あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 29日

今すぐどこででも働ける

「アキタコマチ」が高校の修学旅行から帰ってきた。
行き先は金沢と大阪。
金沢21世紀美術館の建築には感銘を受けていたらしい。
行ったことがないのでうらやましい!来年あたり行くぞ〜。

金沢で、和菓子作り体験教室に参加したという。

c0042704_730148.jpg


c0042704_7303671.jpg


c0042704_7305649.jpg


c0042704_7311858.jpg


……、キミ、いつ転職しても大丈夫ね。
いやそもそも彼はまだ一度も就職していなかったか。

見てわかるとおり、一つめの茶巾絞りのような形のお菓子は一番簡単。
二つめのぽろぽろした緑色のは、餡をごく粗い目のざるみたいなものに押しつけてぽろぽろにするのだな。
ここまではわかったが、三つめの花びらみたいなのは?
「小さいはさみでひたすら切って作る」
……私には、無理でーす。
そして四つめのサカナの形は、「アキタコマチ」の高校の生徒がデザインした作品だという。
型抜きじゃなくて、手作業でウロコとかも全部作ったんだって!
「アキタコマチ」の高校は普通科ではなく、ものづくりを専門に勉強する学校なので、天才的に器用な子が山ほどいるのだ。
だからこのお菓子だけ見ていると「うちの息子って天才?」と思ってしまうが、
「オレのなんてぜんぜんたいしたことなくて、この花びらちょきちょきするお菓子を、オレの2倍くらいの細かさで切っちゃうヤツもいるんだよ。
オレのはそんなに自慢できるレベルじゃないんだ。」
と言う。
自分よりよほど才能のある子に囲まれていると、天狗になりがちな性格の息子もこのとおり、謙虚になります!

いや〜でも私は、このお菓子を見たとき天狗になったねえ。
生まれて初めて作ってこんなにきれいに仕上げるんだから、和菓子屋に就職してもばっちりだなあ……有名老舗和菓子店なんてカッコいいなあ……などと夢想した。

by apakaba | 2011-11-29 07:56 | 子供 | Comments(3)
Commented by saheizi-inokori at 2011-11-29 11:18
凄いですねぇ。憧れます。
Commented by minmei316 at 2011-11-29 11:35
あ、アキタコマチくん和菓子作り体験したのね!
菊の花キレイ!
じつはわたしもこれ、一度体験したいと思っているのですが
わたしが知っている教室は土日なのですよね・・・(無理)

apakabaさんしばらく更新がなかったので心配しておりましたが
旅行されている事ツイッターで知りました^^
フォローもさせていただいたんですが、それをどうやってお知らせすればいいのか、今一扱いがわからなくてね(汗)え?リツイートと返信の違いってなんだ??て感じやし・・・どうやらブログの感覚とは、ちと違うみたいですね・・・

Commented by apakaba at 2011-11-29 12:37
和菓子。
saheiziさん、天の采配ってあるんだな……と思います。
長男は勉強は人並みにできますがこういうことは幼稚園児以下です。
次男は勉強はからっきしですが勉強以外はなんでも上手です。
社会で生き抜くことができればどっちでもいいんですよね。

minmeiさん、おひさしぶりになってしまいました。
帰国後そちらのブログはすぐ読んでいたんですけど!
minmeiさんのご家族なら、みんな芸術的センスあるし手先も器用(そしてはさみ使うのはプロ)だから、菊の花も細かい花びらになりそう〜!

twitterは、私は楽しく使っているけど、アカウントとっただけでなんにも見てないという人もいっぱいいるわ。
あれはブログとはぜんぜん別物のツールですねえー。


<< 共感覚      大阪は、遠くにありておもふもの... >>