あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 21日

「アキタコマチ」気胸手術

c0042704_21511832.jpg


おととい、次男「アキタコマチ」が気胸の再発防止のための手術をした。
左肺の上の部分を切除するもので、昔のように開胸せず、上半身に3箇所小さい穴を開けて肺を切り取って取り出すという。

最近、私は疲れが激しくて、座ったとたんにどこででも魔法にかかったように眠りこけてしまう。
手術前日に息子を入院させ、担当医から説明を受けたが、そのときも小部屋に入ったらたちまち眠気が襲ってきて困った。
個室に入って、レントゲンなどを見ながら自分の息子の手術の説明をしてもらっているのに、その場で眠りこける母親っているんですか?

本当に自分が情けないが、手術中も待合室で泥酔客のように寝ていた。

c0042704_21513838.jpg
何文字かは読んだ

その間に、手術はなにごともなく済んだ。
切除した肺の一部を見せてもらった。
思っていたより、大きく切り取るのね。
目算で2センチ×5センチくらいの肉片。肉じゃないけど。
生まれて初めて、肺というものを見たぞ(あとで子供たちから「いいなあいいなあ」と言われた)。
その肉片(じゃないけど)を見つめていると、“そうだった、あの子は生まれたときから体が弱かった”とぼんやり思い出した。
頑丈な上の子と下の子に較べ、真ん中の「アキタコマチ」は生まれたてですでに、なんとなく弱々しかった。
“この子は二十歳まで生きられるだろうか”と、わりと本気で、成人するまでずーっと心配だった。
二十歳になってやれやれ一安心と思っていた矢先に、気胸をくりかえし、手術となってしまった。
現代西洋医学よありがとう。
私は東洋医学が好きだが、こういうときはやっぱり西洋医学の出番。
悪い箇所はズバッと切り捨てて力技で治しちゃう。

c0042704_21534058.jpg


手術直後は、当たり前だがかなり苦しそうにしていたが、今日お見舞いに行くともうだいぶしっかりしていた。
私もこの眠りこける癖を早く直さねば。

by apakaba | 2014-11-21 21:55 | 子供 | Comments(2)
Commented by agsmatters05 at 2014-11-22 00:59
私はapakabaさんにもっとぐっすり眠ってもらいたいです。
毎日、毎晩、その日の疲れを次の日に引きずらないでもらいたいな。
Commented by apakaba at 2014-11-22 06:47
ミチさんありがとうございます。
エンドレスな疲れの中に暮らす生活が、ここ1年以上ずっと続いていますね。
定年後は元気になるのかも。


<< 保育園退職      手術延期は誰のせい >>