2005年 06月 13日

i Pod shuffle になにを入れて聴くか

100曲しか入らない、となると、選曲にも慎重になる。
この点は、入れたい曲をほとんどなんのためらいもなしに好きなだけ入れていけるi Podとは、決定的に使い方が異なる(i Podは最大で10000曲入る)。

いまの気分に合う曲をぱぱっと入れて、ちょっと楽しんだらまたべつの曲を……と、フットワーク軽く中身を取り替えていくのがshuffleの使い方だろう。
(i Pod shuffle購入の記事はこちら

私のshuffleに現在入っているのは、
ホール&オーツの『DO IT FOR LOVE(アルバム全曲)』。
おなじくホール&オーツの『Our Kind of Soul(全曲)』。
ペットショップボーイズの『DISCOGRAPHY(全曲)』。
キース・ジャレットの「ケルン・コンサート(全曲)』。
TOTOの『TOTOⅣ(全曲)』。
サイモン&ガーファンクルの『冬の散歩道(アルバムからこれ1曲)』。
U2の『ヨシュア・トゥリー』からアタマの3曲。
U2のベスト盤から『THE HANDS THAT BUILT AMERICA』。
小曽根真の『Reborn』から『Reborn』1曲。
レッド・ツェッペリンの『天国への階段』。
イーグルスのベスト盤から4曲ほど。
福山雅治のカバーアルバムから中島みゆきの『ファイト!』のカバー曲。
ボブ・ディランの『Somewhere,before』をキース・ジャレットがカバー演奏した曲。

最近のアルバムでは唯一、ギャヴィン・デグロウの『チャリオット』が全曲入っている。
これで100曲いっぱいいっぱいくらいかな。

もっと入れたい曲がたくさんあるし、もっと好きな曲がたくさんあるんだけど、100曲という枠ではなんでも放り込むわけにはいかない。
いくら好きでも、口ずさまずにはいられない曲というのは、外出中に聴くには適さない。
唄ってたらアホ丸出しだし、思い切り唄えないのでは欲求不満になるし、読書のさまたげになる。
というわけでこんなラインナップ。

え、ギャヴィン・デグロウ知らない。と。
こんなアルバム出してます。
初期のビリー・ジョエルを彷彿とさせる……とよく評されているとおり、NY出身のピアノマン。
イントロにすこし古い感じのピアノがくるのがよい。
最愛ってほどでもないが、この「さほど愛してない」という距離感が、街歩きのBGMにはしっくりくる。

by apakaba | 2005-06-13 22:29 | 歌舞伎・音楽・美術など | Comments(6)
Commented by ogawa at 2005-06-13 22:50 x
TOTO4といえば「Africa」とか入っているアルバムですね。
Zeppelinの「天国へ階段」・・・最初の眞紀さんBBSへのコメントはこの曲がらみでした・・・
Hall&Oates・・・まさにEaglesの「New Kid in Town」の歌われた二人ですね・・・わたしならEagles,Fleetwood Mac,Dire Straites,Olivia Newton-Jon・・・それに渡辺香津美やカシオペアのfusion・・・Keithのケルンコンサートやお約束。あとはユーミンと庄野真代を入れればgood。
そうそうJohn Denverも忘れずに・・・今週末はどこへドライブしょ(^^)
Commented by K国 at 2005-06-14 07:31 x
オー!指折り数えると両手両足で二回近く勘定する嵌めになるほどの昔
レッドツェッぺリンの邦題この胸いっぱいの愛をだったかな、聞いたとき
凄い歌だと思ったけど,今聞くと丁度いいくらいの感じ
アフロヘアーに頭のテッペンから出るような声、迫力を感じました
移民の歌も良かった
パンクが流行りだしてから洋版をあまり聞かなくなりましたが
TOTOのアフリカは透明感があって好きです、デュービーブラザースの
男性コーラスのハモッタ所がなんとも言えず心地よし
今はFMから流れる歌を何でも聞いてますがラップは好きになれない
いい曲があっても歌手を覚えないし、まして曲名はなおさらで
出てくるのは大昔の連中のみ
Commented by 三谷眞紀 at 2005-06-14 09:24 x
ogawaさんきてくれるかなーと思ってました。
音楽の話題ってひっかかってくれる人と素通りの人の差が激しくなる話題でしょ……TOTOもⅣ、ツェッペリンもⅣ、いいのはⅣなのかあ?
いやシカゴは16か17か……??

クルマにつないでドライブ、だったらもっとちがう曲を入れると思うんです。
思いっきり唄ってハモってみたいなのも、入れるだろうな。
ジャズももっと入れるだろうなあ。
電車に乗って街を歩くとなると、あまりにノリノリは恥ずかしいのね。
だからさして好きでもないけど耳障りじゃない……くらいの、ちょうどドラマのBGMにかかりそうなくらいの曲が、音楽にのめりこみすぎなくてイイ感じ。
ああ、でもカシオペアなんかはクルマも電車も似合いそうですね。
ogawaさんケルンコンサート聴くんですか!!!感激ッ!!!
Commented by 三谷眞紀 at 2005-06-14 09:32 x
K国さん>ロバート・プラントの高音はスゴイですからねえ。
ドゥービーブラザーズはご活躍で、ちょっと前にも来日公演やってましたよ。
はじめ聴いたときは盛り上がらないというかかっこよくないと思ったけど、だんだんかっこよさがわかってくる……という感じですね。
イーグルスと区別つかねえよ!の声高しですが、イーグルスのほうがちょっとドラマティックかな。

ラップは私もぜんぜんだめです。
ましてや日本人が日本語でラップをやってるとうらさびしい気分になります。
Commented by K国 at 2005-06-14 19:45 x
今までにその歌を始めて聞いたときに背筋がゾクゾクする気分になったのが三曲あります、いずれも十代後半から二十代始めの頃ですが
最初がビージーズのマサチューセッツ次にサイモンとガーファンクルの
明日に掛ける橋それに井上陽水の心もようです、何度でも聞いてるとソウでもなくなるのでしょうが、初めて聴いた歌で感激する気持ち今は
無くなったのか、今の歌がそれほどでもないのかは分かりません
Commented by apakaba at 2005-06-15 08:23
多感なころに聴く歌は脳髄直撃ですから。
ビージーズはうちにないけどサイモン&ガーファンクルと陽水は両方あります。めったにかけないけどやっぱり居ずまいを正して(聴こう!と思って)聴きますねえ。
「心もよう」の入った「氷の世界」はトンデモナイアルバムですね。
他の曲も凄すぎです。
詞もスゴイし曲もスゴイ。ひりひりします。


<< ゆびきりげんまん。の「げんまん...      ハイヒールを履ける女に、なるために >>