あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 08日

仕事始めた

ここ1年ばかり求職中でした。
高校の非常勤講師(国語)になろうとして活動していましたが、教員未経験の高齢(ほっといてください)が災いしてか書類が通過せず、ほかの仕事も探しながら、できるだけ教育関係に近い場を考えていました。

先月、やっと「これだ!」と思える仕事が見つかりました。
区内に数カ所ある、不登校児(小中学生)の通う施設で、勉強を教える職員の仕事です。
これなら、学歴職歴資格そして親としての経験が活かせます。
しかし、募集は年度の変わり目に一年一回きり。
今年度の募集はとっくに終わっていました。

それなら職員の募集がくるまでは、幼稚園で働いてみようかなと考えました。
不登校児の先生の仕事にこの冬あたりにかかる募集で採用されれば、年度いっぱいで幼稚園はやめ、採用されなければ、来年度もひきつづき幼稚園のほうで働きながら、再来年の募集に応募してみよう。
受け続けていれば、いつかは採用されるかもね。
されないかもね。
それはそれでまた考えればいいし。

というわけで、うちから片道1時間弱のところにある幼稚園でアルバイトすることにしました。
きのう初めて、出勤しました。
私ときたら、“通勤”というものをしたのは結婚以来初めて!
結婚してから、通信添削教材指導員とか、家庭教師とか、自宅の塾とか、毎日通勤する仕事と無縁できたので、バス通勤とはいえ、はなはだ緊張します。

朝、夫・次男・娘の分に加え、自分の分もお弁当を作って、お茶を水筒に入れて持っていくのは新鮮というか大変というか。

幼稚園の仕事の内容は、今後一ヶ月間は職員室の雑用(電話応対・受付・掃除・書類整理など)、9月からは教室に入って“副担任”として、まったくセンセイの仕事を受け持つということです。
送迎バス(ワゴン車ですよ)も運転します。
私は中学高校の教員免許は持っているけど、幼稚園教員の資格はないので、正規の先生の補助につくわけです。
自分の息子と同じくらいの年齢の先生の補助に入るのは、私はちょっと楽しいけど先生のほうからしたらやりにくいかなあ?
運動会や遠足やお遊戯会などの行事にも出るし、唄ったり踊ったり本を読んだり、楽しいねえ。

各教室から、自分の子供が幼稚園に行っていたころと同じ歌を唄っているのが聞こえてくると感激するし、新しい歌が聞こえてくると「いまはこういうのを唄うんだなあ」と感心したりしています。

私のボスというか、今月いっぱいやる事務仕事の指示を出すのが、園長先生の息子さんの若い男性です。
きのう、私が指輪とネックレスをしていったら、
「すみませんが、仕事中はアクセサリーはなしでお願いします。」
と言われました。
その若旦那、もとい若先生の耳にはかなり大きなピアスの穴が空いています。
母親が園長、お祖母さんが理事長という同族経営の末裔の若先生は、どんな学生時代だったのだろうなあ。
あの穴の大きさはただもんじゃないですね。
バックパッカーか、ヤンキーか、音楽関係?
いずれにせよその若いボスが、私に
「子供たちが、職員室の前に来て『(お昼の)お茶ください』『牛乳ください』『お茶ありがとうございました』などと言いに来ますが、たまにモジモジしたりしてその挨拶ができない子がいます。
そういうときは、そのまま聞き流さず、『なにかな?なんて言うんだっけ?』と待ってあげて、きちんと言えるまで指導してあげてください。
ちょっとしたことですけど、こういう挨拶は、教育ですから。」
と指示を出すわけです。
私も、小さい子供は毎日毎日、いや1秒ごとが成長の(教育の)途上だと思っています。

園庭はせまいけれど屋上で跳び箱やマット運動もできるし、せまい敷地を工夫してつくった立体アスレチックがあります。
隔週で近隣の温水プールへ行ったり、保育時間内に英語教育と日本語教育(百人一首など)もやっているという、なかなか文武両道教育熱心な幼稚園です。
ピアノ、国語算数の学習、アウトドア活動など、保育時間外の課外活動もさかんです。
今の幼稚園って、至れり尽くせりなのね。
先生たちは大変だなあ。
私も9月から、“副担任として”大丈夫かなあ?

