2016年 01月 03日

この先のお正月のことを思う正月

c0042704_12261313.jpg
次男謹製、伊達巻き。


年々、うちのおせちのおいしさがレベルアップしていくが、今年はやはり、次男「アキタコマチ」が2年間の調理学校の勉強を経てプロのコックになったことで、格段に手早くなり、味の完成度が上がった。
手先の器用さは当然あるが、やはり、漠然と料理を作っている素人とちがって、料理を科学として理解しているところがちがうんだろうな。

毎年、「いつまで、こうしてみんなでお正月を迎えて、手作りのおせちを食べられるだろう」と、さびしくなる。
それは子供達のほうも思っているようで、「オレたちが出て行ったら、おかーさんどうするの?」と聞かれる。

「作らないよ、こんなめんどくさいもの。みんなが食べるから作るんで、お父さんとふたりじゃやる気ないもん。お正月に集まることがなくなったら、まあ、旅行とか行っちゃうだろうな。年越し海外旅行とか、年越し国内旅行。家族がいなきゃそっちのほうが楽しいもん。」

いつか子供が誰も帰ってきれくれなくなったら、年越しの旅行に行こう。
みんなそれぞれの場所でがんばっているだろうと想像しながら。
それまでは大掃除をして、おせちを作って食べて、百人一首をして、初詣に行って、年始回りに行く。


by apakaba | 2016-01-03 12:48 | 生活の話題 | Comments(0)


<< 旅の長さは関係ない      大晦日恒例「冬の大感謝祭」は今... >>