あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2012年 12月 25日

ドッチデモイインダヨと言われるクリスマス

c0042704_21114386.jpg


“メリークリスマス!”
小さい人から声をかけられた、と思ったのはもちろん空耳だ。
石の地蔵さんだ。
地蔵さんが“メリークリスマス!”はヘンだな……行きかけて戻ってみると、おもちゃのロザリオを首にかけているのだった。
通り過ぎながら目の端で十字架の光を捉えていたのだ。

まわりをぐるぐる回ってみた。
まさか地蔵さんじゃなくて、キリスト教の修行僧か?
風にひるがえる袈裟は、キリスト教の法衣にも見える。
でも胸の前に笠を持っているし、やはり地蔵さんか?

“ドッチデモイインダヨ!”
「うん、そうかもね。どっちでもいいね。メリークリスマス。」
“メリークリスマス!”

c0042704_21244832.jpg


なぜ顔を失ったのだろう。
顔だったはずの石の面を見つめて考えていた。
「もしかしたら、最初からこうだったのかもしれない」
割れたり、削られたりしたのではなくて、この欠落した部分を「顔」に見立ててつくられたのではないか、と思い至る。
「顔」は、正面ではなく右のほうを向いている。
まるで……永観堂の見返り阿弥陀じゃないか。首の向きが逆だけど。
そう思ったとたん、カタカナシャベリの小さい人のような地蔵さんの声は消え、「永観、遅し」と聞こえた気がした。

c0042704_21355799.jpg


ロザリオをかけた修行僧で見返り阿弥陀で顔なしの地蔵さんを、休憩時間のたびに見に行くようになった。
実は、きのうから四日間、私は一人である研修施設に泊まり込んでいる。
なんの研修なのかはいずれ改めて書くが(高価な壺を売るとかのあやしいコトでは決してありませんよ)、毎年この時期にはなんだかんだと律儀にごちそうを作って家族全員で盛り上がってきたのに、今年は初めて、こんなことになってしまった。
四日間、80人の知らない人に囲まれている。
孤独だ。
一人旅なら「孤独だ」なんて思いもしないのに、クリスマスシーズンに家族と離れているのはこうもつまらないのか。

c0042704_21461146.jpg


施設の食事はおいしい。
でもつまらない。
つまらない人には地蔵さんがしゃべってくれるんだな。

c0042704_2156431.jpg


明日からもがんばろう。

by apakaba | 2012-12-25 21:58 | 生活の話題 | Comments(4)
Commented by kajikko at 2012-12-25 22:21 x
クリスマスの時期に研修って珍しいね。どんな研修なんだろう。人生、色々、ありますね。
Commented by apakaba at 2012-12-25 22:55
資格なんだけど落ちたら恥ずかしいからまだナイショ。
大丈夫だったら教えるよ。
Commented by ぴよ at 2012-12-26 11:40 x
なんとまあ、クリスマスに宿泊で研修だなんて…お寂しいわね
それにしても随分と眺めの良い場所で研修してるわね。

楽しい研修所では勉強に身が入らなくなってしまうから
敢えてつまらない研修なのかもしれないわよ?^^;
何にしろ上手く行く事を祈ってます!
Commented by apakaba at 2012-12-27 18:15
ただいまー!
もうね、サナトリウムみたいな、へんぴで環境抜群な場所で、もし寒くなかったら広々した敷地内を朝と夕方お散歩したいようなところでした。
でも寒過ぎて結局部屋で縮こまってただけ。

もう終わったし、99.9%大丈夫っぽいから書くけど、教員免許更新講習というものです。
新しい制度で、10年ごとにこの30時間の講習を受けないと(もちろん有料。今回は通いで30000円、私のように宿泊込みだと60000円!)いけなくなったの。
管理職は受けなくていいから、うちの夫は受けなくていいんだよ!なんとまあ。


<< 年末のご挨拶      LIGHTING OBJECT... >>