あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 08日

ウサギ小屋をどうするか問題

娘の「コシヒカリ」は、夏休みにお世話になったオーストラリアのホームステイ先のファミリーにメールを出していた。
ずっと返信が来ないので、「アドレスが違っているんじゃないの?」と聞くと、案の定まちがっていて、正しいアドレスで送信したら翌日に返信が来たという。
ホストファミリーの皆さん、ほんとスミマセン。
(「コシヒカリ」のホームステイの話はこちら→「コシヒカリ」のオーストラリアホームステイ報告)。

c0042704_2264324.jpg
ホストファミリーのお子さんたち。10歳と7歳の女の子。家では妹・末っ子気分満喫の娘だが、ここではお姉さん気分

お父さんと、10歳の女の子からの文章で、女の子は「あなたはうちに来てくれたけど、いまは遠くに行っちゃったのね」というようなことを書いている(まだ文章がプレーン)。
そして、「来年、もしかしたら家族で日本へ行くかもしれない。そうしたら会いたい」と!!!

とても、とてもうれしい!
しかーし!
……我が家は、きわめて狭いのだったよ……どうするのよ?
古くてぼろいのは仕方ないとしても、どんなに掃除したって狭い家は広くならない。
家族4人を迎え入れるスペースは、我が家にはとうていない!
犬好きのご家庭だから、是非コーシローにも会ってほしい。
オーストラリアの片田舎では、ほんものの日本犬を見る機会はあまりないだろう。
しかし、ほんとに、うそじゃなくて座る場所もないのだ。
うちが5人で4人のお客さんを出迎えたら、座れないどころか一室に収まることすらできない!
まさか、玄関から入って住宅展示場みたいに「ここが狭いニッポンのハウスでーす」とゾロゾロ歩いてもらってそのまま座らずに玄関から出て行ってもらうとか?

家が広かったらなあ。
是非泊まってもらって、食事を出したりしたいのに。

でも、もし来てくれたら、なんとかもてなしたい。
東京を案内して、近郊にも案内して、いつか私もオーストラリアに行ってみたいなあ!
(そして野生のカンガルーを触ってみたいなあ、とは言いませんよ。)

by apakaba | 2013-10-08 22:25 | 子供 | Comments(4)
Commented by ぴよ at 2013-10-09 00:33 x
ステキねぇ~♪
来年、是非ホームステイ先のご家族が日本に来たら、東京の素晴らしい所を眞紀さんプロデュース(+お嬢テイスト)でおもてなししてあげて下さいよ!

おうち問題はー、まあ現実的にはお泊まり頂くのはムリなので都内のホテルにご滞在頂いて、「日本のご家庭訪問」という形でお昼間来て頂いて、ランチをいかにも「外人が喜びそうなジャパニーズフード」をお出しするのが妥当なラインかと^^;
手巻き寿司とか天ぷらとかスキヤキとかトンカツとか…外人ってどんな日本料理が好きなんでしょうかね?
Commented by apakaba at 2013-10-09 08:48
外国にいる友達とほそぼそとでも交流を続けるのって、とてもすばらしいことだと思うので、「コシヒカリ」にはがんばってもらいたいと思ってます。
いや、あの、私の渡豪をもくろんでいるという下心じゃなくて!
そのご家庭はかなりエリートで健康志向が強く、ほぼベジタリアンというお宅。
生野菜をなんの味付けもなく山盛りにしてただただかじったり。
それなら私にもできるけど、料理ともいえない……
いや、そんなことはいいんだ。
それよりウサギ小屋問題が。
Commented by タカモト at 2013-10-09 11:46 x
いいねぇ。
家の狭さは三谷家の問題ではなく日本の文化と言う事で。
まー食事程度ならどーにかなるんじゃねーのかなぁ。
間取り知らんけど。( 笑 )
でも、デカファミリーは(家の大きさも自身も)
食事=BBQってこともあるんで気をつけんと。( 笑 )
Commented by apakaba at 2013-10-09 11:54
うん、日本の庶民の住宅は、とても狭いんですよ!これが現実なんですよ!ということを知ってもらうには、これ以上ないサンプルだと思うわ。
食事をうちで食べてもらうには、我が家の人間が出て行くしかない……二交代制で……それじゃ団らんにならない!


<< 天啓      声帯結節 >>