あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 28日

病気自慢経過報告

c0042704_08380235.jpg


ここ最近の私の健康について、まとめ書き。
年を取ってくると話題は病気自慢ばかりになるとはよくいわれることだが、御多分に洩れずということで。

・足の裏にいぼができて、ずーっと通院しているのだが、ちっとも取れない。
もう何年も液体窒素を吹き付けている。
1回行くと840円かかって、一週間から二週間にいっぺん通院する。
バカにならない。
とうとう、レーザーで皮膚をえぐりとることになった。あ〜。痛そう。
でもこれで治るんなら、やったほうがマシか〜。


・耳硬化症と上半規管裂隙症候群。
難聴は、とくに進行していない感じがする。
ただ、影絵の声を担当しているので、練習期間中はなかなか地獄。
再来週に本番のある劇は『西遊記』で、孫悟空の声をあてるが、セリフの数が膨大な上に、役柄上、大きな声を出し続けているので、とても堪える。
以前、「釣鐘に閉じ込められてガンガン叩かれているような感じ」と書いたことがあったが(閉じ込められたことはありませんが)、そんな状態でずーっと声を出していると、本当にふらふらになる。
先日、練習直後に、人形担当の人から話しかけられ、私に向かって30秒ほど話しているその声が、まるっきり聞き取れなかった。
これは心底焦った。
釣鐘に閉じ込められてガンガン叩き続けられたら、そりゃ出てきた時にはふっらふらで、何も聞き取れなくなるでしょう(きっと)。

c0042704_08402014.jpg


・難聴のくせに何をいうのかと思われそうだが、私は聴覚が非常に敏感で、夜は耳栓をしないと眠れない。
耳の穴がふつうの大人よりもかなり小さいので、ネットで小さいサイズの耳栓を探して買っていた。
これがすばらしい製品で大の気に入りだったのだが、生産終了して、新製品に代わった。
新製品は材質が変わって、サイズも前より大きくなってしまった。
ウレタン製で、復元力が高く、耳の穴を一晩かけてじっくりこじ開けていくような感じがする。
じわーっと押し広げられて、朝になると頭が痛い。
しかもアレルギー体質なので、ウレタンが耳の穴に密着するとかゆくてたまらず、夜中に飛び起きる。
耳栓をしないと眠れないけど新製品になったら結局かゆくて眠れない。

また探して、別のものを買ってみた。
今度はシリコン製で、耳の穴に詰めるのではなく、耳の穴をふさぐタイプ。
大きくてベタベタした丸いもので、粘着力を利用して耳の皮膚に貼り付ける。
とても遮蔽性が高い。
ウレタン特有のかゆさもなくなった。
が、耳の穴をふさぐときに、ちょっと押し込み気味にすると、外耳の中が真空に近くなり、鼓膜を吸い込むような感覚がある。
これは鼓膜にとって負担なのではないか。

さらに、耳の外の音は遮断されて快適だが、体の中の音(自分の呼吸音など)はウレタン製よりも響く。
耳栓のこれが嫌だという人は多い。
私は病気のために、もはやこの体の中の音が頭に響き渡ることは24時間なので、今さらという感じだが。
耳鳴りも24時間していて、シリコン製に替えたら体の中の音が響くようになったので、寝る前は耳鳴りもよく聞こえる。
耳鳴りはふだんは小さく鳴り続けていて、数日にいっぺんくらい、飛行機が通ったみたいに大きくなることがある。
そうなったときは注意力が落ちるので、ちょっと危険。
シリコン製に替えてからは、毎晩、左耳と右耳の耳鳴りの音のちがいを聞き分けているうちに眠りに落ちる。

c0042704_08414497.jpg
渋谷の鳥竹、なんこつ揚げ



・顔の湿疹はあいかわらずで、一生ステロイドのお世話になる感じ。
しかし頭皮の湿疹は、ヘナを始めてから劇的に改善した。
ヘナはインドの天然染料で、ヘナを頭に塗るとデトックス効果が高く、かゆみが治まる。すごいねえ。
顔の湿疹も治まってくれるといいんだけど。


・テニス肘はあいかわらず、ちょっと痛い。すごく痛いということにはもうならない気がするけど、やっぱり少し痛みが残っている。
生理痛はほぼ毎月ひっくりかえるほどつらい。
だが長らく鉄剤を真面目に飲んできたおかげで、深刻な貧血は改善し、薬を飲む間隔を今までよりも空けていいと内科で言われた。
これはうれしい話。

そんなところかなー。
重大な病気に較べて、私の病気や故障のなんとしょぼいことよ。


by apakaba | 2016-11-28 08:54 | 健康・病気 | Comments(2)
Commented by るる at 2017-02-13 20:59 x
はじめまして。
あまりにも体質が似ているので驚いてコメントさせていただきました。
私も耳硬化症と診断され13年経過しましたが、とうとう手術に踏み切ろうかと情報収集しているときにこちらのブログを見つけました。
アレルギー体質、耳の穴小さい、私も聴覚がかなり敏感でした。
難聴になる前は人よりもかなり敏感に気づいてました。
あと生理痛が重く、子宮内膜症の癒着があるのだろう、といった感じですが正確には開けてみなきゃ確定診断できないので薬を飲んでしのいでます。
耳硬化症はピルなどのホルモン剤は禁忌ですが、新しい薬が出たのでそちらだけは飲めるのです。
そして、テニス肘の件ですが・・・私は関節が硬く、肘膝や足くび股関節などが痛くなるのですが昨年難病と診断されてしまいました。
骨が硬まって動きが悪くなる、というのが耳硬化症と同じ理由なのでこの病気の関連性を疑っていますが、どちらも奇病なので当然研究もされておりません。
あと、私も舞台関係の仕事をしており、音楽が流れ大好きなので、耳硬化症と診断された帰り道、生きてる意味がないと泣いてました。
共通点が多く、思わず長々とコメントしてしまいました。
Commented by apakaba at 2017-02-16 08:32
るるさま、コメントありがとうございます!
似た体質の方がいるのは、(治るわけじゃないけど)なんとなく励みになります。
ちょこまかと調子が悪くなるのは、けっこう孤独なんですよね。
いろいろな不調を抱えているのはしんどいですが、がんばりましょうねえ!
耳硬化症の手術をされるという段階では、難聴がだいぶ進んでいる状態ですね。
私は、自分ではうっとうしいですが、きっと聴力自体はさほど落ちていないままだと思います。
電話も、まだ悪い方の耳でできますし。
るるさんの、手術の成功を信じております。


<< 根津美術館「円山応挙」展と、ヱ...      死因 >>