あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 16日

「コシヒカリ」の京都旅計画

きのう(旅を志向する)の続報。

「コシヒカリ」はやっぱり一刻も早く京都に行きたいらしい。
司馬遼太郎の『燃えよ剣』をかたときも手放さないし、TSUTAYAで三谷幸喜の『新選組!』を借りてきては「山南さん、もうすぐ切腹……(堺雅人ですね)」とかつぶやいている。

「とりあえず、近所の新選組ゆかりの地といったら、調布とか高幡不動とかじゃない?(高幡不動には私も数年前に行って、おもいがけず日本最古の歓喜天像を発見して感激した。そのときの記事はこちら。世界陸上のセメンヤ選手のことにも触れている。すっかり忘れてた)」
「うん、それは近くだから来月くらいに行ってみる。で、京都は、一人旅と思ってたんだけど、そうなると中学生じゃ泊めてもらえないし、高校生とか大学生になるまで待たないといけないのがなあ……。」
「アキタコマチ」が「日帰りでもがんばればけっこうまわれるよ。それなら中学生でも大丈夫」とアドバイスするが、娘は
「やっぱり日帰りじゃなくて泊まりたい。浴衣を着て布団で寝たい。」
という希望があるらしく。

「コシヒカリ」 :うーん、おかーさんなら、いっしょに行ってもいいよ。
私 :なんなのその言い方は。
コ :この前、台湾に行って、おかーさんとはけっこう意気投合するとわかったし。
私 :そ、そうなの、でもあのーそれは、私があなたに、とっても合わせてあげていたからなんですが。
コ :えっそうだったの。
私 :朝いつまでも寝てるとか。イカばかり食べるとか。観光も、一人ならもっとあちこち回りたかったけどあんたがもういいと言えばやめてたし。
コ :そうだったのかー。でも一人旅だとだいぶ先になっちゃうから、できればおかーさんと行きたいな。わたしが旅のお金は出してあげるから(現在、新選組に夢中で猛然と貯金中)。
私 :えっほんと。だったら行こうかなー!うれしいな!
コ :京都に行って泊まったら、いくらくらいかかるんだろう。50万くらいかかるの?
私 :えええっ。それは……豪華温泉旅館に泊まって芸妓さんをお座敷にあげるとか。それくらいしないと使いきれないと思うよ……
コ :そうなんだー。じゃあ大丈夫。お年玉があるからおかーさんを連れて行きますねわたしが。

3月に私を京都へ連れて行ってくれるのだそうだ。

by apakaba | 2012-01-16 22:45 | 子供 | Comments(15)
Commented by ogawa at 2012-01-16 23:21 x
コシヒカリちゃん、京都へいっらしゃい。
コシヒカリちゃんのこづかいでも泊まれるような宿を安く手配しますよ。
一人で来るならウチに泊まっても良いですよ。

行き先は河原町三条の池田屋跡でしょうか、それと「錦湯」かな?
Commented by apakaba at 2012-01-16 23:36
ありがとうございます。
ogawaさんちに泊まると、お姉さんのマンガを読み倒して観光しないで過ごしそう!
でも私はすっかりその気になっていたのですが!(お年玉の旅)

池田屋はどうもマストみたいです。
ああ、錦湯のことを忘れていました。
あそこはモノスゴク興奮しそうです。
Commented by Morikon at 2012-01-17 01:08 x
こちらでは御無沙汰でぇす。

「モリコンさんの祖母方の先祖が
土方歳三と交流があった(らしい)」と
軽く自慢しといて下さい(笑)

コシヒカリちゃんが三十三間堂や伏見稲荷を未訪問なら、
ぜひ行ってほしいですね。
THE異空間!ですから、きっと何か感じてもらえるでしょう。
Commented by apakaba at 2012-01-17 06:47
Morikonさん、うわーこちらではお久しぶり。
新選組はこっち方面がお膝元だもんね。
「土方さん(山本耕史)もカッコいいけど、やっぱり山南さん(堺雅人)」だそうです。
カッコいい出演者がいっぱいで女子ゴコロ満喫ドラマみたいね。
(香取慎吾には一言も言及しませんが!)

