2012年 04月 25日

地震と、こわれもの

イームズ サイドシェルチェアが、届きましたー!

c0042704_16163144.jpg


とりあえずコーシローを無理に載せてみたが、怖がっているばかり。

c0042704_16204260.jpg


5人家族なので5脚。
梱包を解いた和室でそのまま撮ったため、なんだか不似合いだなあ。

c0042704_16212271.jpg


脚の部分がカッコいいでしょう!
今の木の椅子は、コーシローがひとりになるときに寂しがってかじってしまい、ぼろぼろになったので、今度はかじっても大丈夫なスチール製にしたのだ。

c0042704_19375254.jpg


そのほかに、最近買った物。
電球の形をした花瓶と、ポップなタマゴ立て。エッグスタンドというのよね。
両方とも椅子を見に行ったときに、コンランショップで買った。
背景には、W・ユージン・スミス展(レビューこちら→真・善・美への問い)で衝動買いしたボブ・ディランのポートレイト。
なんかいきなりシャレた部屋になってきたわ。

なぜ、あれこれ買うことにしたか。
震災以降、私は基本的にブルーだ。
無常を感じちゃってる。
今朝だって5:22に地震で起きた。
震災以前を思えば、四六時中揺れているといってもいいくらいの、東京以北だ。
そこへもってきて、東京直下地震の被害想定見直し。
あれで決定的に、無常気分になった。
服もまったくほしくなくなったし、新しくモノを所有しようという意欲が、完全になくなってしまった。
どうせ地震が来たらだめになっちゃうのに。
とくに割れ物なんかサイアクよ。

でも、なんて言ったらいいんだろう?
そんなふうに、無常感とともに、ボロい椅子で気持ちの明るくなる小物ひとつ飾らずに、いったい何年暮らしたらいいの。
もしかしたら明日、東京直下は来るかもしれない。
今朝は震度3だったけど、明日の朝は震度7になるかもしれない。
でも私が年をとって順当に寿命が尽きるまで、その日は来ないのかもしれない。
だったら割れ物も買おう。
ちょっと値の張るすてきな椅子に座っておいしいごはんを食べるほうが、よっぽど幸せじゃないの。
たとえ、この椅子が、地震で2階が落ちてきてつぶれてしまったとしても。

というわけで、私も少しモノを買うことにした。
泣いてばかりいたって、幸せは来ないから。
重いコート脱いで、出かけませんか。

by apakaba | 2012-04-25 22:17 | 生活の話題 | Comments(2)
Commented by minmei316 at 2012-04-26 10:10
先々暗いことばかり考えていてもしょうがないもんね。
買っちゃえ買っちゃえ~!
金沢に移り住んでから10年以上が経ちましたが、ここは地震が殆どありません。その13・4年の間でもちゃんとした揺れを感じたのは2・3度程度です。ですからそちらと此処では若干の温度差を感じます。こちらの人たちには、震災がよその国で起こったような感覚ではないでしょうか・・・。
幸四郎君^^ 耳がすこしばかり下がっています^^
前にコシヒカリちゃんに持ち帰ったすっぽんの頭蓋骨は幸四郎君が食べちゃったのですね^^今度は気をつけないとね^^
Commented by apakaba at 2012-04-26 21:03
minmeiさんにとっては東日本大震災は生涯で一番のできごとのはずなのに、今住んでいるところでは他人事めいている……やっぱり、日本ってせまいようで広いのですね。
私も、震災以降、何度か関西に遊びに行ったけど、やっぱりものすごく他人事な雰囲気がして、こっちは首都圏ニュースや大きい駅の画面で毎日「本日の放射線量」を流しているのに、ちがう国みたいだと感じます。
その他人事な感覚が、気晴らしにはちょうどいいのだけど、やはり分断された感覚を覚えます。
小さいとはいえ、ものすごい回数、揺れてるからねえ。

東京直下予想には心底ガックリしました。
夫は品川に勤めているのだけど、品川も津波の最危険地域になってるし。
でもとにかく、一日一日を楽しく暮らしたいとしかいいようがないですわ!

コーシローは超雑食系なので油断できません!


<< またまたiPhone写真で      娘の行きたい京都へ行く 2.娘... >>