あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 09日

早すぎるサンタのような「コシヒカリ」

娘以外の4人が秋生まれでしばらく誕生日ラッシュが続いたが、きのうの「ササニシキ」の誕生日をもってラッシュは終了した。
といっても、5人全員がそろって食卓に着くことが月に2回程度になってしまった我が家では、誕生日パーティーも今は昔。
今日たまたま全員そろうことになったので、あわててケーキを買ってきた。
“秋生まれさんおめでとう”の会なのだが「ササニシキ」の誕生日が一番近かったので、一応ケーキのプレートには「『ササニシキ』さんおたんじょうびおめでとう」と書いてもらった。

ハッピーバースデーの歌をみんなで唄ってケーキを食べ始めると、娘の「コシヒカリ」がプレゼントを配ると言う。
それも、自分以外の秋生まれさん全員分を用意したと言う。

c0042704_2330289.jpg


夫にはカルバンクラインのハンカチ、私には膝掛け、「アキタコマチ」にはラルフローレンのハンカチ。
末っ子ながらなんと太っ腹。
そしてきのう22歳になった「ササニシキ」へのプレゼントは?

c0042704_23242559.jpg


ええええええ。
22歳のお兄ちゃんへのプレゼントは、思いきりファンシーなクマのカードと、「パシリ券(お手伝い券)」でした〜!

by apakaba | 2013-11-09 23:34 | 子供 | Comments(2)
Commented by ぴよ at 2013-11-10 22:55 x
パシリ券って…w
これは大昔の母の日にあげた「肩たたき券」の亜種か^^;
「なーなー、ちょっと背中痒いからかいてー」『はーい!じゃあパシリ券1枚ねー』みたいな会話が今後家の中で展開される訳かw
Commented by apakaba at 2013-11-11 08:16
末っ子なので昔から使い走りに慣れているんですね。
小さいときから、駄菓子屋で「ブタメン10個と、チョコまん50個ください」と「ササニシキ」からのお使いを恥ずかしそうにしていた娘です。


<< 空気のような保育補助職員      老いを自覚する年頃 >>