2012年 03月 24日

小学校の卒業式へ

今日は、小学校の卒業式に行ってきた。
これも中学のPTA役員の仕事のひとつで、“近隣の学校からの来賓”として出席する。

自分の子供3人が卒業し、私の塾の生徒もたくさん在籍している小学校である。
今日の卒業生の学年は、とくに私の生徒が多い学年である。
私はこの3月いっぱいで、自宅で塾をやる仕事をやめる。
これで彼らも卒業、私も卒業、卒業式には親として、アンド来賓として何度も出席しているが、ひときわ感慨深い。

つい半日前のきのうの夕方、うちで最後の勉強をしていった子が、一晩で別人のように、かっこよく、美しく、立派になっている。
いろいろな理由でうちを途中でやめていった子を、1年ぶり、2年ぶり、3年ぶりに見る。
女の子らしくなったねえ。
背が伸びたねえ。
あれ、キミはあまり変わらないねえ……

先生方のご指導の賜物で、合唱や呼びかけは滞りなく進んだ。
先週は中学の卒業式に来賓として出たばかりだが、中学生の女子はグシャグシャに泣くのに、今日の小学生は、泣かないんだな。
小学校の卒業式で泣くのは親なのだ。
私もだいぶ泣いたが、親ならともかく、来賓席で度外れに泣いている人というのは客観的に見て不気味である。
「あの人たしか中学のPTA役員でしょ?なんであんなに大泣きしてるの?親や担任でもあるまいし。」
と不審に思われそうだ。
うん。おっしゃるとおり、ヘンですよ。
でも私は、ただの近隣の代表じゃないんだ。
親でも担任の先生でもないけど、半分親みたいで、半分担任みたいな気分なんだよ。
毎週2回ずつ、自宅に上がって至近距離で接していれば、へたな親戚よりよほど近しい。
君らは、いるだけで泣ける。

校長先生が、「君たちは、未来からの使者です」とおっしゃっていたけれど、私は、この国の未来を怖がっている憶病者だ。
でも、彼らが大きくなるまでは、こっちががんばらないとなあ……
はにかんでついつい笑ったり、生真面目そうな表情を作ったり、ステージから降りてほっとして放心している子たちの顔を見ていると、真剣にそう思う。

c0042704_2333186.jpg


で、とりあえず日本の文化継承だよ!
今日は付け下げ。
前回(着物を着るとこういうこともあるのだ)よりはマシに着ることができた。
雨コートを脱いだばかりで少し帯がくしゃくしゃしてますが。
しかしまだまだ、すべて一人で着るには長い道のり。
午後からも、ウールの普段着で練習。

c0042704_2336493.jpg


羽織もついているアンサンブルなのだけど、これも結婚以来今日初めて、しつけをとって袖を通した!
ちょっと私には、かわいすぎるかな。
これを仕立てた結婚当時はかわいかったのだが!

次回の“来賓”は、4月の中学入学式である。
そのときはさらにマシな着方になるようがんばる。

卒業生の皆さん、未来からの使者よ、おめでとう。
4月からおたがい、がんばろうね!

by apakaba | 2012-03-24 23:46 | 生活の話題 | Comments(6)
Commented by minmei316 at 2012-03-25 12:59
なんやかんや言ってもやはり
着物姿は目の保養になりますね
素敵ですよ
贅沢を言えば全身のお姿が見たいです(どんどん欲が・・・汗)
練習を重ねれば、とにかく数をこなせば
絶対上手に着れるようになると思います 頑張ってください^^
お着物いろいろお持ちで羨ましいデス
アンサンブルも帯を変えたら着れそうな気もしますが・・・
ま、それも全身で見ないとわからないですね

とにかく頑張ってください
そして例のおばさんに褒めてもらいましょう

未来からの使者   
ほんとそうだね  なんだか希望の光が見えた感じ
こんど娘に、「未来からの使者よ!」て呼んでみよう!
Commented by apakaba at 2012-03-25 15:48
minmeiさん、ありがとうありがとう!
外国人の保護者のかたは、「ワーオ!」と言って私の着物を撮ってました。
民族衣装は強いですねー。

全身写真は毎回撮っているのだけど、なんかへんてこりんで、アップロードまでは長いロードです。
撮影者の腕が悪いのと、母の着付けがいまいちなのと、私のモデル力量がまずいのと、すべてが悪いような。
気分だけは着物雑誌のモデルさんなのだけど!(今日も一冊買ってきた!)

ふだんの生活でも子供に接し、たまに学校に行って山ほどの子供に接すると、「キミらほんと、未来はキミらががんばってくれ」と、本気で思うわ。
Commented by naja at 2012-03-25 20:33 x
お久し振りにこちらにコメントさせてもらいます♪
昨日はお顔見えたのに挨拶に行くことも出来ずに残念;;
そしてどの卒業生の保護者よりも感慨深い立場で卒業生を見守っていただき感謝します!ありがとうございました(*- -)(*_ _)ペコリ

私ももう少し泣く子や泣く保護者いるのかと思っていたけど
意外なほどにみんなあっけらかんでしたねー。
今年の卒業生はお受験組がさほど多くは無かったのもあって
かなりのお気楽ムードでしたね。

私は不覚にも子供たちが歌った「仰げば尊し」でちょっとウルっと(´ぅω・`)
上娘の正装は保護者からは評判よかったんだけど
クラスメイトからは「空気嫁よ!」と言われたらしい^^;
みんな紺系統なのに1人白っぽいベージュだったからねー。
そしてある保護者パパからは「自衛官みたいでかっこいいな!」とww

>外国人の保護者のかたは、「ワーオ!」と言って私の着物を撮ってました。
これは上娘の友達家族ですww
式が終わってからイタリアから来ていたおじいちゃんが「着物は最高だ」と言ってましたよ(*´ω`*)
Commented by apakaba at 2012-03-26 08:30
najaさん、おひさしぶりアンドご令嬢のご卒業、おめでとうございました!
「仰げば尊し」復活は、ほんとによかったです。
校長先生たっての希望で復活したと西山先生に聞きました。
イマドキな卒業の歌よりも、やっぱり、あらためて聴くと、日本語の歌詞がほんとにすばらしいです!
あの難しい歌詞の意味が今はわからなくても、覚えさせられたことがいつかはよみがえってくるでしょう。
美しい日本語。よかったです……!

保護者最前列に並んでいた方々はイタリア人でしたか。
おじいちゃんが盛り上がってくれて、私もうれしかったです。
Commented by naja at 2012-03-27 07:17 x
「仰げば尊し」毎年歌ってるのかと思ってた!
卒業生は歌詞の意味勉強したと思うよ。
ちゃんと暗記できたか1人ずつチェックもしたみたい^^;
最近の合唱曲はメロディからして保護者には馴染みがないから
昔ながらのこういう曲の方が卒業式らしくていいよね。
イタリア人家族に「着物の方が喜んでた」と伝えておきましたw
おじいちゃんはイタリアに帰ったらビデオをみんなに見せると張り切ってました♪
Commented by apakaba at 2012-03-27 08:15
「仰げば尊し」は、もうずっと歌われていませんでした。
少なくとも、うちの長男のいた10年くらい前からは、一度も聴いたことないな。
だからすごく感慨深かったです。
校長、やるじゃん!と思ったわ。

私はなるべく着物を着ようと思っていて、練習したりしてます。
入学式にも着るよ〜大雨でもなければ!


<< 退職!      着付け練習中 >>