あぱかば・ブログ篇

apakaba.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 05日

末っ子気質

きのう、たがめいぬさんからプレゼントの小包が届いた。
中にはダライ・ラマさんの特集番組を録ったDVDと、植木鉢の端にひっかけるタイプのオーナメント。
私がダライ・ラマさんのファンだと知っていて、いつの間にか録っておいてくれたのだね。
スナフキンとミィが歩いているオーナメントは、うちの夫がスナフキンに似ているから選んだんだなとすぐにピンときた。
私はチビだからミィなのね。少ーしトホホ。
(ちなみに原作ではミィとスナフキンは異父姉弟だという衝撃的な事実が書かれているらしい。)

たがめいぬさんは前からプレゼント上手だ。
ここ数年会っていないけれど、以前はよく会っていて、会うたびになにかくれた。
恐縮するほどの大それたものではなくて、「わあ、ありがとう!」と笑顔になるようなちょこっとしたもの。
「俺ひとになんかあげるのが好きなんだよね。」
と本人が言うとおり、とても自然で、気張らない。
でも私のほうからは、なんにもあげた覚えがない。
旧い本を一冊、貸したことがあるくらいだ。
あげてもいいんだけど絶版だったから返してもらったんだな。

先月、ogawaさんが別府に行くというので、
「いいなあ〜。あっちには東京に流通していないおいしい焼酎がたくさんあるんでしょうねぇ〜。いいなあいいなあ」
としつこく言うと、麦焼酎を送ってくださった。
うわ、ホントに送ってくれたの!
うれしさのあまり卒倒寸前!
しかし、大分麦焼酎にはやっぱりかぼす……を絞りたいなあ。
(かぼすは大分にしか、ないのです。大分以外の土地でかぼすを植えても、かぼすがならないのだそうです。)

そこへまた、きのうお届け物が!
K国さんの奥様から、かぼすをどっさりといただきました。
わかりますかこの感激。ほぼナミダ目でした。
夏休み、K国家にホームステイしていた「アキタコマチ」は、
「ああ、大分のにおい。なつかしいにおいがする。」
と言って、おみそ汁に絞っていた。

秋だから梨が食べたいなあと思っていると、ちょうど近所の友だちがいただきものの立派な梨をお裾分けしてくれた。
私はよく人さまからものをいただく。
私の方からはほとんどお返しをした記憶がなく、まして自分からすすんでプレゼントをするなど、思いつきさえしない。
オフ会とかでお土産ものを持って行ったことも一度もなくて、いつもいただく一方。
ぜんぜんそういうことに、気が回らないタイプだ。

“ひとからなにかやってもらう”ことがまったく苦にならない、末っ子気質のせいかなと思う。
だから相性がいいのは、お姉さんお兄さん気質の人になる。
夫の母は典型的長女気質で、私にとにかくいろんなものをくれたりやってくれようとする。
たぶん、冒頭のたがめいぬさんのように、してくれることが好きなんだと思う。
私のほうは、それを全然負担に感じない。
気が回らないダメなヨメのままでずーっと来ている。
もしも私も“やってあげたい”タイプだったら、きっと「いつも悪いわ」と負担に感じてしまうだろう。

夫は一人っ子なので、一人っ子アンド末っ子という最悪アホ面コンビなのだが、私の方がよりアホ度が強いようで、夫は
「こんなにいただきっぱなしじゃ、悪いだろう。なんとかしろよ。」
と言う。
お返しもののアイデアが、浮かばない。
特産品もないし……ううーん。

by apakaba | 2005-10-05 23:38 | 生活の話題 | Comments(17)
Commented by 紫陽花。 at 2005-10-06 10:04 x
いいんじゃないですか、末っ子体質と長男長女体質。うちの妹も物に頓着しないタイプなので、よく洋服をくれますが、先週うちに泊まりに来た時、手土産の一つも持たないので、あれ?とも思いました。プレゼント好きな人はもうそれだけで嬉しいんですよ。よく分かります。それが喜ばれたら最高!見返りなんて求めませんよ。私も考えに考えて贈り物をするのがとても好きなのですが、時にポイントをはずしてがっかりする事も多いんです。プレゼント道も奥が深いのですよ~~。
今日は、眞紀さんのテリトリーに参ります。私にとっては、「清水の舞台」と言うより「イグアスの滝」から飛び降りたくらいの金額ランチ!胸がときめきますわん。松濤「シェ・○尾」グフフ。 もちろん自腹で。イタタ。そういえば、よく美味しい物も御馳走になってる様子の眞紀さん、そういう恵まれた星の下に生まれた幸せをかみしめて。。
Commented by apakaba at 2005-10-06 10:22
ひゃ〜シェ・バツ尾〜〜!マダムだーっ!!
なんの記念日ですかー。ワタシなんぞ池袋東武の4階に入っているシェ・バツ尾でお茶のみするだけでもかなり清水ですよ。
お洋服はダイジョブですか!東武でさえオサレ〜なマダムが続々いますから!

