あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 25日

ミュージカルバトン

いつも素晴らしい旅の写真を公開して、私を悶絶死させてしまうあづま川さんのブログから、いま大流行のミュージカルバトン(詳細こちら)が回ってきた。

あづま川さんは根っからの洋楽フリークだったと本文にあったが、私は彼より2,3歳年下、まあいってみれば同世代である。
70年代の洋楽に十分リスペクトを感じつつ、じっさいデイリーに触れていた音楽はどっぷり80年代、という世代だ。
ビートルズ、ストーンズ、ツェッペリン、ボブ・ディラン、サイモン&ガーファンクル、クイーン、デレク&ドミノス、ディープ・パープル、イーグルスなどなど、60〜70年代はほんとにすげえよ。
でもその残滓をすすっていた80年代も、我々の世代にとってはいとしいものだ。

ではさっそく回答を。

質問1. コンピューターに入っている音楽ファイルの容量

およそ8GB。
ただし私のPCは夫からのおさがりで、ほとんどが彼の入れていたものがそのまま入りっぱなし。
私はPCで音楽を聴かず、i Pod shuffleに入れるために音楽ファイルを使っている。
夫はマックのpower bookにJBLのスピーカーをつないで、快適音楽環境を作っているが。

彼はダイアナ・クロール、ゲイリー・バートン、小曽根真、ヤマナカチヒロ、最近よくあちこちで紹介記事を見かけるマーカス・ミラーなどを聴いている。
だからいっしょに食事をしていると、それらを聴かされている。
もちろんどれも素晴らしいミュージシャンだし、耳障りということはないが、おぉぉぉっ!とココロがフルエルということもない。

私は唄える曲も好きだ。
カラオケはさほど得意でもないけど、唄うのは好き。
80年代ハードロック系、ヘヴィーメタル系は、意外と歌詞をよく覚えていたりします。
ジャーニー、モトリー・クルー、ヴァン・ヘイレン、デフ・レパード、オジー・オズボーンバンド、レインボウ、スティックスなど、実はかなり唄えます。(オウ、ノウ。懊悩)
ビリー・ジョエル、TOTO、ブライアン・アダムスなども基本です。
インド映画のサントラも唄うんだけど、ここを読む人でインド映画など見る人はあまりいなさそうなので以下省略。

質問2. 今聴いている曲

いま?って、ライトナウ?だったらなにも聴いていません。
風の音しかしません。

質問3. 最後に買ったCD

ホール&オーツの「DO IT FOR LOVE」。
1曲目の「Man On A Mission」がとくに好き。

質問4. よく聴く、または特別な思い入れのある5曲

好きな曲、と、特別な思い入れのある曲、って意味がちがうと思うんだけど、その曲で“当時”に引き戻される曲というのはだれでもあると思う。
それが特別な思い入れということになるのだろう。

好きな曲でも、しょっちゅう聴いているのが好きな曲とも限らないし。
RCサクセションや井上陽水は、いまでは数年に一回しか聴かないけど、生涯好きなままなのはたしかだ。

思い入れのある曲というセレクトでは、私の場合は以下。

*キース・ジャレットの「KOLN CONCERT ケルン・コンサート」。
一応、4曲構成だけど全部ひっくるめてひとつの「ケルン・コンサート」なので。

人にいえない恋に苦しんでいたときも、文章を書くのが好きになって、“次のワンフレーズ”をひねり出すのに考え込んでいたときも、イスラエル旅行でネゲヴ砂漠をレンタカーで縦断したときも、このピアノが心を満たしてくれました。

メインサイトのイスラエル旅行記の文中にも、
「冷たい、硬質なピアノの音が、冷房を全開にしていてもひどい暑さの車内を満たし、それを聴きながら眺めやる砂漠はじつに哲学的・思索的なものだった。」
と記している。
名盤中の名盤だと思う。

*ボブ・マーレーのベスト盤「LEGEND」より、「BUFFALO SOLDIER」。
ネパールのカトマンズを思い出すから。
旅行中に偶然出会った、ネパール人レゲエミュージシャンの家に遊びに行ったとき、彼が集まった仲間といっしょにギター一本でこの歌を唄った。
ボブ・マーレーの好きな歌はたくさんあるけど、旅へ引き戻されるのがこの曲。

*ペットショップボーイズのベスト盤「DISCOGRAPHY」より、「Rent」。
これも学生時代のパキスタン旅行を思い出すので。
さほど大ヒットしなかった曲だけど、パキスタンで知り合った、私と同い年のパキスタン人の家でずうっと流れていた。
近所の若者を誘って、屋上にカセットデッキを持って上がり、夜通し凧揚げをして遊ぶ。
そのときにかけていたのが「DISCOGRAPHY」だった。

