あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2015年 11月 30日

見た夢をそのまま書いてみる(“佐藤”)

c0042704_12442959.jpg
本文とまったく関係ないけど、ある日の夜に次男が作ってくれたおつまみ。
焼きねぎ。
私が作るときはだしでひと煮立ちさせて焼き浸しにするが、これは塩胡椒と酒だけ。
包丁の入れ方がプロだ。美しい。



夜遊びがたたって眠い。
眠くて原稿書きができず、ちょっとだけ寝ることにする。
居間で椅子を3脚つなげて横になって寝る。

夢の中で、同じように居間で椅子を3脚つなげて寝ている。
インターホンが鳴り、起きたくないから無視しようかとも思うが、配達物だと再配達が面倒だ。
毛布を抱えてよろよろ起き上がり、「はい」と寝起きそのものの不機嫌な声を出してみる。
小さく、高めな男性の声がする。
「佐藤です」と言う。

「佐藤ですが、はい、どうも。ちょっと、出てきてくださいね。」
そんなこと言われて出るわけがない。
こんな声の佐藤なんか知らない。
やわらかくて、でも有無を言わせない図々しい話し方。
「はあ。なんですか。どういうご用件ですか。」
「ええ、出てください。お話があるんで……佐藤ですが……ええ、こっちから行きますね。」

「あのーなんですか? どういう……」ガタッと玄関で物音がして、飛び上がる。
“佐藤”がインターホンを切り、家のドアを開けて、勝手にもう上がりこんでいる!

玄関から続く廊下に立った佐藤を見て戦慄する。
地味なスーツにコート、山高帽に似たデザインの黒い布の帽子を、すでに脱いで右手に持っている。
丸い大きな目が薄暗い廊下できらっと光り、笑うわけでもなく私を見た。
佐藤は30代くらいのようだ。
こいつは泥棒なのか?
私に何か危害を加えるつもりで、一人でいる時間を狙って来たのか?
目的はぜんぜんわからないけど一つだけはっきり言える——この男は、私の味方じゃない。

ずかずかと廊下を進んでくる佐藤を振り切ろうと、居間へもつれる足で逃げる。
なぜかインターホンを取り上げて叫ぼうとするが、それはあまり役に立たないとわかってインターホンの受話器を収め、窓を開けて「助けて!」と叫ぼうとするが近所には聞こえないだろうとも思う。
テーブルの上の携帯電話を思い出してそれで110番通報をしようとする。
しかしたった3個の数字をプッシュすることができない。
怖くて、手ががたがた震えて、指が定まらない。
そうこうするうちに、居間の入り口まで佐藤が歩いてきて、丸い大きな目で私を見据える。

携帯電話を握ったまま絶望する。
居間の中に佐藤が進んでくるまでのわずかな時間に、地団駄を踏むばかりに後悔している。
なぜ、玄関の鍵を閉めておかなかったんだろう。
私はいつも玄関の鍵を閉めない。
朝、家族が出かけると、自分が家にいる限りは夜の戸締りまで鍵は開けっ放しだ。
それを「なぜ、なぜ、なぜ」と後悔する。

そこで起きた。

久しぶりの、本当に怖い夢だった。
コーシローがストーブの前で寝ていて、コーシローはなぜ夢の中でなんの役にも立たなかったんだろうと少し考えた。
でも私の夢だから、私が番犬としてのコーシローになにも期待していないんだなと思った。
でもこれからは玄関の鍵はかけておこうかなとも思った。


by apakaba | 2015-11-30 13:03 | 生活の話題 | Comments(2)
Commented by kajikko at 2015-11-30 20:30 x
この夢、怖いなあ。見たくない夢だわ。鍵はかけたほうがいいという無意識に思っているのかもしれんね。
Commented by apakaba at 2015-12-01 16:50
うん、これ読んだ友達みんなから「在宅中もちゃんと鍵かけろ。ていうか在宅中こそかけろ。空き巣狙いより怖い」って忠告された!


<< 弁当写真(どうでもいい日記)      「パリ同時テロで思うこと」から... >>