2015年 12月 02日

弁当写真(どうでもいい日記)

c0042704_09460785.jpg
おとといの散歩中
陽射しが冬


毎朝、Facebookにお弁当の写真を載せている。
私の作るお弁当は、食べれば大変おいしいのだが、写真を美しく撮る気力も時間もないため、写りはヒドイ。
それでも、記録しておくと役に立つ。
Facebookの機能で「×年前のふりかえり」があり、1年前や2年前といった、過去の同日の写真が出てくる。
これを見ると、「代わり映えしないわね……」とも思うが、「こんなおかずも作っていたんだな」と自分へのヒントになることがある。
便利な時代ね。

たとえばこんな感じ……Facebook友達には見飽きているでしょうが……

c0042704_10151721.jpg

きのうは、銀だらの粕漬け焼き、ピーマンとハムのスクランブルエッグ、かぶの葉の胡麻風味炒め、なすの梅肉浅漬け、ゆかりごはん。

c0042704_10182737.jpg


今日は、さばの味噌煮ごぼう添え、厚焼き玉子、もやしとブロッコリースプラウトのひき肉炒め、ポテトサラダ、胡麻塩ごはん

だいたいこんなようなお弁当を毎朝作る。
これを朝食にも食べる。
週休1日なので面倒でしょうがないけど、作るのは嫌でも食べるのは好きなのでがんばる。
長男の「ササニシキ」には、はと麦茶とコーヒーとおにぎりも持たせる。

コックの「アキタコマチ」は、食べながら「これうまいね。どうやって味付けしたの?」と熱心に聞いてくる。
「アキタコマチ」の「とにかくシェリービネガーはうまい。バルサミコ酢を切らしても、シェリービネガーだけは常備したほうがいいよ。」という助言に従って、今朝のポテトサラダにもシェリービネガーを使っている。

私は酒飲みなので、お弁当でも、作るものはなんでもお酒に合うものになってしまう。
作りながら「これで飲みたいなあ。弁当だけに入れるのはもったいないなあ」と思っている。
毎晩飲むので、夜は夜でもっといろんなものを作る。

家族がいなかったら、私は絶対に料理をしなかっただろう。
100%買ったものと外食で済ませて、早晩アル中になっていただろう。
家族は枷にもなるけど私のようなだめな人間には救いにもなるわね。

c0042704_10421869.jpg
これ、私のApple Watch のフェイス。
香港の風景のタイムラプス。
毎日、数えきれないほど時計を見る。
そのたび、時刻に合わせて移り変わる香港の風景が目に入り、そのたびに「また、旅行に行かれるように、がんばろう。」と思う。
そのためにこれをフェイスにしている。
今日も原稿書きがんばろう〜。


by apakaba | 2015-12-02 10:47 | 生活の話題 | Comments(0)


<< 口を開いて話をしよう。それを覚...      見た夢をそのまま書いてみる(“... >>