あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 29日

“不登校”でも“引きこもり”でもなく

すでに幾度か各所に書いているとおり、次男の「アキタコマチ」が、数ヶ月前から胃腸の調子を崩している。

先月、大学病院に入院して、尿検査・採血・レントゲン・内視鏡・MRIなどおこなったが、胃壁に若干萎縮のあとが見られるものの、ポリープなどはなく、どの数値も正常値だった。

そんならもう明日からでも学校へ行かれるだろう?
と思っていたら大まちがいで、退院して一ヶ月たつのに、まだ一回も、始業時刻から登校できていない。
それどころか、だいたいは欠席して、家で苦しんでいる。
行けても一時間か二時間くらい。

これといった病因がないのに、吐き気と腹痛で学校へ行けない。
多くの人は「ああ、早い話が学校がイヤってことね」と思うことだろう。
けれどもそういう感じでもない。
学校に早く行きたい、明日は行きたい、と毎日言っている。
ただ、日がたつにつれ
「今日も行けなかった、また今日も行けなかった、オレは一体いつになったら元気になってちゃんと学校へ行けるんだろう?」
という、焦りと敗北感は募っていくようである。

こういうときこそ、親は大きくかまえて子供の苦しみを受け止めなければと思うのだけれど、24時間いっしょにいて、朝起こしたときからずーっと「ううっ!ああっ!」とうめき声をあげ、いっしょに食事をしている間じゅう「むかむかする、気持ち悪い吐きそう」と言われつづけ、買い物にさえもゆっくり出られない毎日が何ヶ月も続いてくると、さすがにぐったりだ。
「行け馬鹿野郎!お前は病気じゃないんだ!!」と蹴りそうにもなってくる。

一番苦しんでいるのは本人と頭ではわかっていても、息子とずっといっしょにいると、こちらまで胃がむかついてくるし、なぜか下痢もしやすくなってきた。
この生活、いったいいつまで続くんだろう。
もうイヤ〜〜〜〜〜!とだれかに当たり散らしそうにもなった。
(それでも、私はサイトをやっているので、(激流)掲示板を眺めているのが息抜きになるのである。
ブログでのコメントにも、本当に救われ、励まされた。ありがとうございます。)


祖父母たちなど親類もみんな心配していて、中には
「心療内科とかカウンセラーに相談するべき」という人もいた。
これはもう典型的な“不登校”だからぐずぐずしているヒマはない、一ヶ月学校に行かなければそれは立派な“不登校”。新学期からほとんど学校に行っていないのは完璧に不登校。手遅れになる前に、専門家へ相談に行くべきだ、と。

しかし夫と私は、家庭が壊れていて親子関係が崩れているような場合にはそれも有効だと思うが、我々と「アキタコマチ」の関係には信頼関係があると思うので、家庭で見守っていきたいと考えた。
なのでカウンセリングに行くことは、しない。

そう決めたからには、私もイライラしないように気をつけて、家でゆっくり会話をしよう。
なにが原因なのか、つきとめようとしてもあんまり意味はないと思う。
兄弟関係とか、勉強の成績とか、気を遣う優しい子なのをいいことに親があまり手をかけてやらずにここまで来たということもあるだろうし、原因をこれと突き止めてそれを克服しようとしても、仕方がないように思える。
のんびりしたペースの子供なので、なるべく追い立てずに、だんだんともとの生活に戻せるようにしていこうと考えている。

この生活の中で、彼はかなりの量の本を読んでいる。
勉強をするほど元気は出ないようだが、読書ができるくらいに回復してからは読みっぱなしで読んでいる。
それからお気に入りの本の表紙絵をまねて水彩画を描いたり、家庭科で買った「裁縫セット」をあけて、針を使っている(いまは男の子も家庭科をやる。女みたいという意識はなく、図工の感覚に近い)。
そういうことをしていると体の不調が軽くなるらしい。
学校を休む暮らしが永久に続くわけではなく、もとの体にかならず戻るよ、そして何年もたったら「あんなことがあったねえー」と笑い話になるよ……と息子に話している。


先日、退院のときにどっさり渡された胃の薬がとうとう切れてしまった。
そうしたらやはり、飲んでいたときより苦しみが強くなってしまった。
もう大学病院に通う必要はないと思い、風邪のときにたまに行っている近所のお医者さんに行ってみた。

