あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 02日

育てたように……

今日も「アキタコマチ」は学校に行けなかった。
午前中、ずっと胃痛で苦しがっていて、痛み止めを飲んで少し具合がよくなったので、そばをお昼に食べた。

家にばかりいると筋肉が落ちてしまい、学校までの往復だけでも全身筋肉痛になってしまうため、調子のいいときには、なるべく買い物などへいっしょに連れて行くことにしている。
そばだけではすぐお腹がすき、「ケーキが食べたい」と言い出す。
ケーキは胃にいいとはいえないけれど、まあ、私もちょっと分けてもらって少しだけにすれば問題ないかと思い、ドトールに入った。

「うわーおいしそう!やったー!」
とはしゃいでいる。
フォークに一口とると、「はいおかーさん。食べて。」と、くれようとする。
いつもそうだ。
おいしいものを、一口めはかならず自分より先に、分けてくれようとする。
だんだん残りが少なくなってきて、あと二口ぶんくらいになると、
「ああもうなくなりそう。はい、おかーさん。」
また、その少ないひとかけを半分にして差し出す。
「おかーさんはもういいよ、『アキタコマチ』が全部食べていいよ。」
と言っても、
「どうして!オレはおかーさんに食べてほしいの!おいしいんだから!」
と聞かないので食べると、最後のひとかけを自分がとって、
「おいしかったねー!」
と満足している。

「アキタコマチ」の席の背もたれに、ふたりぶんの傘をかけていた。
自分の傘より私の傘を先にとって、「はいおかーさん。」と、手渡す。

どうしてこんなふうに育ったのか、不思議で仕方がない。
3人とも同じようにしてきたつもりなのに、こういうやさしい気遣いを、この子だけが、媚びではなくごく自然にできる。
夫は一人っ子でぼんやりしているし、私も末っ子でぼんやりしていて気が回らないタイプなので、彼の振る舞いには驚きもするし、今の、この不調で苦しんでいるときには、とくに不憫になってくる。

しかし、育てた覚えはないといっても、やっぱり、親や環境がそういうふうに育ててきたんだろうな。
育ってしまったんだろうな。
気遣いをできるのは決して悪いことじゃないけど……不憫だ。
自分の子供を不憫がっていても始まらないんだけど……あの性格を、たわめないように、盛り立てていってやることなのかなあ。
どうも、道が見つからないでいる。