三十三間堂は、私も京都で一つだけ好きなところを挙げろと言われたら、迷わずここです。というくらい、好きですね。
伏見稲荷もおもしろいですね。
娘が旅をプレゼントするという驚きの申し出のおかげで、まったく忘れてた。
どうもありがとう。
Commented by たまんちゅ at 2012-01-17 07:52 x
お母さんをお年玉で京都に連れていってあげるなんて、なんとも頼もしい娘さんですね(^_^)
大河ドラマの新選組、わたしもハマってました。DVDコレクターズBOXも買いました!そして同じく山南さんのファンです。切腹シーンは悲しすぎてもぅ見れません(T_T)大河で盛り上がってる頃、新選組のツアーに参加しました。太秦映画村の役者さんが沖田総司になって河原町~先斗町界隈のゆかりの地を案内してくれました。もちろん私達お客様はだんだら模様の法被を着て。道ゆく一般人は何この人達?という奇怪な目で見られましたよ(笑)最後には不貞浪士が現れ、河原町の河川敷で決闘!私も刀で浪士をバッサリ(^_^)すごい面白いツアーでしたが今はもうやってないでしょうね。そうそう、年末に伏見の寺田屋に行きました。あの辺も楽しかったです。ちなみに黄桜カッパカントリーがあるのでお母さんはそこで呑めますよ(^_−)−☆
Commented by apakaba at 2012-01-17 08:58
たまんちゅさん、す。ご。い!
そんなノリノリツアーがあったなんて!
朝から笑ってアゴ外れそうです!

そしてやっぱり女子なら山南さんなんでしょうか!
まー私も堺雅人は大好きですけど。
娘のTSUTAYAレンタルでは切腹シーンが近づいてきているようで、だんだんブルーになっています。
「早く見たい、でも見たくない。山南さんが切腹しちゃったら、もうあと見る気がなくなるかも」とか。
なんか今の大河に較べて、出演者がゴーカですね。
堺雅人、山本耕史、藤原竜也、伊原剛志、佐藤浩市その他、みんなで香取慎吾をカバー、でしょうか!

『新選組!』を見終わったら今度は『龍馬伝』に行って、幕末を別方向から見るらしいです。
そしたら司馬もいよいよ『龍馬がゆく』か!
長編読めるかなあ。

寺田屋は私も龍馬伝のころに行きました。
龍馬像が福山みたいにハンサムじゃないのでガックリしましたね。
キザクラにも寄ったような。
娘とまた行くのかもしれないな。
『龍馬伝』では近藤勇の原田泰造が感じ悪くてナイスでしたね。
Commented by kaneniwa at 2012-01-17 10:32
すでにチェック済みかもしれませんが、
二重の意味で西本願寺をご訪問されることを
おすすめします。

ひとつには太鼓楼という慶応元年以来の
新撰組の屯所があるということで、
もうひとつは司馬遼太郎氏の文筆活動の最初が
新聞記者であることはよく知られていますが
担当は宗教記者であり、
若い頃の司馬氏は常に
東本願寺、西本願寺の宗教記者クラブで
記事を執筆されていたということからです。

18年前、司馬さんに東京の東本願寺真宗会館での
講演依頼の手紙を書いたことがあるのですが、
体調不良のため丁重なお断りのお返事をいただきました。
(その手紙は深々と頭を下げて頼むから俺にくれ、と言った
 司馬史観命の先輩のところにあります)
ボールペンで書いたご依頼状に対して
太字の万年筆での丁寧なご返答に
何だか気まずくなった思い出があります。

BYマーヒー


Commented by Morikon at 2012-01-17 11:49 x
「新撰組!」は仕事の参考で部分的に見ましたが、
やっぱり目を引いたのは山南でしたね、
堺雅人がブレイクしたのも分かります。
「人殺し&内ゲバ集団」の中で、比較的
人間性を感じられる人物だから、かもしれませんけど。

もう一つ新撰組ネタ。
前に話したかもしれませんが、義弟が真言宗の僧侶で、
流山の寺に婿入りしたんですが、
そこはかつて新撰組ご一行が泊ったとのこと、
こちらは「らしい」でなく史実。
残念ながら、宿泊したのは隊長格でなく
下っ端だと聞きましたが。

