あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 23日

歌舞伎座十二月大歌舞伎、夜の部連続ツイート

今月はいろんなことをしていたので、歌舞伎のツイートが遅くなっちゃった。
ふだんより少なめツイートです。

c0042704_17295475.jpg
東京芸術劇場で「レミング」を見た。
うーん。私はおもしろくなかったな。


すっかり日が経ってしまったけど、12月6日、歌舞伎座夜の部、妹背山婦女庭訓、杉酒屋。七之助が、か、かわいい。見目麗しく、昔より色っぽさが出てきて素敵。児太郎、ここだけの話だけど女形よりタテ役の方がよくないか。なんかかっこよくなってきちゃったし、世話物のお兄ちゃん役とか合いそう(続

2)道行恋苧環、松也くんはふつうの演劇だったらきっと十分うまいのだろうけど、歌舞伎座では沈むなあ。存在感まだまだ。二人の美女に愛されるほどの色男には達していない。七之助、おぼこからちょっとはみ出た、あだっぽさがにじみ出ていてうまい。松也くんとすでに深い仲ということが窺い知れる(続

3)三笠山御殿、玉三郎が…か、かわいい……ッ!七之助よりはるかに年上なのに、七之助より可憐でいい女ってどゆこと。あんなかわいい女がいたら到底ほっておけないでしょう。いじめのシーン、「はい」と消え入りそうな返事をする声が……たまらん。あの「はい」の声だけでも、真似してみたい!(続

4)ストーリーは例のごとくメチャクチャだが、とにかく玉三郎のかわいさに身悶えした、今年最後の歌舞伎鑑賞であった。その次の週に寺山修司の「レミング」を東京芸術劇場で見たが、まったく乗り切れなかった。演技の厚みが、歌舞伎とはあまりにも違っていて。歌舞伎見ちゃうと現代劇はつらい。(終


by apakaba | 2015-12-23 17:31 | 歌舞伎・音楽・美術など | Comments(0)


<< クリスマス・イヴ讃美礼拝に行ってみた      ラーメン二題 >>