あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 18日

付き合う? 友達? まさかカリカレ?

c0042704_18151525.jpg
散歩中。保護色のコーシロー


「コシヒカリ」は、「大学に入ったら、カレを作る!」と意気込んでいる。

私 :いいんじゃないの。まああんまりろくでもないカレに引っかからないように気をつけてください。
コ :大丈夫。わたしその辺は見る目あるから。でも“付き合う”のって、何をするの?
私 :うーん、スポーツ観戦?
コ :えええー。
私 :寒いよラグビーとか。野球は季節によっちゃ暑くて、長いし。
コ :わたしダメ。ルールわかんないし。
私 :そういうのを説明してくれようとする男ってのもいるのよ……まあ私はあんまり好きじゃないけどね……

コ :あとは?
私 :うーん、映画かなあ。なんだかんだお金かかるよ、付き合うのって。映画だって、行く前に食事して、映画見て、終わったらお茶飲んで、とかやってるとどんどん使っちゃうし。あと“記念日”? プレゼントとか。
コ :そうだそうだ! カレがいる友達、みんな記念日だらけで大変。交際して、一ヶ月記念日とか、二ヶ月記念日とか。
私 :新生児みたいじゃん(赤ちゃんが生まれてから1年はお祝い事ばかり)。お食い初めとかね。とにかく男と付き合うのってなんだかんだとお金かかるよ。バイトするんだね。
コ :あとは?
私 :うーん、あとは……あ! そうだ! 付き合ってると、飲みに行くね。飲みに行くっていうのは、映画やスポーツ観戦とおんなじように、リッパにひとつの行事だね! ごはんを食べるのとはちがうの。まあ飲める相手というのが前提だけど。

コ :でもそんなふうに遊びに出かけたりするのなら、友達でもいいような……友達と何がちがうんだろう……あのね、最近、若者はあんまり友達と恋人の区別がはっきりつかないらしい。どっちでもないって感じらしい。
私 :でも同じことをしてても、友達と出かけるのとはちがうと思うけど……
コ :最近は“仮のカレ”みたいなのが流行ってるんだって。ほんとに好きな相手じゃないんだけど、異性と一緒にいることで、かわいく見せようとか、女の子らしくする気持ちをアップさせる効果があるんだって。それで、それがほんとのカレができたときに役立つ、と。
私 :んんん? それって女の子の立場ではそうかもしれないけど、そのカリカレにはなんかいいことあるの? 賃金が発生するとか?
コ :アハハハハハ! 賃金!
私 :だってその男には何が得なのよ。それに、女のほうからしても、好きな男に会うならそりゃうれしいから、かわいくなろうとしてがんばるけど、そんなバイトギリギリみたいな男が相手で、どうやって女らしい気持ちが出てくるのよ。さっぱりわからない。
コ :異性だってことが大事らしい。
私 :なんか都合がいいなあ。あまり賛成できないね。
コ :まあとにかく、今の若者は、あんまり恋愛にガツガツいかないらしいよ。

私 :まあそれはそうでしょう。今は漫画とか健全だもん。昔は小学生が読む少年雑誌だって、とんでもなくガツガツしてたよ。
コ :あーえーと、『ハレンチ学園』とかいうのがあったとかって……
私 :あったねえ『ハレンチ学園』。とにかく昔は、男の子は小学生でも女の子の裸が見たい! 触ってみたい! という欲望を持つのが当たり前で、そういう漫画とかがあふれてた。女の子も、男はそういうもんだと知ってたし。今は少年雑誌はみんな“友情”だの言っちゃって、健全だもん。そりゃ恋愛にガツガツいかないよ。
コ :あーそうかもね。


c0042704_18162082.jpg
年寄りになったコーシローはよくこの表情をする


私は「コシヒカリ」の年頃、はるかに悪い子で破廉恥だったけど、それは時代ということで……かわいい娘がだんだん巣立っていくのは心配。
心配だけど、やっぱり“友情”とか寝ぼけたことを言ってないで、きちんと“付き合う”ことを知ってほしい。
でも心配。
息子二人にはまったく感じることのなかった、アンビバレントな気持ち。


by apakaba | 2015-12-18 18:19 | 子供 | Comments(0)


<< 誰と全取っ替えしたい?      見た夢をそのまま書いてみる(影... >>