私の専門はやっぱり国語の勉強を教えることだと自分では思っていたけれど、なんでもマジメにやればそれなりにおもしろいものだと思うようになりました。
とりあえず一ヶ月間は職員室の雑用係として、がんばります!

by apakaba | 2013-06-08 16:56 | 生活の話題 | Comments(6)
Commented by タカモト at 2013-06-08 18:45 x
パクったな。(笑)
この間、飲み屋で知り合った底辺マジシャンの座右の銘が
「薄利多売」よろしく「パクリタバイ」だそーです。(大ウケ)
おっと。。。。

大変だと思いますよ、ホント。
金八先生も「我々は機械を作ってるんじゃない!人間を作ってるんです!!」と言うように。(まー作ってると言い方はどーかと思うけど)
でも、その分楽しいんじゃねーっすか。
一般的な言い方ですが大変な分その見返りはねぇ。(見返りってことでもねーんですが)
ほどほどに頑張ってください!

落ち着いたらまた飲みに行きましょう!
その頃は、ほれ、「コンフェ反省会」と言うことで。
Commented by apakaba at 2013-06-08 19:38
反省会もしたいけど、人が集まらないとねえ。
求職中は、ほんとに真剣に自分について考えましたよ。
自分ができることとできないこととか。
自分の向いていることと苦手なこととか。
あと、年齢や、ノミソの中身とかも。
もう考えるの飽きたー。
Commented by ぴよ at 2013-06-09 02:00 x
まずは、再就職?のとっかかりが始まっておめでとう!
いかにも眞紀さんらしいお仕事だなーと、私には逆立ちしたって出来ない仕事だなーと思いながら読みました。
3人もの子育てをきちんとして、尚且つ教員免許も持ち、更には自宅で他人様のお子さんの学習指導までこなして来たんだから、きっとこのお仕事は「天職・その1」なんだろうと思いますよ。

でも…来年度の不登校児の学習を手助けする~的なお仕事、それはずっと応募して欲しいかな。
個人的にはそちらの方が眞紀さんのライフワークとして合っているんじゃないかな?という気がしています。眞紀さんの人に対する真摯な対応とか、母親を経験した人独特の鷹揚さとか包容力とか、自宅で他人様を長らく学習指導して来た経験とか、そういうモノが総合的に役立つのがそのお仕事だと思うんですね

…↑に書いた私の文章、来期の募集の際の自己アピール文に是非使って下さいよw
Commented by agsmatters05 at 2013-06-09 06:48
通勤1時間ですかぁ。往復2時間、長いですねえ。
お疲れが出ませんように。

楽しみは「子供たちの成長」・・・?
Commented by apakaba at 2013-06-10 08:07
ぴよさんありがとうございます。
まあ私はさほど「子供好き」ってわけでもないのよ。
むしろ、態度はわりと冷たいかも。
子供は人格だと思ってるから、あまり「かわいい〜」と猫っかわいがりする気にはならないですわ。
嘱託職員の仕事の応募は、この冬にしてみるつもり。
ちびっこもいいけど、やっぱり学齢期のお子さんのほうが、本来の「勉強を教える仕事」と合致してるからねえ。
とりあえずがんばるー!
カモン収入!
Commented by apakaba at 2013-06-10 08:16
ミチさん、ほんとはけっこう自宅から近いのだけど、バスは電車より派手に遅れて信用できないので、早め早めに出ています。
バス通勤って初めてですが、イメージはケン・ローチの映画の中の労働者みたいな……(ちがう全然)。

向こう一ヶ月は勤務も楽ですが、9月からは一気に大変になるので、「うちの子供たちの成長」も伴ってくれないと!
私が疲れちゃう!
とりあえず9月からは完全朝型生活に移行します。


<< 仲良くなるための打開策      やけどの教訓 >>