コシヒカリちゃんには、いつか司馬さんの「峠」を
読んでもらいたいですね~。
幕末の偉人で、私が一番好きなのが河井継之助です。
Commented by ぴよ at 2012-01-17 19:36 x
わ~。
昨年秋に、実に小学校の修学旅行以来、30数年振りに(キャー
三十三間堂に行って、凄く感動したんですよ。
子供の頃の記憶って本当に曖昧だなぁ~と思ったわ。
是非コシヒカリちゃんと行ってあげてね!

どうせお泊まりするなら「町家」に泊まったら?
Morikonさんが御家族で泊まった事があったハズ。
私は近いので京都へはいつも日帰りだけど、もしお泊まりするなら
町家がいいなーと前々から思ってたの。
Commented by Morikon at 2012-01-17 22:11 x
ぴよさんが書いてるのはココね。
http://kaikoan.jp/
参考まで♪

Commented by apakaba at 2012-01-18 09:34
マーヒーさん、「コシヒカリ」はすでに西本願寺には行く決意をしていました。
なにしろいまやマニアなのです。
マーヒーさんが司馬遼太郎宛の手紙を書いていたとは知りませんでした。
最新号の雑誌『大阪人』ではいい特集をやっているらしいですよ!
また大阪に行って司馬遼太郎記念館に行きたいなあー。
Commented by apakaba at 2012-01-18 09:40
Morikonさん、ドラマはゆうべとうとう切腹シーンになってしまい、「コシヒカリ」はそのあとず〜っと泣きつづけ、ごはんでもお風呂でも泣きつづけて今朝は目が腫れていました。
トホホ。乙女だね。

『峠』というのは私は知りませんでした、というより、何度も白状している通り(何度も白状?)、私ってば司馬遼太郎を一冊も読んだことがないの!
一冊も!
夫と長男はほぼ読破しているし次男もそろそろ読むとか言っているから、とうとう私一人がおいてけぼりだ。

義弟さんは真言宗でしたか。
カコイイ。
Commented by apakaba at 2012-01-18 09:47
ぴよさん、今回は「新選組を追っかける」というテーマがばっちり決まっているので、三十三間堂には寄れない可能性大です。
私は日本史モノに大変弱いので、隊士の名前や地名を言われてもなにがなんだか……これを機に、私も話についていけるくらいは勉強しようかなと。

きのうから、ずーーーーーーっと宿を検索してクタクタ。
京都の宿って年間通して混んでいるからねえ。
Morikonさんのリンクを見てみたけど、すっごくステキ!
しかし二人では、ちょっと元が取れないよね。
町家を改装したゲストハウスなんかをねらっています。
一人だと、つい交通至便・観光至便なビジホ系に流れてしまうのだけど、娘が「和風がいい」というので、それを優先して当たっています。
個性のないホテルはイヤなんだって。
ワガママ娘だ。
連れて行ってくれるというのでがんばって調べますが!
Commented by kaneniwa at 2012-01-18 15:35
池田屋跡についてですが、このポイントは
「池田屋騒動之址」の石碑(そんなに大きくない)だけが変わって
いないのですが、かつてその池田屋跡にはテナントビルが
ありましたが、やがてそこはパチンコ屋になり、かつて斬り合いも
あったその場所で私もパチンコの勝負を何度かしました。
その後、4年ぐらい前にその場はカフェになっていました。
そして3年ぐらい前には「海鮮茶屋・池田屋」となっていました。
そして1年半ぐらい前にすぐ隣に
「インド料理シャルマ河原町三条店」
(こちらも元はパチンコ店の敷地で池田屋跡です)
というのもができています。
池田屋跡でインド料理の昼食というのも一考です。

BYマーヒー
Commented by apakaba at 2012-01-19 23:10
マーヒーさん、インドカレー行きたいです!
京都はインドカレー店がやたら多いですけどね。
旅のことを考え始めるとなにも手に付きません。


<< ポンガル@国分寺カフェスロー      旅を志向する >>