これまでの経緯を説明した。
「なるほど。もう調べ尽くしてなにも出なかったわけですね。
病気には、二種類あります。ひとつはポリープ、潰瘍、がんなどがあり、その病因をとりのぞく。
もうひとつは、機質的なもの……なんだか下痢しやすい、とか、喉が痛くなりやすい、とか、もともとそういう体だってことです。
こう考えてはどうでしょう。自分は病気だ病気だ、どうしたらいいんだろうと悩むのではなく、そういう自分を、“受け入れる”というふうに。
そういうもんなんだ、これが自分だ、と受け入れてみるのは。
これは長くかかると思います。一ヶ月、二ヶ月、ことによっては一年くらいの長さを見た方がいいかもしれません。それくらいゆっくり考えていいと思います。
ただしかならず治ります。
一生このままってことはありません絶対に。
大丈夫、キミは治ります。
これだけ大学病院で詳しく調べたんだから、キミは病気ではない、そういう体なだけです。
だからもう大学病院に行って何度も血を採られたりする必要もないんだ。」

「アキタコマチ」の顔は、先生の言葉を聞いているうちにどんどん明るくなった。
我々両親が考えていたのとまったく同じことを話してくれた。
他人から聞くと、親から聞かされるのとまたちがった効果があるようで、“やっぱりお父さんとお母さんの言っていたことは合ってたんだなー”とも思うようで、帰り道は
「オレ、あの先生スキ。行ってよかった。」
と飛び跳ねていた。


まあこんな調子の暮らしです。

by apakaba | 2005-05-29 12:00 | 子供 | Comments(14)
Commented by K国 at 2005-05-29 19:02 x
親の言葉が効いて来るのは大人になってから自分の知らない内に効いてるみたいな染み付いてる効果で
信頼できる他人の一言は即効性があるのかな
仕事でも五回十回通っても取れない仕事が、親戚のあの人なら大丈夫の一言で決まったりしますもんね
有意義な一言もあれば一生消えないグサリもあるので
言葉は薬にも武器にもなりますね
胃はデリケートな臓器ですのでストレスを感じてたのでしょうか
前向きな人と(先生も)話が出来れば快方に向かうでしょう
楽しい事や熱中してる時は何もかも忘れます忘れるような事をしよう
Commented by 与太郎 at 2005-05-29 23:02 x
 あまり参考にならないと思いますが、私自身、30代のなかばにアキタコマチ君のような症状になったことがあり、知り合いの中にもかなりの数の人が同じような症状になったことがあります。
 他の人も同じようで、ゆっくりと休養をとることによっていつの間にか直ったという状態になっています。要するに疲れがたまって抜けなくなっている状態のように思われます。猛烈時代でしたから毎日定時で帰ることは針のむしろの上にいるような状態ですが、残っていても仕事にならないので、いろんな批判は一切無視して思い切って定時で帰りました。

 
Commented by はなまち at 2005-05-29 23:03 x
とりあえず、陀羅尼助と言う胃腸薬送ろう。
修験道の霊験新たなお薬ですので、効けばもうけもの。
子供は一パックですね。
Commented by 紫陽花。 at 2005-05-30 09:09 x
うーん、私も最近どん底です。私の場合は元気がないと書き込みする気はしませんが、眞紀さんはサイトをやっているから、掲示板が元気の元にもなるのかしら? 何をやっても、裏目に出てます、私。右と左どちら?と言う場合、選んだほうが全くのはずれの道だったとかね。ふぅ。。。また復活する日まで、ロムはしてますよ。がんばれ、アキタコマチくん。がんばれは禁句かもしれないけれど、祈りしかないなあ、私には。
Commented by 紫陽花。 at 2005-05-30 15:22 x
小学校の図書館で何度も借りて読んだ「長い冬」(ローラ・ワイルダー)の事を今日は思い出しました。岩波少年少女文庫は今も子供の心をとらえていますか? ゴーリーキー「どん底」、トルストイ「復活」、やはりロシア文学は素晴らしいです。
Commented by 三谷眞紀 at 2005-05-30 16:46 x
みなさま。
とても、とてもありがたいコメントばかりです。
どうもありがとうございます。
やっぱり、私も家にとじこもってくよくよしているとだめですね。
子供のことって、不用意に書くべきではないとも思っているので、このこともなかなか書けずにいましたが、隠さなければいけないような恥ずかしい病気でもないんだ、と思い直して書くことにしました。
私が追いつめられててどうする。
子供の友達も、やはりまだ子供なので、心ないことを言ったりするんですよね……たまに顔出すと「……だれ?……キャハハハ」とかね……冗談なんだけど、「アキタコマチ」にとってはぐさっとくるみたい。

