2015年 01月 08日

今年の抱負

遅くなってしまったが、今年の抱負を書いておく。
今年の抱負は「お金を稼ぐ」

去年の11月に、難聴のため保育園を退職して、仕事は旅行のウェブライターだけになった。
やめてみると、これが実にストレスがなくて最高。
保育園の子供たちはほんとにかわいかったけれど、それ以外のさまざまなストレスがいかに大きかったかわかった。

旅行ウェブライターは、旅行好きな人の集まりで知り合ったライターの前原さんという方から誘われて、なんとなく始めた。
前原さんは『地球の歩き方』シリーズを始めとしていろいろな媒体で執筆をしている方だし、旅のイベントで何度もお会いしていたから、「まったく知らない人のもとで働くより信頼できる」と思ってやることにしたのだ。

そしてこれは始めてみると、実にストレスがなくて最高。
前原さんは書き方の指導を的確にしてくれるし、納品できそうにない月はリタイアさせてもらえるし(ほんとは困っているだろうけど)、新しい仕事も紹介してくれる。
稿料はすごく高いというわけでもないけど毎月ちゃんと支払われるし(ライターといっても、会社によってはただ働き同然ということも多いらしい)。
なによりも、私は書くことが好きで、それと同じくらい旅行が好きだ。
自分の最大の趣味である「旅行」について書けばいいのだからいいことづくめだ。

ただ、心配なことがふたつあった。
ひとつは、前原さんが自分をどう見ているかということ。
仕事上のやりとりはすべてメールで、会うことがない。
いろんな仕事をしてきたが、いわば“上司”とまったく顔を合わせないというのは、初めてやってみたけれど甚だ不安なものだ。
「こんなことを言うと内心では怒ってないかな」とか「使えない奴だと思われてないかな」とか、疑心暗鬼になる。

先日、旅のイベントでお会いしたときに、前原さんが「こんなことも仕事のうちとしてやっています」と、チラッと紙片を見せてくれた。
それは、私のような下っ端ライターの原稿に赤字で添削を入れているものだった。
真っ赤だった。
“てにをは”や句読点の位置の指導から、文章全体に対する厳しい批評と書き直しの依頼文。
こんなに細かく赤を入れて書き直しをさせているのか!
私は目を見張り、「あれ待てよ?私はこんなこと一度もされたことない」と思い出した。
「そりゃそうだよ、ミタニさんは文章が上手に書けているから。ほとんど問題ないもん」。
そう言われたことが、昨年末に一番ほっとしたことだ。
「書ける人は、こちらのしてほしいことを的確につかむし、失敗を指摘すると二度とくり返さない。書けない人はいつまでも同じまちがいをくり返す。書ける人しか残れない」。

ふたつめの心配は現実的な問題、つまりお金だ。
いくら一生懸命書いても、収入は保育園勤務に較べてガタ落ち。
でも、ライターは難聴で貧血で虚弱な私にもやれる仕事だ。
だから今年の抱負が「お金を稼ぐ」なのだ。
保育園パートタイマーより、ストレスも収入もグッと減ったけれど、収入はとにかくがんばってできる限りパート勤務時代に近づけていく!

c0042704_1422625.jpg


私が9歳のときに急死した父は、新聞記者だった。
私は、小さいころから、文章を書く仕事をしたいと漠然と思っていた。
あれから40年ちかくかかって、やっとそうなった。
社会部記者と旅行ウェブライターでは仕事内容が天地の差だが、父みたいに40代で過労で死んじゃったら元も子もないもん。
だから倒れない程度に「お金を稼ぐ」!

旅行のことを書くのは無条件に楽しい。
旅行はぜいたくな趣味だ。
生活に必要のないことだ。
けれども世界を近く感じられる。
私のちっぽけな記事を読んで、それが記憶の片隅に残って、いつか「ここへ行ってみよう」と思う人がひとりでも出てくれれば……と願って書いている。
毎日、それを信じて書いている。

私のコラムはこれ→エイビーロード「たびナレ」の私の記事一覧
いつまで続くかわからないコーナーなので、「いいね!」を付けてくださると首の皮がつながります!

by apakaba | 2015-01-08 23:10 | 生活の話題 | Comments(4)
Commented by kaneniwa at 2015-01-12 22:51
抱負というわけではないのですが、
私は稼ぐことと同時に「金を遣う」ということに
思い入れをもちたいと思います。
選挙というのは年に1回ぐらいしかありませんが、
消費をする時にAにするかBにするか、という選択は
毎日のようにあります。
何気ないようで、それが積み重なって
大きな方向性に関与しています。

子どもに小遣いというものを渡し始めた時期に
小学生だった長男に
「お金というものは何に使えばいいの?」
という素朴な質問を受けた時のことを思い出します。
貯め方なら、節約とか我慢という答えが出ますが
とっさに言ったのは
「私は人からありがとうと言われながら出してくれる
 お金を稼いでいるので、ありがとうと言えるものを
 買えばいい」
ということでした。

私もありがとうと言えるものを日々選択していきたいと
思っています。

BYマーヒー
Commented by apakaba at 2015-01-13 08:45
お金は大事ですよね。
私は、もうここ何年も、ほしいものはお金だけです。
税金はありがとうって思ってない対象にも払わされてしまうので困ります。
Commented by 木村麻衣子 at 2015-01-17 22:38 x
突然のご連絡失礼致します。
サイバーエージェントの木村と申します。

是非ともAmebaが運営する情報メディア
「Spotlight」、「by.S」などのAmeba公式ライターとして
参加頂けないかと思いお声掛けをさせて頂きました。

★記事作成頂けるメディアのご紹介

Spotlight(話題を生み出す発掘メディア。月間訪問者数が900万人突破!)
http://spotlight-media.jp/


by.S(大人ガール層をターゲットにした「毎日をアップデートできるような情報」メディア)
http://by-s.me/

記事作成のジャンルは問いませんので上記のメディアをご覧いただき
カテゴリにあるジャンルであれば問題ありません。


記事は、『Amebaみんなの編集局』という編集システムが御座いますので、
そちらを使って記事を書いて頂きます。

★公式ライターとして参加すると・・・

弊社が運営するキュレーションバイラルメディア「by.S」、「Spotlight」
の記事を書いて頂けます。

記事作成支援金として、記事アクセス数に応じた報酬プログラム
やランキング賞金など独自のボーナスプログラムが御座います。
詳しくはこちらをご覧下さい。

▼Amebaみんなの編集局について▼
https://curation.ameba.jp/

ご興味ございましたら、writer_recruit@cyberagent.co.jp
までご連絡くださいませ。

どうぞ宜しくお願い致します。
Commented by apakaba at 2015-01-19 22:24
ご案内ありがとうございます。
私は現在、リクルートのウェブサイトでのライターの仕事を複数かけもちしているため、参加できません。
また機会がありましたら、よろしくお願いします。


<< 苛立ちのあまり泣きたくなる病気      今年のお正月 >>