彼らの曲の、妙なだるさが好きだ。
演奏は過剰なまでに派手に作り込んでいくのに、それに反比例するように、サビに近づくにつれどんどん脱力していく歌声が好き。
「Rent」につづく「Always on my mind」も、大きい声で唄うと気持ちいい。

*ブライアン・アダムスの「RECKLESS」より「SUMMER OF '69」と、もしくはホール&オーツの「ROCK'N SOUL PART1」より「PRIVATE EYES」、うーんどちらが思い入れが深いか……甲乙つけがたい。高校時代にヘヴィーローテーションしていた。

*サザンオールスターズの「バラッド」より「わすれじのレイド・バック」。
サザンは中学高校時代を通してほんとによく聴いていました。
デビューアルバム「熱い胸さわぎ」から4枚目の「ステレオ太陽族」までは、衝撃的にすばらしかった……その後急速に大御所化し、おーんなじおーんなじ曲ばっかり四半世紀も出し続け、まったく人をバカにしている。
いまでは大嫌い。サザンがラジオで流れてくると、すぐスイッチを切る。

「わすれじのレイド・バック」は、中学2年生のころのスキー夜行バスを思い出す。
当時は、スキーといえば夜行バスで行くもんでした。
不快きわまりない車内。一睡もできないくらい。
むわっと暖房が効きすぎていて、セーターが暑くてたまらないのに、窓際に体を近づけるとうそうそと寒い。
眠れないから、買ったばかりの初代ウォークマンをかけっぱなしにして(ボディーは赤、ヘッドホンのスポンジはオレンジ色でした)、窓からきれいな星空を見上げていた。
「わすれじのレイド・バック」なんて、とうてい中2の女の子が聴く歌詞じゃないんだけど、ませていたんですねえ。

もっともっと好きな曲はたくさんあるけど、“当時”に引き戻される曲という基準で選んでみた。

さて、最後にバトンを渡すブログフレンドだが、そもそも私はほとんどブログフレンドがいなくて、しかもすでに回ってきている人も多いので、5人も指名できそうにない……どうしよう。

では、
じったさん
Morikonさん
K国さん
へべれけさん
だめだ。もう見つからない。
ブログのテーマが決まった人だと、頼むわけにいかない……なので、4人でカンベンしてください。

by apakaba | 2005-06-25 22:25 | 歌舞伎・音楽・美術など | Comments(15)
Commented by suze at 2005-06-25 23:26 x
これ、mixiの某コミュにて知りました。

ああ、ついに身近なところまで回ってきましたね。
自分はブログを持たないし、PCに音楽関係ファイルは何故か全くないので、答えようもないのですが。。。

でもこれ、何かに似ている。。
Commented by 三谷眞紀 at 2005-06-25 23:44 x
そう、何かに似ている、っていうよりそのまんまですね。
モノスゴイ謀略が動いていたらどうしましょう。
ナンテ、しばらく静観していたけどとくに問題なさそうです。

そうそう、音楽とぜんぜん関係ないけどsuzeさんにゼヒ読んでほしいオススメ本があるのですよ。
ここに書くのは流れがヘンだから、べつのところに書きましょうか……
Commented by K国 at 2005-06-26 07:46 x
LP盤を集めてたのは最初に書いてたビートルズからイーグルスまでのメンバーの歌なら殆ど聴いているし音楽がかかれば一緒に歌える
ビートルズは聴きすぎて一曲終わると次の歌が頭の中でかかってる状態
東京に出て行くときにLP、EPは友達にあげてしまった
結婚してからはTVのベストヒットUSAを録画して見てました
その頃はライオネルリッチー、スティング、ブライアンアダムスとかが記憶
に残ってます、ここの所はFMから流れるのを聴いているだけでうちの奥さんがセリーヌディオンのCDを買ってきて聴いてる程度です
今から野球の試合に行くのですが私が指名された理由は帰ってよく見ます
Commented by Morikon at 2005-06-26 09:08 x
了解しました~。
早ければ今夜にでもUPします!
今度カラオケで「洋楽祭り」したいですね(笑)
Commented by K国 at 2005-06-26 19:02 x
試合に負けて雨まで降らしてきました
打ち上げで焼肉屋でしこたま食って飲みましたので
思考回路がビールで泳いでます,オヤスミ
Commented by あづま川 at 2005-06-26 20:03 x
いつも悶絶死させてしまいすみません。

うぉー、なつかしいグループがずらりと並んでますねー。
80Sのハードロック系、ヘビメタ系って、思わずシャウトしちゃう
キャッチーな曲が多いですよね。
ヴァン・ヘーレンやデフ・レパードもそうだし、あと好きだったのは
ナイト・レンジャー。このグループはよいですよ。

ブライアン・アダムスは基本です。「SUMMER OF'69」、「Heaven」、それと初期の「Straight From the Heart」が好きだなー。ホール&オーツは「Wait for Me」がぼくのベストです。