紫陽花。さんも元気がないようですがまた書き込みお待ちしています。
Commented by 三谷眞紀 at 2005-05-30 16:54 x
岩波少年少女文庫はうちにはありませんでした。
名作ぞろいのようですね。
私も少しずつ、一日に半ページでも、本を読むようにしています。
ロシア文学のことを書こうとしていて、原稿のさわりだけ書いたのですがそのままになっていました。
近日中に書き上げますね。
Commented by safety-life at 2005-05-30 23:35
早くよくなるといいですね。多感な時期に発病?したのは、何か本当に些細なことがきっかけかもしれないし、体質が変わったのかもしれないし、軽々しく言うのは失礼に当たるので言いませんが、親にそうやって理解してもらえて、いいお医者さんに出会えた「アキタコマチ」さんは、ある意味すごく貴重な体験を今しているのかもしれないですね。最近、私は「オニババ化する女たち」という本を読んでいるのですが、三谷さんの子育てや考え方はちょっとラテンのブラジルっぽいですね。ブラジルの子育ての方針は、「決して子供をせかさず待つこと」だそうです。誰かをせかしたりするのは、とても自己中心的な考え方だと・・・。きっと、三谷さんの子供たちは将来、とても元気に巣立っていくんでしょうね。私はそういう風な環境で育てられてないので、とてもうらやましいです(* ̄(エ) ̄*)ポッ 
Commented by 紫陽花。 at 2005-05-31 07:47 x
safetyーlifeさん、初めまして。「オニババ化する女たち」面白いそうですね、かなり女性達への警鐘が鳴っているとか。眞紀さんの子育て、ラテン系とか、なるほどのコメントと思いました。私自身は親の世代が生きるのに夢中な時代で、「勉強せい。」とかあまり言われた記憶がありません。そうなると勉強したくなったあまのじゃくです。「子供を30人くらい育てたら一人くらい満足のいく子育てが出来るのじゃないかな」は、重松清氏が著書の中で主人公に言わせたセリフで印象的です。
Commented by 三谷眞紀 at 2005-05-31 09:15 x
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334032664/qid%3D1117498047/250-1960011-6256206


これですか。売れてるんですか最近?
シロートレビューを読むとずいぶん嫌われていますがどうしたわけでしょう。
さっそく立ち読みしなきゃ!
safety-lifeさんコメントありがとうございました。元気が出ます。
顔文字も健在……ナイスです。
Commented by safety-life at 2005-05-31 10:59
紫陽花。さん・三谷さんへ
そうです!これです!・・・でも、随分嫌われてますね、
この本・・・(◎`ε´◎ )ブゥーー!  私は、子育てに関してはとても興味がありました。私は勉強になりましたよ。確かにそうかもって思う事が結構ありました。それにしても、この本のコメントした人たちって、ひねくれ過ぎちゃいまっか???でも、この本は、好きと嫌いがきっぱり分かれるかも。 
Commented by apakaba at 2005-06-03 01:11
あーっ、立ち読みし忘れた!
ついつい雑誌コーナーへ直行!するのがクセで……週末には読んでみます!感想書きますね。
レス遅れてごめんなさい!
Commented by 満腹ボクサー at 2007-04-06 12:28 x
>こう考えてはどうでしょう。自分は病気だ病気だ、どうしたらいいんだろうと悩むのではなく、そういう自分を、“受け入れる”というふうに。
そういうもんなんだ、これが自分だ、と受け入れてみるのは。

すばらしい先生ですね。俺も気が付かれてはいなかったと思うけど、若いころから木の芽時になると精神的に少しおかしくなるたちで、この時期は少しつらいんだけど、久しぶりにここに来てよかった。
また、おじゃまします。
Commented by apakaba at 2007-04-06 16:14
満腹ボクサーさんややおひさしぶり。
あれから2年たち、次男「アキタコマチ」も今日、中学生になりました。
あいかわらず勉強はしませんが、料理や写真を始めて、明るくなりましたよ。
木の芽時ということばがあるくらいだから、やはりなにかあるんだろう。
時期的に、人に及ぼすものが。


<< 子供の学力低下      雑草花粉の花粉症に苦しむ >>