あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 30日

おかあさんと言われる

保育園で保育補助の仕事をし始めてから2ヶ月が経った。
7月にも1ヶ月だけアルバイトで入っていたから、それを足すとまる3ヶ月になる。

きのう、4歳児の男の子に「絵を描いて」と頼まれて、鳥の図鑑を見ながら苦労していろいろな鳥の絵を描いていると、ふと
「先生は、なんか……おかあさんみたいなにおいがする。」
と言われた。
その子のお母さんは若くて美人なのでちょっとうれしかったけれど、子供はどうしてこんなことを言うんだろう?
大人はまず決してそんなことは言わないし、言うとしたらなにか特別な意図があるときだ。
幼児に他意はない。

娘の「コシヒカリ」にその話をして、
「あの美人なお母さんと同じシャンプーを使っているとか化粧品(無香料だけど)を使っているとか、同じ洗濯洗剤を使っているとか……においを発するようなものがまったくおんなじってことは、まずありえないと思うのよね。不思議だ。」
と言うと、
「ほんとの“におい”を鼻から感じたってことじゃなくて、なんとなく雰囲気がお母さんみたいだなと感じて、つい“これは、うーん?ああ、においが同じなんだ”という言い方をしただけなんじゃないかな。」
と言うので、それも一理あるかと納得。

今日は5歳児の生意気な口をきく男の子に、
「あんたさ、ぜんぜん先生に見えない。なんか、おかーさんに見えるんだけど。」
と生意気な口調で言われた(ちなみにこの子のお母さんも若くて美人。ありがたや。この子は私の声が出なくなったときにも「あんたおばあちゃんなんだろ」と絡んできた→おばあちゃんと言われる)。

褒められているともいえるし、問題であるともいえる。

“先生”と“お母さん”は厳然と別の存在である。
おそらく、私にまだ“保育園の先生”らしいプロっぽさが身に付いていないのだろう。
だからより親しみやすく、甘えやすく、見くびられやすいのだろう。

ただ、幼稚園とは比べ物にならないほどの長時間を園内で過ごす保育園児にとって、先生たちはまさしく“第二のお母さん”だ。
もっとも長くて12時間を園内で暮らす。
お母さんが恋しいのはあまりにも当たり前だ。
身近な大人にひととき甘えたいという欲望が、幼稚園児には理解できないほど痛切だということを毎日ひしひしと感じている。
先生の威厳を身に付けつつ安心して甘えたくなるようなパート職員をめざしている。

c0042704_22204330.jpg


パートが終わって、疲れて家に帰ったらお菓子が山盛り。
次男「アキタコマチ」が実習で作ってきた。
あの子たちも十数年後には、こんなことができるようになるんだからねえ。

by apakaba | 2013-10-30 23:19 | 生活の話題 | Comments(0)


<< 千葉方面一泊旅行、「中世の古文...      大熊ワタル&伊勢崎賢治『JAZ... >>