異国の地でなにげなく耳にした洋楽ってのも、あとあとずっと心に
残ったりしますよね。その気持ちはよーくわかります。

うーん、語り出すととまらなくなりそうだ。続きは今度のオフ会でぜひ。
「洋楽祭り」もぜひやりましょう。
Commented by K国 at 2005-06-27 07:30 x
薄っすら理解しましたが質問1、コンピューターには入ってません
2、もっぱらFMです、3、うちの奥さんが買ったセリーヌディオン
4、これはもうカラオケで歌ってるやつ、Jウォ-クの何もいえなくて夏
スタレビの木蓮の涙、ライチャスブラザースのアンチェインドメロディー
S&Gの明日にかける橋、アニマルズの朝日の当たる家
洋版のカラオケは店に誰も居なくなって気兼ねなく歌える時か、分かる
連中といった時だけしか歌ってません

ピントあってます?
Commented by maryqueen at 2005-06-27 22:27
おひさ。メリーです。
ブログ始めて、ようやくなんとか慣れてきました。一度に人がいっぱい来ると
ちょっとびびってしまうんですけどね・・・
書きたいことはあっても、なかなか更新できんかったりもするし。。。
でも、exciteブログ、けっこうすっきりしてて、感じイイね。
ミュージカルバトン、あちこちで見かけますね。まわってるんですね~。
好きな曲といわれても、なかなか決められないでしょーね。
Commented by 三谷眞紀 at 2005-06-28 14:15 x
音楽の話って、共通点がまるっきりない人もいれば、ちがう人生を歩いてきたのにほぼぴったり!っていう人がいますよねえ。
Morikonさんとあづま川さんにはとくに同時代性を感じます。
洋楽祭りかぁ……カラオケはしょぼい演奏がヤなんだよなあ……でもまさかリッチー先生やエディ・ヴァン・ヘイレンが演奏してくれるなんてありえんし……

>ナイト・レンジャー。このグループはよいですよ。
とにもかくにも「シスター・クリスチャン」を万人が聴いてた。
>ブライアン・アダムスは基本です。「SUMMER OF'69」、「Heaven」、それと初期の「Straight From the Heart」が好きだなー。ホール&オーツは「Wait for Me」がぼくのベストです。
「Straight From the Heart」に「Wait for Me」あづま川さんはすごく正統派の王道派だぁ。ロマンチックだし。声がわーっとのばせる歌がいいですね。

メリーさん、バトン渡せずガックリ……メールで確認すべきだった……
K国さん、どうもさっそくありがとうございました。
写真からお見受けしたところ、男前であるばかりか歌もうまそうだよね……唄うケヴィン・コスナーって、どうよ。
Commented by K国 at 2005-06-28 19:12 x
大昔大音量で二時間ほどLPかけて歌いまくりました、都会だったら警察沙汰です、隣と一寸離れてる程度ですが苦情は出ませんでした
多分ムカついてたと思いますが、触らぬ神にたたり無しでほっとかれたのでしょう、ご近所の皆様昔はお騒がせしました。ハンセイ
野球部の練習中に声だしっ放しで四五時間毎日やってますので演歌の
特訓に負けず劣らず発声練習が出来てる、おかげで声かれません
自分で書いた手前ケビンコスナーになりきろう(見てサギだ~と叫ばぬように広い心を)
Commented by ogawa at 2005-06-28 23:21 x
あいかわらず渋い選曲で。
やっぱ「ケルンコンサート」・・・1部と3部が好きです(^^)
わtしのほうも、本日やっとアップしました(^^;;
どっぷり70年代ということで・・・
Commented by safety-life at 2005-06-30 00:05
川 ̄∠ ̄川 フフフ 私にもすでに回ってきましたが、私は自分でバトンを止めました・・・・。どうも人に回すの気が引けて・・・。
大好きだったのに、大嫌い・・・。馬鹿と天才は紙一重みたいなものでしょうか・・・?
Commented by 三谷眞紀 at 2005-07-03 01:02 x
ミュージカルバトンももう私の周りでは飽和状態ですねえ。
次の企画はなんなんだろう……とすでに身構えてます。
悪用されなければいくらでも答えますが、人に回すのは人選が難しいんですよねえ。
Commented by 満腹ボクサー at 2007-04-12 12:23 x
まことに僭越ながら、5人目に立候補いたします。
1. わかりません。自分の歌しか入れていないのでたいしたことはないと思います。まだ10曲ちょっとしかありません。
2. 自分の新作
3. わすれた。でも、自分の歌も入るオムニバスのプロモーションCDの買取分の手付金は昨日払いました。
4. すべて自作。
てなわけで、プロモーションCDできたら送ります。来月の予定です。お楽しみに。
Commented by apakaba at 2007-04-12 15:59
はぎゃああ。ほんと?!
お待ちしています。クルマの中で聴こう。


<< うれしかったこと      スプーンを嫌う男 >>