by apakaba | 2005-06-02 23:24 | 子供 | Comments(8)
Commented by safety-life at 2005-06-03 15:55
すごく優しいこですね(・_・、)
でも、その優しさはいづれ強さになります。今は辛くても、「アキタコマチ」ちゃんは乗り越える強さをもっていますよ、きっと!
そのままの三谷さんが一番「アキタコマチ」くんの性格を引き出せるのでは・・・?すごく大事な事だし、私は母親になったことが無いので軽々しく何も言えませんが、私だったら何も無かったように接してくれる母がそばにいてくれたらすごく心強いです。私は母が小さい時からいないので、そんな母親が欲しかったです。でも、男と女でまた違うんでしょうけど・・・。
Commented by 三谷眞紀 at 2005-06-03 19:25 x
ワタシは小さいときから父がいませんでした。
なので自分の子供が父親(ワタシの夫ね)に甘えているのを見ると、この幸せ者めと思ってしまいます。
やっぱり片親だとさびしい時間を過ごすことは、避けられませんものね。
むしろ小さいころより、高校時代くらいのほうが、さびしいという感情があったような覚えが。
親がそばにいても、パソコンの画面を見つめてばかりいてはしょうがないので、とにかく子供と話すときには、画面から離れるようにしています。
でもワタシが癒されるのはsafety-lifeさんとかからの温かいコメントだったりします……にゃはは。
Commented by safety-life at 2005-06-04 14:08
私なんてまだまだケツの青いガキですってば・・・(*´艸`)ムププ
私も、母親と仲よさそうにしてる人は本当にうらやましい。。。
母がいなかったぶん、誰かのお母さんとか大好きで、周りから「お母さんフェチ」って言われてます ( ̄w ̄)ぷ
Commented by cool_guy at 2005-06-05 03:02 x
大人になったアキタコマチ君は自然なレディファーストができる男となり、モテモテになるであろう。
Commented by 紫陽花。 at 2005-06-05 18:39 x
眞紀さんの元気がないと、私もなんだか元気が出ません(不思議)。全国8万5千人の眞紀ファンと多分その数倍の隠れ眞紀ファンもきっとそうでしょう。みんな声なき声で、眞紀家の元気復活を祈っていますよ。コマチくんとは何故か酒席で、共に3人兄弟の真ん中の悲哀を語った仲(?)ですが、思い出せば、私も、恥ずかしながら小学校一年生かそのころまで、おねしょ(寝小便)が治りませんでした。当時大勢いた同居の叔母の一人がそれを心配し、「ネショーピン」と言う薬を密かに買って、飲ませてくれたのですが、それが一発で効いて、その日より、「おねしょ」が治ったのです。京都から良い薬も届いた事とのこと。何かがきっかけとなって明るい一日が始まる事を祈っています。今日、高校生と中間テスト勉強をしていたのですが、ストレスには、深呼吸と運動が良いとの文章を訳しました。ストレスを感じると脳は特殊なホルモンを出し、それが消化を遅らせ、心拍数を増やしたり、発汗を促進したりするそうです。その記事によると、運動がストレス発散に効果的だとか。息を吐く事がストレスを解放するようです。ウエイトトレーニングも良いようです。ヨガ体操なども良いのではないでしょうか。
Commented by apakaba at 2005-06-05 22:58
ケツ青いですか。若いのー。ワタシなんぞケツはつねに火がついていて赤いですわ。
safety-lifeさんはなくて七癖じゃないけどなくて七フェチって感じですね。もっともっとあるはずだ! 

cool_guyさん、ごぶさたじゃー。
そう、彼はたぶん女の子にもてるようになるだろうと思います。
女の髪型やおしゃれにも敏感だし。
早くオトナになってほしいねえ。

紫陽花。さん、ねしょーぴんとはものすごい名前の薬ですねえ。
ワタシは小6か中1のときに、一度おねしょをして激しく驚きました。
そのあとはまあ当然ながらおねしょナシ、「アキタコマチ」を妊娠中に、夜中「ウワアあっ!おねしょしちゃったよう!」と飛び起きたことが……破水だったんですが……(オチなし)。
くだらないオモヒデはさておき、ご心配ありがとうございます。
ヨーガの呼吸法も、吐く息がだいじなんですよね。
息を吐くときに、カラダの力は抜けていくそうで。
Commented by K国 at 2005-06-10 19:59 x
アキタコマチ君のこと自分や息子と育った環境を照らし合わせて見ますに、彼はお母さんに物凄く気を使っている、実は私の長男が同じように私の挙動に気を使ってビクビクしているように見えた
厳しくしすぎたなと反省はしたのですが今更態度を変えるわけにも行かず、悩んでましたが将棋で完全に私が負けてから親父に勝てるんだと自信が出来たのか一気に大人になった気がしました
アキタコマチ君は眞紀親分に物凄く気を使ってるのではないかと思う
一つ一つの仕草が全て気に入ってもらいたいの表れのような気がする
打開策は本音でアキタコマチを認めること、彼の感性はウソを見抜く
彼はお母さんに認めてもらいたいような気がします

Commented by 三谷眞紀 at 2005-06-11 00:20 x
親を越す……というのは、わかりやすい成長への道筋ですね。
背、でもいいし、腕力でも知力でも、将棋の腕でもいいし。
うちの長男はぼけっとしたタイプですが、やはり社会科では母親より知識が勝っていると知ってからは、鼻が高いようですね。
「アキタコマチ」はまだ親を越せているものがこれといってないので、一番苦しい時期かもしれません。

K国さんの言うことはとてもよくわかります。ありがとうございます。


<< ヤゴ・おたまじゃくし・金魚・メ...      子供の学力低下 >>