なんかね、すっかりと忘れてしまうのです。手みやげとかって。
集まりのあるとき、手みやげを持ってくるメンバーって、決まっていますよね。ワタシはほんとに気が利かない。周りにお金を使わせてしまうタイプです。
紫陽花。さんは姉気質なのね。だからワタシと合うのかな。
Commented by K国 at 2005-10-06 17:28 x
私の嫁さんは四人姉妹の次女ですが、しっかり長女気質です
名古屋に居る長女からも頼られて相談を受けてます
それに貰い上手です、聞いてる私が恥ずかしくなるくらい喜んで褒めます
絶対に、要らないとか、余ってるとか言わない、くれる人に気をつかう
沢山貰うと自分の姉妹の所へセッセト送ってる、都会に居る姉なんかは
大いに助かってると思います。
人にあげるのも手加減無しにあげてしまう、朝あったと思って帰って食べようとしたら、あげてしまってて無い事がよくある
そんな時は取っといて欲しいとアピールしとかないと後の祭りになる
私もよく物をあげてしまうタイプですが、はるか上を行ってます
アキタコマチに望遠鏡根こそぎ持っていかれました、あげた嫁さん
凄いと思いません
Commented by apakaba at 2005-10-06 17:35
望遠鏡申し訳ありませんでした。
「アキタコマチ」は、帰ってから兄と妹にちゃんと配っていたみたいです。
K国さんもかなりスゴイお人だと思うけど、美幸さんのスケールにはかなわないね。
でも当の美幸さんはそんなことちっとも思っていなくて、自分がおおらかでいられるのはK国さんのおかげだと思っている。
ほんと、高めあう間柄なんだな〜っといつも思います。

かぼすありがとうございました。
これで心おきなく麦焼酎を飲めます。
さっきは妙なところに書いてしまいましたが、美幸さんに「アキタコマチ」の出張肩もみサービス行かせますのでよろしくお伝え下さい。
Commented by 紫陽花。 at 2005-10-06 18:25 x
シェ・罰尾、そうきましたか(フフ)。。いやあ、別世界でしたよ。お料理の蘊蓄は分かりまへんが、素敵!あんなに時間をかけて食事をしたのはいったいいつのことやら、前菜3品が出てはっと気付いたら一時間経っていましたっけ。夢のようなひとときでしたよ。で、お会計の時にいつもながら現実世界が・・。まあ、いずれにせよ、もう一度行ける日が来るかどうか。今日は一応、友の誕生日記念でした。お洋服?心配しましたねえ、昨日まで。でも、結構普通でした、みなさん。マダームもいたようですが。私は、靴がいけてないのが心配でしたが、ま、いいっか。友によるとソムリエバッジをつけたギャルソンが3人はいたとか。で、あの値段をとるのね。ふぅ。当分みそ汁納豆ライス。。
Commented by K国 at 2005-10-06 20:18 x
紫陽花姉さん、それは新幹線で京都往復するより高かったのでしょうか
イグアスですからね~、パラシュートが要りますぜ
無事着地はできました、う~ん未知の世界じゃ
Commented by 紫陽花。 at 2005-10-06 22:06 x
け、K国兄さま、何故に私が姉さんに?? ま、イグアス落下ですが、京都往復の半分くらいです。お料理だと諭吉先生までいかないのですが、エビアンが一本800円、グラスワインが2000円、グラスシャンパンが1500円ふぅ~~。海外旅行はしない私ゆえ、どうぞお許しを。私にも未知の世界でした。これが普通の世界の人が世の中にいるのでしょうか(がくっ)
Commented by ogawa at 2005-10-06 22:41 x
あの程度で喜んでいただけるのなら、送ったかいがあります。
あまり飲み過ぎないように(^^)
Commented by apakaba at 2005-10-06 23:19
紫陽花。さん、詳細レポートありがとうございます〜。
そのころワタシは風邪で休んでいた「アキタコマチ」とふたりで、冷凍グラタンと硬くなったパンを食べておりましたわ。
みそ汁納豆ではビタミンCが足りないのでお野菜をお召し上がりくださいねん。

