あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 06日

モテオーラがある?

c0042704_14375659.jpg


先週、「コシヒカリ」の中学で運動会があり、私も少し見に行った。
運動会は望遠レンズをつけていないとキツイので、カメラマンに「アキタコマチ」を連れていった。
この学校の卒業生である「アキタコマチ」は、知っている先生に挨拶をすると、妹のことはもちろん、知っている子も知らない子のことも次々に撮影している。
液晶画面で確認すると、ずいぶんうまい。
オトナと子供の中間の、中学生らしい表情を、逃さずとらえている。
よそのお子さんの顔をここに公開することができないのが残念だが、うまいので驚いた。

「コシヒカリ」の友達は、「あれがお兄ちゃんなの?イケメン!」と大騒ぎ。
奥さんたちも「お兄ちゃんカッコいいのねー!」と驚き、「アキタコマチ」は「(おたくのお子さん)けっこうよく撮れてますよ。」と、その場で液晶画面を見せてはまた喜ばれている。
「カメラ構えてるお兄ちゃんがステキ!写真撮っちゃおう!」と、自分の息子そっちのけで「アキタコマチ」を撮ろうとしている奥さんもいた。

数日すると、「コシヒカリ」が
「学校の廊下に、校長先生や学校の写真屋さんが撮った写真が貼り出されたけど、『アキタコマチ』お兄ちゃんが撮ったほうが、ずっとうまいの。○○(娘の友達)なんか、ゴールテープを切るところ、すっごい変な顔が貼られちゃってかわいそう。『アキタコマチ』お兄ちゃんが撮ったのはかっこよくてかわいかったのに。」
と文句を言っている。
「アキタコマチ」はそれを聞くと、ちゃっちゃと部屋でプリントアウトして、
「これを学校に持っていきな。友達用と、学校用。友達用はみんなに配って、学校用は校長先生に持っていって、どこかに貼ってもらって。オレの撮ったほうがうまいって、見ればわかるから、生徒だって喜ぶよ。」

うちには3人の男がいるが、どっちかというと夫と長男のほうが、次男より外見はいい。
身長・顔・プロポーションで見ても、3人の中では見劣りがすると思うのだが、圧倒的に二人より彼はモテる。
男は外見じゃない。
あれは、モテオーラなんだよね。

最近、私は“この人、モテオーラある”“この人モテオーラない”と、人のことをついつい分類してしまう。
モテオーラは言葉では説明しづらいのだが、うちの夫と長男には、ない(かといって“非モテオーラ”ほどでもないが)。
「『アキタコマチ』は運動会のとき、すごかったよ。きゃーきゃー言われて。あなたはモテオーラないけど、誰に似たんだろうね。」
と夫に言うと、
「あいつなあー。おたくのお父さんじゃないの?」

お父さんというのは、私が子供のころに死んだ父のことだ。
父にモテオーラがあったのか確認する術はないが、なんとなく、「そうかも」と思う。
チビデブハゲの男の三重苦などものともせず、モテまくっていたのかもしれない。
調子がよく、口が達者で女性にやさしい。
いろんな話題を、よどみなくしゃべって人をそらさない。
ああ、似てるんだわ。
「アキタコマチ」は会ったことがなく、それどころか私も記憶があいまいなくらいの父の、モテオーラの血なんだ。
しかも異性からばかりでなく、同性からも好かれる。
父は先輩から愛され、部下に慕われていた。
近所のパパたちもみんな「アキタコマチ」が好き。
運動会のときも、近所のパパは私とはとおりいっぺんの挨拶しかしないのに、息子は「いよう!デカクなったなあ!俺抜かされちゃうよ!」などと、声をかけてもらっていた。

こういう奴はどこへ行っても人から目をかけてもらえるし、助けてもらえる。
だから勉強ができないけどあんまり将来を心配してない。

by apakaba | 2012-06-06 15:34 | 子供 | Comments(0)


<< キラキラネーム      “南の楽園”はいくつあったの ... >>