あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 05日

『恋人たちの予感』から

映画が好きな娘「コシヒカリ」は、レンタルショップでバイトを始めて、毎日のように家で映画を見ている。
メグ・ライアンの『ニューヨークの恋人』を見て、メグ・ライアンつながりで『恋人たちの予感』を見ていた。
あのころ、メグ・ライアンはほんとにかわいかったね。
しかしまったく同時代ではない「コシヒカリ」はなかなか見る目がシビアで、
「『ニューヨークの恋人』の方が、演技がうまい。たしかに『恋人たちの予感』の方が若くてかわいいけど、演技があんまり。」
と言う。
ううむ、当時は「メグ・ライアンならなんでも最高!」ってくらいの人気だったから、演技力なんて考えたこともなかったわ。

『恋人たちの予感』は、私にとっては無条件にバンコクを思い出す、懐かしい映画だ。
映画の公開は1989年で、もちろん見たが、1990年の1月から3月、大学の卒業旅行でインド・ネパール・パキスタンをまわっていた。
トランジットで、最初の数日間、滞在したのがバンコクだった。
“安宿ゲットーともいうべき”と当時の『地球の歩き方』に書かれていたカオサンに泊まって、長期旅行の人々に囲まれて食事をしているとき、ちょうど食堂のビデオで『恋人たちの予感』一番の名シーンが流れていた。

 食堂では、ビデオで『恋人たちの予感』をやっていて、ガイジンたちはそれをくい入るように見ていた。通りにはみ出して立って見ている人もいた。(ちょうど、メグ・ライアンが男友達の前で、「恋人とのセックスはどうやっているのか?」と聞かれて、実演するシーンだった。)
ギャハギャハと笑ったりしつつじーっと1つのTVを見つめるガイジンたちに囲まれ、ここはホントにリゾート地なのねと思った。足元をうろうろするおびただしい数の犬と猫(どこかしら病気で、やせている)は、何となくタイの人に似た顔をしている。



娘にその夜の思い出話をするが、当然ながらピンとこない様子だった。
海外へバックパッカー旅行をしたことのない子には、あまりよくわからない感覚か。
危険なことはいっぱいあるけど、やっぱりいろんな国に行ってほしい。
でもかわいい娘が危険な目に遭うのは嫌だな。
息子二人は勝手にタビビトになっているが、女の子は心配だもん。
と、昔は女の子だった私の複雑な思い。

娘が『恋人たちの予感』の感想を話す。
「まーしかしね、男女の友情はないですよ。」
と私が断じると、「えーっ、わたしはあると思うけど!」と猛反発してくる。

「いや、もちろんあるよ。男女の友情は。でも、それはかなり女の側の裁量に委ねられやすいってこと。
一般的に男の方が、セックスへのハードルはとっても低いから。
友達だって思っている相手でも、女の方が『いいわヨ』みたいな態度をすれば、『え、いいのー?! わーいいっただっきまーす!』ていうことになるよ。多くの場合。
男女の友情が成り立っていられるのは、女が『いいわヨ』って態度を取らずにいることで保たれていることが多いの。
もちろん全部じゃないよ。でもそんなに男女の友情を信じきるのは、ちょっとどうかと思うよ。
だってメグ・ライアンとビリー・クリスタルだって、長年友達だったのにやっぱりこうなってるじゃん。」

はじめは「そんなのあるわけがない……」と反発していたが、「ああ、そういうのもあるかもしれない。」と、少し思い当たったようだ。

「とにかく自分の身を守るのは自分ですから。」
旅行も同じですね。
旅先のレンアイもね。

c0042704_10563659.jpg
以前にも載せましたが。
1990年3月、最後の滞在先ネパールのカトマンズで。
この旅の男性は、どの国でもけっこうなれなれしかったです。
娘がそろそろこの年頃に。


by apakaba | 2016-10-05 11:13 | 子供 | Comments(0)


<< 夫の誕生日祝いの宴      歌舞伎座秀山祭九月大歌舞伎、昼... >>