あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 29日

オーストラリアへ、行ってらっしゃい

c0042704_22134866.jpg


久方ぶりの成田。
きのう、娘の「コシヒカリ」を送っていった。

高校の入学式の日に、ホームステイのパンフレットをもらった。
オーストラリアの片田舎でのホームステイ、たった11日間だが「行きたい!」と言う。
娘は英会話などまるっきりできないし、あまり社交的な性格でもないのに、なんでこんなに乗り気なんだ?
パンフレットを見ると、生徒たちが“オーストラリアの動物園に行ってコアラや大蛇を抱っこしている”写真がある。これか。
娘は大の生き物好きなので、これをやりたいんだな。
今年度から新しく加わった試みとして、帰り道でシンガポールにも一泊して観光し、現地で働く日本人の話を聞くというオプションもついている。
私がシンガポールに対してきわめて好感度が高いことをさんざん聞いている娘は、
「シンガポールに行ってみたい!楽しみー!」
なんか……ふつうの旅行とかんちがいしている?
不思議に思いながらも、着々と説明会などに出て出発の準備が進んでいった。

高校では陸上部と茶道部に入っているので、オーストラリアの学校で開かれるパーティーで、日本文化を紹介するため「茶道のお点前を披露する」ことにしたという。
私も大学時代に茶道をやっていたから、それはとてもうれしいことだが、この人ちゃんと覚えているのか?

きのう、成田空港に着いてから、急に心細くなったようで、
「英語話せない、ああ、だめだどうしよう。」
と焦り始めた。
「がんばってください。コアラと大蛇を抱っこしてきてよ。うらやましいなあ。」
とか言いながら帰ってきた。
娘はしょんぼりしていた。
親しい友達もいないどころか、全学でたった8人しか行かないホームステイだ。
修学旅行のようにワイワイガヤガヤした旅行とはわけがちがう。
でも、「コシヒカリ」が度胸を付けて、将来リッパな旅人になれるとおかーさんは信じています。

by apakaba | 2013-07-29 22:44 | 子供 | Comments(0)


<< もう小さい子供ではない      今やっている仕事 >>