あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 12日

新宿数時間の旅

きのう、東京で遊んだことがほとんどないという友達のリクエストに付き合う半日。


c0042704_22313813.jpg
新宿御苑に行ってみたいと。
私も2回くらいしか行った覚えがないな。
遠くに見える、タダナラヌ風格を備えた建物はなに?
こっちまで歩いてきたことがなかった。


c0042704_22342757.jpg
どことなく異国情緒が漂うこの建物は、旧御涼亭(ググってね)というらしい。

c0042704_22430187.jpg

「於物魚踊(あゝ満ちて魚踊れりと)」と書いてあるらしい。
かわいい窓。

c0042704_22501099.jpg

昭和天皇ご成婚の記念に、台湾在住邦人からの寄贈で建てられたという。


c0042704_22535627.jpg


天井のつくりも凝っている。
もとはどんな天井画がはまっていたのだろう。


c0042704_22554069.jpg


楽羽亭というお茶室で、お茶とお菓子休憩。
外国人観光客がしばしば散歩をしてはここにも入ってきていた。
お茶碗はデザインもそれっぽく、さらに「御苑」と書いてあって、なんだかありがたいムードね。


c0042704_22583969.jpg

「楽羽亭」の文字の横に、「中曽根康弘」とある。
ステージ風に仕立てられた、やや謎の間取りのお茶席だった。


c0042704_23054740.jpg

ラクウショウ(落羽松)は、楽羽亭とは特にだじゃれでつながっているわけでもないみたい。

新宿御苑には、意外と人が来るものだな。
自分も東京に住んでいながら、みずから行こうと考えたことがなかった。盲点。

続いて「ゴールデン街をちょっとだけ見てみたい!」というので、その発想もなかった……と思いつつ。

c0042704_23131276.jpg

c0042704_23154432.jpg

明るい陽の光のもと、人影もまばら……


c0042704_23170171.jpg
あのあたりが、火事になったところか。
私には、学生のころ何度か来たことがある程度で、とりたてて思い出もない場所だ。
だが白日のもとのこういう場所を歩くのは好きだ。


c0042704_23211493.jpg

夜は名店(!)「ひつじや」で、羊の脳みそその他でおいしく飲む。
たくさん飲む人ほどお得なお店だ。

京都の友達、神戸の友達など、遠くの友達が来ては「これぞ東京という場所を案内してほしい」と言われたことがあるが、そう言われてもねえ……と頭を悩ませてきた。
渋谷、浅草、表参道、代官山、いろんな場所に行ったけど、新宿でお金をかけずに歩き回るというのは気がつかなかったなあ。
新宿の一番のどかなところと、一番猥雑なところを歩いて、ナイスな組み立てになった。
そしてひつじやはあいかわらずの名店(!)だったことよ。


by apakaba | 2016-06-12 23:30 | 生活の話題 | Comments(0)


<< 選挙に行こうね      京都大阪一泊でいろいろやってみる >>