ogawaさん、今日は用心してワインを一杯だけにしてみました。
ゆうべいろんなところで無茶苦茶なコメントを残していったのを今朝になって見て、まるでゲ×の跡を見るようじゃないかとうなだれ……(きったねえ)
酒飲みは単純、酒飲みは酒に意地汚い、酒飲みは幸せがスバヤクやってくる、酒飲みは懲りない、ほんと、バカですねおたがい(おたがい?)
Commented by たがめいぬ at 2005-10-07 00:51 x
喜んでもらえてうれしいです。

僕も眞紀さんから貰った 念入りの小さな仏像はとっても嬉しかったですよ。

何よりも 今読み終えた「ムスリムの女たちのインド」を紹介してくれたことにとっても感謝しております。

この本は「ラオスのすてきな笑顔」「地雷を踏んだらさようなら」に並ぶ僕の感動本ベスト3になりました。

これらの本に共通している感想は 人って優しくて そして素晴らしい生き物なんだと思えることです。

「ムスリムの女たちのインド」は読んでいるときに 幾度も文字がにじんで先に進めなくなりました。
柴原さんが人の優しさに触れ 彼女自身も人として優しさに包まれた素晴らしい女性になっていったのだなと感じました。

実際に彼女のスライドショーを見に行ったときの彼女の魅力は ああそういうことだったんだ と本を読んで納得しました。
Commented by apakaba at 2005-10-07 00:58
あーっ、そうか、いっぺんだけモノを差し上げたことがあったわね……サイト20000hitの記念品でしたね。100000hitのときには私がちゅーをすると勝手に決めているおじさんがいますが、それはモノにはならないなあ。
たがめいぬさんなら、絶対泣くから要注意!って書いたでしょ。うふふ。
でもうれしいですね、きっかけになれて。
Commented by ogawa at 2005-10-07 12:42 x
>酒飲みは単純、酒飲みは酒に意地汚い、酒飲みは幸せがスバヤクやってくる、酒飲みは懲りない、ほんと、バカですねおたがい(おたがい?)

うっ!! 返す言葉がない (^^;;
お酒はほどほどに・・・っと
Commented by apakaba at 2005-10-07 18:44
ogawaさん……お酒はどぼどぼに、じゃあないんですか?
前に「飲むときは中途半端じゃなくてたくさん飲みたいから、休肝日を設けるのだ。中途半端に飲んだって仕方がないのだ」って威張っていたではないですか。
私は「なんて理性的な人なんだ……え、理性的か?」とやや混乱して聞いたのですが。
Commented by ogawa at 2005-10-07 21:04 x
>前に「飲むときは中途半端じゃなくてたくさん飲みたいから、休肝日を設けるのだ。中途半端に飲んだって仕方がないのだ」って威張っていたではないですか。

そのとおり・・・ですので飲んで酔っぱらった時には、あまりレスや携帯メールをしないほうが良いという・・・自分に対する戒めです。
でも語れば語るほど「ツボ」にはまるなぁ~・・・これで終わりにしておこう(^^;;
Commented by apakaba at 2005-10-07 22:36
ogawaさんしつこいけれどもそれは「ドツボ」にはまるというんじゃあないんですか(ツースリー)
Commented by ogawa at 2005-10-07 22:58 x
>ogawaさんしつこいけれどもそれは「ドツボ」にはまるというんじゃあないんですか(ツースリー)

だから飲みながら書くとこうなるんだ・・・(ストライク! バッターアウト)
Commented by apakaba at 2005-10-07 23:04
ogawaさんこれは「ドツボ」というより「ぼけつ」ですねえ


<< 新生児を見に行って考えたこと      R35指定のコメント欄 >>