あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 25日

玄関は脱衣所ではない

我が家はせまい二階建てで、玄関のドアを開けるとすぐ階段と廊下がある。
廊下の突き当たりがお風呂だ。
長男「ササニシキ」は、お風呂に入るとき、階段の3段目に着替えを置いて、玄関でズボンとパンツを脱ぐ。
そして脱いだもので前を隠して、廊下を歩いて風呂場へ行く。
毎晩必ずだ。
お尻は丸出しのままスタスタと廊下を歩いていく。
脱衣所(せまいけど一応ある)で脱ぐのは嫌だという。
あとの家族4人はみんなそれがとても不快だ。

「急に玄関のドアが開いたら困るでしょう!」
と怒っても、
「俺の反射神経をもってしてそんな失敗をするわけないでしょう。」
と鼻で笑うだけだ。

おとといの夜、とうとう事故が起きてしまった。
“尻隠さず”の事故ではなく、娘の「コシヒカリ」が、取り込んだ洗濯物を抱えて階段を降りてきて、「ササニシキ」がいつものように置いていた着替えを踏んで、階段から落ちてしまったのだった。

c0042704_21153175.jpg
庭(というか家の前の空いてる地面)に咲いてたフリージアに日々癒されている


「コシヒカリ」は足首を骨折し、靭帯を伸ばしてしまった。
全治6週間。
自転車通学しているので、高校への朝夕の送迎、塾への送迎、整形外科や通院中の歯医者への送迎、ああ久しぶりの送迎運転手生活。
子供も大きくなったし、もうこういうこともないと思ってた。

娘だけでも3年おきに3回骨折している(すべて右足)。
男子二人は、当然これ以上に怪我をしている。
ほんと、母親は運転手ですよ。
いつも思うけど、運転ができないお母さんって、こういうときどうしているんだろう。

きのう、娘を車に乗せているとき、めずらしく右耳から耳鳴りが強く聞こえた。
私がとくに悪いのは左耳で、ふだんは左耳からのピーピーという耳鳴りが大きく聞こえ続けている。
右耳からはシャーシャーというような別の音が小さく聞こえている。
ふだんは右の耳鳴りはほぼ気にならない。

でも似たようなことがあった。
そういえば、去年、次男「アキタコマチ」が気胸になって、彼を乗せて病院へ運んでいたときに、初めて右耳のシャーシャーという耳鳴りが大きくなったのだった。
右耳が鳴り出すと私のピンチか。

「ササニシキ」は今日もやっぱり階段の3段目に着替えのパンツを置いていたから、
「もう玄関はだめ!」
と怒鳴りつけて脱衣所にパンツを放った。
ほんとにまったくよ〜〜〜〜〜〜〜〜。


by apakaba | 2015-04-25 21:23 | 子供 | Comments(0)


<< ハチマルマルはルームナンバー。...      週休1日、ぽかんとする日 >>