あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 21日

金魚の夢は、吉夢? 凶夢?

子供のころから、たまに金魚の出てくる夢を見る。
決まって嫌な内容だ。
だから金魚が出てきた時点で、夢の中ですでにブルーになっている。
金魚は好きだが、見ているうちに生々しい悪夢を思い出してきゅうに気持ちが悪くなることもある。

初めて見た金魚の夢は、小学生か中学生のころ、私が大事に飼っていたリュウキンと同じ形の金魚が、金魚鉢から跳ねて飛び出してしまい、床をそのままサササササササッと私の足元まで猛スピードで近づいてくる夢だった。
金魚鉢から一歩(足はないけど)出た金魚は完全に無力で死ぬしかないと思い込んでいたのに、そんなふうに床を這ってこられることに仰天し、叫び出すほど怖かった。

高校生くらいのころ、お椀でけんちん汁かお雑煮のようなものを食べようとした瞬間に、目の前の金魚鉢から赤い和金が跳ねて、お椀に飛び込み、みるみるうちに煮えてしまったという夢も見た。


c0042704_15045836.jpg
赤犬だけど巻き毛じゃない



今朝は久しぶりに金魚が出てきた。
大きな水槽が割れて、大量の赤い和金が床に流れ出してしまう夢だった。
そういう内容の夢はこれまでも見たことがあったが、ちがっていたのは、いつものように私が「また金魚の夢か。また嫌な展開か」とブルーな気分になるよりも早く、「なんとか救わなければ」と考えるところだった。
水槽が割れたのは人がたくさんいる場所だったので、すでに人の足で踏み潰されてほとんどの金魚はずたずたになっていた。
指でつまむと、ただでさえ小さな和金の身は、すでに半分にちぎれている。
それをゴミ箱に放る。
まだ生きているような一匹を、口の中に入れた。

口に入れて、どこかへ運ぼうとしていた。
それをしている自分が、吐きそうなほど気持ち悪かった。
けれども“今までの自分とちがう行動だ”という自覚もあった。
最初の夢では、足元に這ってこられただけでぞっとした。
次の夢では、具材のようになってしまった金魚でも、口に入れるなどとうてい考えられなかった。

少し広い場所に出て、口から金魚を出して、床に置いてみると、動かない。
口の中でも動いていなかった。
すでに死んでいたのかもしれない。
口の中に入れれば、踏まれたりして傷つく心配はないけれど、水の中ではないから呼吸ができないではないか。
なぜそれがわからなかったのだろう。
自分の馬鹿さ加減にがっかりした。

そもそも水の中に放さず、ふたたび床に置いたら生き返るはずがなかった。
しかし見ていると、頭が上がって、口がパクパクした。
生きてた、と思う間もなく、金魚ではなくなって、とても小さな犬に変わっていた。
飼ってくれる人を見つけなければ……と、赤い巻き毛の犬を見て思ったところで終わった。

「『たまに金魚の夢を見る』という人は初めて」と言われたことがあり、夢占いではどういう意味があるだろうと検索してみた。



うーん、ピンとくるようなこないような。
私の夢に共通するのは、「金魚は金魚鉢や水槽から出てしまい、死ぬか瀕死」なこと。
とくに「泳ぐ金魚を眺め」てはいないこと。
そして「とても気分が悪い」ことだ。
じゃあいわゆる「凶夢」ということ?
今朝の夢の最後の最後で、いちおう瀕死の金魚を救って、それが犬に生まれ変わったのは、悪くない兆候かしら。


by apakaba | 2016-03-21 15:12 | 生活の話題 | Comments(0)


<< それぞれの4月      受験終了、銭湯女子、復活! >>