あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 23日

生まれ変わっても結婚してくれ

c0042704_1317599.jpg
手前にある円形の植え込みが、早稲田大学16号館名物「ロータリー」。

「ねえ見て!」とこの写真を見せて、「おおっ、ついにか!」と即答してくれる人は、いま身の回りにいる人では夫だけでしょう。

これは夫と私が卒業した大学の学部校舎です。
キャンパス内の校舎が次々と建て替えをしていくなかで、ぽつんと最後まで往時の姿で取り残されていた我々の学部校舎が、とうとう改築(新築でないところが無念)に着手したようです。
胃腸炎で倒れる前、用事があって大学に出かけたときにこのありさまを見てびっくりしました。
大学の近辺に来ることはたまにあっても、この校舎に来るのは20年ぶりくらいでした。
学生時代によく入った食堂が軒並みなくなっていたことに年月を感じ、広場のロータリーだけは昔と同じであったことにほっとしたり、学部生用の掲示板を眺めたり(自分宛の掲示があるわけもないのに)、ロータリーを学生だったころの自分や夫が歩いているような気持ちにもなりました。
夫も写真を見て「ロータリーだけは、そのままか……。」と笑いながらつぶやいていました。

あのころも夫はいい人だったけれど、今はもっといい人になりました。

昔より、几帳面さに磨きがかかってきました。
私が旅行に行ったり飲みに出かけたりして、自分が留守番しているときは、かならずどこかをきれいにしておいてくれます。
台所の換気扇のフードが磨いてあったり。
ガス台が磨いてあったり。
一回出かけるごとに一箇所きれいになっているのですよ。
すごくないですか。

私は家事能力がきわめて低い上に細かいことが気にならないタイプで、夫にはそれががまんできないようです。
若いころは、私が家事を完璧にこなしていないのに遊びに行くことを怒っていました。
でも、いつからか怒るよりもさっさと自分がやってしまう方針に変更したようで、今はもう、私が遊んで帰ってきてもとくに機嫌も損ねていないしどこかがきれいになっているしで、私にとっていいことばかりです。
こんなふうに、少しずつきれいにされるほうが、帰宅したときぷんぷん怒っているよりよほど無言の圧力になります。
夫は教員なので、日頃から
「口で注意するだけじゃ子供は動かない。自分から行動で見本を示さないとだめだ。それを見て人は動く」
と言っています。
私って、デキの悪い生徒と同じなのね!

先日の急性胃腸炎で何日も寝込んでしまったあとは、目も醒めるような整理整頓がされていました。
台所の戸棚という戸棚がすべて片づいていました。
頭の上の吊り戸棚も、調味料が立ててある重い棚も、食べかけの袋菓子が突っ込んである戸棚も、スプーンやフォークや箸の抽斗も、美しくレイアウトし直してありました。
私も無能すぎるけど夫も有能すぎるような?

校舎前のロータリーで
「よう。これから帰り?メシ食ってかない?生姜焼き食いたいんだよ。」
と私に話しかけていたあの人が、スプーンの向きをそろえて片づける人になっていくのだから、まったく感慨深いものです。
私は夫に一生頭が上がりません。
生まれ変わっても結婚してほしいです。
でも夫のほうはもうこりごりだと思います。

by apakaba | 2012-09-23 15:47 | 生活の話題 | Comments(14)
Commented by minmei316 at 2012-09-23 16:45
愛していらっしゃるのね。
持ちつ持たれつでバランスよくなっているのだと思います。
どちらもキッチリさん同士だと
これはこれでまた違うところで衝突があるのです。
だから丁度良いのだとわたしは思いますよ~ん。

胃腸炎大変でしたね。
何となく悟ってはいました。
しばらく音沙汰がなかったので、これは旅行かもしくは
下痢かなんかで体調を壊されたのでは・・・と。
お元気になられてなによりです。
Commented by kaneniwa at 2012-09-23 16:45
このロータリーの周りにたむろしていて
今はロータリークラブのメンバーという人も
少ないないのだろうなぁ。

私も、
生まれ変わってもシャラポア(妻・日本人)と
結婚したいと思います。
てゆーか、シャラポアでないと私の妻は
すぐに出ていってしまう気がします。

BYマーヒー
Commented by apakaba at 2012-09-23 17:12
minmeiさん、性格が正反対です。
夫はけっこうきっちりしていて短気です。
私はいいかげんで、気が長いです。
私は夫のきっちりしたところを尊敬しているけど夫は私のことを「豪胆だ」と言います。

実は冷房のせいか、夏の間中ずっと下痢してました。
お腹が弱いってやーね。
Commented by apakaba at 2012-09-23 17:15
マーヒーさん、少ないないって、少なくないと言いたい?
このロータリーは、16号館の人間は決して避けて通れない(当たり前だ)場所でして、ここでは数えきれない青春のドラマが生まれていたのです。
いちいち書くときりがないので書きませんが!
学生時代のすべての愛憎が詰まった場所です。

シャラポアさんと、生まれ変わっても出会えますように。
出会えればもうしめたものです!
Commented by 喜楽院 at 2012-09-23 18:10 x
早稲田のキャンパスには1980年前後の、
早朝と深夜に、それぞれ一度ずつ、計二回、
足を踏み入れたことがあるだけです。
何の目的があってそんな時間に、
徘徊していたものなのか、今では全く思い出せません。
Commented by メリー at 2012-09-23 18:11 x
いやーん、もぉ、これ以上のノロケはないんぢゃないの~?っていう文章やんね~ヽ(^。^)ノ

私も、まわりはきちんとしているイメージに見えるらしいけど、片づけるのは、思いっきり苦手。
夫はそれをとやかくいいませんが、絶対に手伝いもしません。。。
遊びに出るたびに、家の中がきれいになっているなんて、、、
イイにゃー、、 でも確かに、無言の圧力は感じるかもな。
Commented by apakaba at 2012-09-23 18:34
喜楽院さん、なんか、アハハ、おもしろい。
そういうのも時代ですねー。
夜中にいろんなところに意味もなく忍び込むの、私もよくやってました。
それも青春の暴走ですねえ。
なんであんなことをしてたんだろう。
Commented by apakaba at 2012-09-23 18:36
メリーさん、これものろけなのか?そうなのか!
けっこう、これも怖いものよ〜。
それで自分もせっせとガス台磨いたりして「磨いた磨いた。きれいになった」とか必死でアピールしたり。←まんまと、教育的効果が出ているダメな生徒
Commented by Amano at 2012-09-23 18:56 x
ハイッ!! ごちそうさまでした・・・(^_^)v
Commented by apakaba at 2012-09-23 19:05
え、そうなのか?!
Commented by 那由他 at 2012-09-23 22:53 x
タイトルを見て、ご主人が「生まれ変わっても結婚してくれ」と仰ったのだと思って読み進んで、最後で、眞紀さんのお言葉だとわかり…
相思相愛…あてられちゃった<(; ^ ー^)
Commented by apakaba at 2012-09-23 23:15
そうなの?
そうなのか?
Commented by kaneniwa at 2012-09-24 08:54
少なくない、と書きたかった、
という気持ちが少なくないと言いすぎても過言ではない


BYマーヒー
Commented by apakaba at 2012-09-24 17:02
その気持ちはわからなくもないアルよ


<< ひらがな、どう感じる?      貧血・初めての体験 >>