あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 24日

自然を見分ける

c0042704_20073704.jpg

散歩道に雑草が花を咲かせていて、毎日それを見ながら歩く。
「はるじょおん。ひめじょおん。」
花を見ていると、小さい子供だったころの自分の声が聞こえてくるときがある。
花の名前に詳しい母に、よく尋ねていた。
でも「はるじょおん」と「ひめじょおん」の区別は、わからないままだった。

娘の「コシヒカリ」が、「この花はなんていうの?」と聞くから「はるじょおん。いや、ひめじょおんかも。」と答える。
が、結局いまだに区別がつかない。

Wikipediaで見てみると、「はるじょおん」と40年以上信じていたのは実は「ハルジオン」といい、漢字では「春紫苑」と書くらしい。
はるじょおんじゃなく、ハルジオン。
ハルジオンは帰化植物らしい。
そしてハルジオンにそっくりなヒメジョオンは、「姫女苑」と書くらしい。

ここまで見てかなり物知りになった気分だが、その見分けにここ何日か難儀していた。
自力で見分けるのは不可能と思い知り、ネットで「ハルジオン ヒメジョオン」と入れると、すぐに続けて「違い」と候補に出てきて、一発でわかりました。
便利な世の中。
コブシとモクレンも、あやめと菖蒲とかきつばたも、なんでもネットに聞けば一発ね。

でもね、実は私は、ハトの雌雄の見分けがつくのです!
ハトって、そこらへんにいっぱいいるねずみ色のカワラバト、いわゆるドバト。
一羽じゃなくて、たくさん群れているときに、「あれはオス。あれはメス」と言える。
どうしてわかるのかはナイショ。
今までその特技を披露したことは、自分の子供たち以外には、2回しかない。


by apakaba | 2016-05-24 21:50 | 生活の話題 | Comments(0)


<< 腕時計は誰      歌舞伎座團菊祭五月大歌舞伎、昼... >>