどころじゃない時代だった?事もあって、結構人間として基本的な事が(挨拶とか常識的マナーとか)なってない人が結構いると思いませんか!?
Commented by apakaba at 2011-11-02 23:08
ワハハー小中学生のことよりも団塊世代弾劾しろと。
すごい鋭さ!
混んでいる電車内でのマナーの悪さもね。
若者(一部の女子中高生をのぞいて)よりもまずはおっさんですね!


<< 軽井沢千住博美術館      iPhone撮影 >>