あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 29日

大人は“いそいで”る

c0042704_17343380.jpg
コーシローは急ぐことを知らない
甘えたいときは顎を膝に乗せてくる


今朝、用事があって急いで支度をしていると、娘の「コシヒカリ」が起きてきて「洗濯物はどうするの?」と聞く。
「うーん、急いで支度して時間があったら干す。洗濯物を干すのってけっこう時間がかかるのよ。」
「え、でもおかーさん洗濯物を干すのは速いじゃない。」
「それは急いでるからよ。」
「台所の洗い物は?」
「急いでやる。」

「コシヒカリ」はふふふふふっと笑って、
「おかーさんの“いそいでる”ってすごいね。“いそいで”やるとなんでもできちゃうんだね。この前、りんごをすごいスピードでむいてて、『速いねえ』って言ったら『いそいでるから』って言ってた。なあに“いそいでる”って。すごい力。」
「コシヒカリ」は、よく小さい子供のようなことを言う。


by apakaba | 2016-01-29 17:45 | 子供 | Comments(0)


<< 声は力になるか      友達と、大学受験に行ってみよう >>