あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 14日

空也上人像とか、もなかとか

c0042704_23185357.jpg


夫が学校からの頂き物で、銀座「空也」のもなかというのを持って帰ってきた。
我が家の人間は誰も知らなかったが、なんだかありがたそうなお菓子。
能書きを読むと九代目団十郎だの夏目漱石だの、錚々たる名前が出てくる。
『吾輩は猫である』にも出てくるとか。
ありがたやありがたや。

ところで空也上人像を見たことがあるのは家族で私だけだった。
「すごかったよ。本物は。写真で見るのとはぜんぜんちがう。」
と力説するも、誰も見ていないから説得力なし。
仕方がないのでブログに書いた、空也上人像を見たときの箇所を読ませた。

前から行きたかった六波羅蜜寺。
空也上人の像で有名です。
この立像を見たとたん、完全に足が止まり、身動きできませんでした。
「仏像」を見るときの感動とは別の種類の戦慄が押し寄せました。
「これは、“人間”そのものだ。人間の姿を写している。」と思えました。
どの角度から見ても、まるっきり“人間”です。
この空也という“人”が見てきた、この世の苦しみや悩み、それを細い体に引き受けて「南無阿弥陀仏」を口から吐き出す瞬間を、写真のように写している姿でした。


「これってさ……きっと、この像を見た人は、これを読むと“そうだそのとおりだ”って感じるんだと思う。
でもみんなこういうものを見たときに“すごい”とは思っても、それを表す言葉がないんだと思う。
だから“すごーい”とか“ヤバい、ハンパない”で終わっちゃうんだと。
感じることはできても、みんながみんな、こうやって言葉にすることができないんだよ。」

いきなり娘が語っていて、どうも私の文章を褒めてくれているらしいのね。
私も出世しました。

by apakaba | 2014-04-14 23:30 | 生活の話題 | Comments(2)
Commented by キョヤジ at 2014-04-15 00:51 x
いや、娘が成長しとるぞ。w
Commented by apakaba at 2014-04-15 07:22
「キョヤジさんは元気になったかな。わたし会いに行ってもいいんだけど」と心配するくらいには成長しました。


<< 女の人生って?就活って?おばさ...      「栄西と建仁寺」展と「観音の里... >>