あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 29日

ゴーゴー・インド30年 旅の記憶 蔵前仁一旅の回顧展

c0042704_18480990.jpg

蔵前さんの著書『ゴーゴー・インド』が出版されてから今年で30周年となり、本日より早稲田奉仕園のスコットギャラリーにて回顧展が開催された。
蔵前さんが旅先で買い集めたお土産の物販もあるというので、初日の今日、行ってきた。

学生時代に心躍らせてくりかえしくりかえし読んだ、懐かしい『ゴーゴー・インド』。
本の中にあったイラストの原画、さらにそのイラストの元となった旅先でのスケッチが飾られ、一点一点を見ていると、二十歳になるかならないかの当時の自分が、自分の体の中で「きゃああー!」と歓声を上げているようだ。

どこかの旅の宿にあったものだろうか?
茶色く変色した、古い『ゴーゴー・インド』現物の全ページを、感慨無量でめくってみる。
何人もがコメントを書いており、そこに混じってなんと『ヒマラヤの花嫁』の平尾和雄さんのサインが入っている。
そこでまたまた感慨無量。
蔵前さんに、平尾さんに、インドやネパール、アジア大陸に、当時どれだけ憧れたかわからない。

展示されているイラストを見ながら、どうして自分が30年間も、蔵前さんの旅に惹きつけられていたのか考えていた。
そして急にそのわけがわかった。
蔵前さんの旅の絵の多くには、旅をする彼自身の姿が描きこまれているからなのだ。
私は、“旅をしている、この絵の中の人”になりたかったのだ。

絵の中の蔵前さんは、苦笑したり怒ったりもしているけれど、ほとんどは「目はテンテンだけ、口はぽかんと少し開いているか、描かれていない」かの、無表情に近い顔だ。
蔵前さんは、テンテンの目でインドのさまざまな人や出来事を見ている。
大きなバックパックを背負っていることもあるが、たいていごく軽装ですたすたと歩いている。
たまに街の真ん中で立ち尽くす。
私が好きな蔵前さんは、少し猫背でタバコをくわえて歩きながら、通りすがりにインドの「何か」をふりかえりざまに見ているという姿だ。
あの、無表情とも驚きともつかないような、どうとでもとれそうな顔つきが、とても好きだ。

旅先の絵を描く人は多いが、「何か」を見たときの自分自身を描きこんでいる人は少ない。
写真は誰でも撮るが、旅の写真を撮っていれば、自分は記念写真以外に写らない。
だが、旅先で「何か」を見たとき、旅人はきっとみんな、あんな顔をしているはず。
大げさに目をむいたりせず、ただテンテンの目で、呆然とそれを見て、口はちょっとだけぽかんと開けて。
その瞬間を数限りなく描きこんでいるから、惹かれるのだ。
このなんともいえない表情の、雑踏をすたすた歩く“この旅人”に、自分がなりたかったのだ。


c0042704_20595418.jpg


どの絵にも懐かしい思いがこみ上げるが、懐かしさに胸が締め付けられて泣ける、という心持ちではなかった。
30年かけて、自分なりにいろんな旅をしてこられたから。
これからもきっと、いろんな旅をできるから。
目がテンテンのまま、ふりかえりざま肩越しに「何か」を見ては歩き去っていく世界の旅人とすれちがい、ちょっとおしゃべりをする、そんな旅行を、ずうっとしていきたい。

蔵前さん、あらためまして回顧展開催おめでとうございます。
40周年、50周年も、絶対行きますよ!
そして京子さんはじめスタッフの皆さん、ご盛況おめでとうございます!


by apakaba | 2017-09-29 20:23 | 旅行の話 | Comments(0)


<< 香港ディズニーランド      ちびっこ忍者 >>