あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 05日

おしゃかさまの采配、ご先祖様の采配

先月、受験が終わってという話を書いた。
いわゆる“滑り止め”だけに引っかかり、チャレンジ校はともかく“実力相応校”にまで落ちたことで、涙を振り飛ばして泣いた「コシヒカリ」の高校入試の季節は、終わったのだった。
先月あたりはだいぶふてくされていたが、勉強量が足りなかったことは認めざるを得ず、自分を見直すいいきっかけになったと思う。

今日、その高校から手紙が来た。
娘は入試での点数がよかったから、“特進”のクラスに編入できる候補生になったという。

私立の学校によくあるシステムで、進学実績向上のため(呼び方にはいろいろあるが)“普通”クラスと“特別進学”クラスに分け、“特進”クラスの子に集中的に勉強をさせるというものである。
教員の夫は、以前から「同じ学内で差別化を導入すると、学校としての一体感に亀裂が起きやすい」と言っており、“特進”のシステムにあまり賛成していないのだが、学校が供給過剰になっている昨今、進学実績を上げることで生き残りを図りたいという気持ちはわかる。

「コシヒカリ」が受験した“普通”クラスよりも、編入できる“特進”クラスのほうが偏差値がまともであるのは当然のことで、これなら落ちた“実力相応校”と同レベルになる。
実力相応校は通学が遠かったけど、この高校なら近いし、結果的にはいいんじゃないの!と(偏差値と定期代を計算するせこい)私は、賛成した。
それでありがたく“特進”に編入させてもらうことにした。

受験というのは、つくづく水物だと思う。
長男「ササニシキ」の受験も波瀾万丈で、中学受験には失敗したが高校受験では中学受験で落ちた学校よりも上の学校に入れた。
その学校も、補欠から繰り上げ合格したのだった(繰り上げ合格)。
大学受験は滑り止めを受けずに全敗し、浪人してさすがに滑り止めを受けたら、「学費全額免除の特待生」候補になった。本命に受かったから辞退したけれど、私立大学の高い学費を免除されると言われたら、子だくさんの親としては心が動かないわけではなかった。

そのあたりのさじ加減というか……受かったり落ちたり、あとから候補生の連絡が来たり、こういうことはすべて、その子を、この家を、試しているんだと思う。
まるで『蜘蛛の糸』みたいに。

「ええ〜ちがうよ。それだとわたしが“普通”クラスの人たちをげしげしと(←不思議な擬音)蹴落とそうとしてるみたいじゃない。おしゃかさまにあきれられて糸を切られちゃうでしょ。わたしそんなつもりないもん。」
「いや、話の最後のほうじゃなくて、『蜘蛛の糸』の前半、ていうか最初あたりの喩えを言ってるの。『コシヒカリ』の勉強が足りなかったから、一つしか受からないようにしておいて、すごく悲しくて泣いてから、“でもやっぱり、この子はがんばらせればちゃんとやるかなー”って、上のクラスに上げてくれようとして、糸を垂らしてくれてるの。今そういう状態じゃないかな。人を蹴落とそうとかじゃなくって、上位クラスに行けば、友達の意識も高いだろうし、みんなでがんばろうね!って感じになるんじゃないの(とりあえず、いいことしか言わない!)。」

どんなところへ行こうと、いいことと嫌なことがある。
その場所でがんばるしかないんだ。
与えられたチャンスはつかんでおいたほうがいいと思う。

おしゃかさまもいいけれど、私はやっぱり、ご先祖様の采配を感じたなあ(父の命日に)。

c0042704_061361.jpg
「受験ご苦労さん」ということで、銭湯好きな娘を近くの銭湯に連れて行った

by apakaba | 2013-03-05 23:14 | 子供 | Comments(2)
Commented by kajikko at 2013-03-07 22:41 x
なにが幸いして、なにが災いになるかってのは、短期では分からないよね。振り返ってみて、分かるかもしれないし、さらにその先があるのかもしれない。
長期的視点を持つべしと、いつも言っているんだけど、その時々のつらさは、本当につらい。泣いて笑って、過ごすしかないんだけど、家族(友人)がいて良かったと思うのは、一緒に泣いて笑えるからですね。
Commented by apakaba at 2013-03-07 23:41
本当にそうだね。
禍福は糾える縄の如しですね。
なんでもたいていのことはことわざで言い表せる歳になったなあと思いますよ。


<< 「ササニシキ」のマレーシア一人旅報告      「アキタコマチ」の、高校最後の出し物 >>