あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 18日

またしても、いまだに、救急車代わり

影絵人形劇団のミーティングに出て、人形製作をしている最中、大学に行っているはずの娘から電話。
朝の通学の時間に、人波に押されて、最寄り駅の階段から落ちたという。
無理して大学まで来たけれど、足を骨折したかもしれない、痛くて歩けない、と言うので、ミーティングを早退して車で迎えに行った。

まったくよ〜〜〜〜〜と思いながら、多摩方面へ向かって、初めての道を走る。
ここのところ、私は風邪の後遺症でアレルギー症状になり、大変体調が悪い。
咳と鼻詰まりがひどくて、喉の薬を10日分、抗アレルギー剤を30日分出されている。
薬のせいで、一日中ものすごく眠くてだるい。

ふだんなら眠気覚ましに音楽をかけて力の限り歌を歌っていくのだけれど、そんなわけで声もうまく出せないから、黙り込んでいる。
ね、眠い。
これじゃ居眠り運転する自信がある。

電話に付き合ってくれそうな人に「電話してー」とメールで甘えてみる。
眠気というのは不思議なもので、そうメールを送っただけで、もう眠くなくなっている。
「電話くれるかな?」「いつごろ手が空くかな?」と考えているから。
ハンズフリーでたわいない会話を少ししているうちに、風景はどんどん緑豊かな環境に変わっていき、娘の学校はこんなに山の中にあるのか……とビックリした。

門の前で娘を待っていると、ぞろぞろと女の子たちが出てきて、「みんなかわいいなあ」とまたビックリ。
こんな山奥の学校でも、女子はかわいくしているんだね。

c0042704_22063293.jpg
庭に母がいろんな草花を勝手に植えていく
それに癒される日々


結局、娘の足は捻挫で、骨折ではなかったので一安心。
これまで、右足ばかり3回骨折している娘だ。
レントゲンを見て、整形外科医に
「君はなにかスポーツをしているの。今までの骨折のかけらが、あちこちに散らばっている」
と言われたそうだ。
なにそれ気持ち悪い。

それにしても、もうこういうことは1年前で最後だと思っていたのに、またなのか。
1年前、「コシヒカリ」が骨折をした話。

2年前、「アキタコマチ」が気胸になった話。

8年前、「ササニシキ」が肉離れ、その他いろいろ、育児に翻弄されていた話。


by apakaba | 2016-05-18 22:11 | 子供 | Comments(0)


<< 中学生に勉強を教えるボランティ...      思いつき横浜方面ドライブ >>